見出し画像

サイゾー9月号『戦争と平和』本日8月19日(月)発売。

「平和でないとエンタメは成立しない」という言葉を残し、先頃逝去したジャニー喜多川氏。映画というエンタメでスピルバーグが描いてきた戦争。一方で、広義での戦争ビジネスに目を光らせるトランプ政権。そして映画監督をはじめ、識者たちが選出する「今だからこそ見ておくべき戦争ドキュメンタリー」など、サイゾーが真面目に考察する「戦争と平和」総力50ページの大特集。

noteでも特集など一部の記事を順次公開していきます(一部記事は無料で配信)。月540円でバックナンバーなど、ほぼすべての記事が読める「サイゾーpremium」はこちらからどうぞ。

平和を願い続けた【ジャニー喜多川】の戦後史
【スピルバーグ映画】が訴える戦争
アメリカの【アトミック・カルチャー】
【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
【PTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
戦争を金に!【トランプ】の魂胆
ドラッグ、殺人…【米ラッパー】の司法戦争
アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
【激戦地区】の異文化と気候の地政学
【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
国防としての【サイバーセキュリティ】
【サイバー戦争】を描いた“リアル”なSF小説

【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE
□【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
□【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
□【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー
□【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める!?
□【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
□【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

バックナンバー
2019年8月号 中韓エンタメ(禁)大全
2019年7月号 ヤバい本150冊
2019年6月号 令和時代の(新)タブー
2019年5月号 情弱ビジネスのカラクリ
2019年4月号 禁じられたSEX論
2019年3月号 欲望の美人学
2019年2月号 日本のタブー
2019年1月号 禁断のマンガ大全
2018年12月号 禁断の映画と動画
2018年11月号 禁断の家電・ガジェット
2018年10月号 最強のグラビア
2018年9月号 日本のタブー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。