エモすぎる般若vs焚巻、サ上とロ吉の熱い友情…etc.『フリースタイルダンジョン』オタク的ベストバウト8選

エモすぎる般若vs焚巻、サ上とロ吉の熱い友情…etc.『フリースタイルダンジョン』オタク的ベストバウト8選

サイゾー

――オタクも腐女子もヘッズも、アガるポイントはたぶん一緒だ!!!

■とにかくエモい!番組人気に火をつけた、8年ぶりの王者の帰還

【1】般若×焚巻 放送第9回(15年11月25日放送)

放送開始以来、初めてラスボス・般若が引きずり出された。若き挑戦者・焚巻に対し、般若は「証言」(Lamp Eye)や「Street Dreams」(Zeebra)といったクラシックに乗せて「俺はヒップホップに永久就職」「俺がONLY ONE ヒップホップドリーム」とアツいワードで応戦し、見事勝利。終了後、「Zeebraは途中から泣いてた」とUZIが指摘し、目尻を拭うZeebraの姿が映された。

■腐女子のハートわしづかみ!ロン毛VS眼鏡の実力者対決

【2】R-指定×DOTAMA 放送第18回(16年2月3日放送)

DOTAMAはUMB2013、14と2年連続で決勝でR-指定に敗れた因縁があり、好敵手対決が実現。「てか4年前は僕に泣きみてたんだよね 君もれっきと」(DOTAMA)、「4年前に負けたけどそっから3回勝ってる お前に偉そうなこと言わせへんぞ」(R-指定)と、2人の歴史をがっちり乗せたバトルは3ラウンドまでもつれ込み、最後はR-指定がクリティカル勝利を収めた。

この続きをみるには

この続き: 1,435文字 / 画像6枚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サイゾー
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)