名作に潜むキケンな人種描写! 人種差別的“かもしれない”ディズニー映画6選

――名作とされるディズニー映画でも、人種差別を助長すると批判されることがあった。どんなシーンが“アウト”なのか?

■南部黒人訛りのカラス
『ダンボ』

公開:1941年/発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン

サーカス団に生まれたゾウの子ども・ダンボ。その大きな耳ゆえに、サーカスの芸人たちや仲間のゾウなどから笑い者にされるが、友情や愛情に支えられながら、大空へと羽ばたいていく─。そんな映画の公開当時、人種隔離政策のジム・クロウ法がまだ残っており、劇中に登場する5羽のカラスのリーダーはジム・クロウという名であった。その声優を務めたのは白人俳優だったが、カラスたちはみな南部黒人特有の訛りでダンボをいじめたのである。

この続きをみるには

この続き:1,427文字/画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

名作に潜むキケンな人種描写! 人種差別的“かもしれない”ディズニー映画6選

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。