NIGOは小銭稼ぎ、藤原ヒロシは不動産収入で安泰? 消えた裏原系有名人の今!

前記事「エイプ、アンダーカバー、ネイバーフッド……NIGOと藤原ヒロシは没落? “裏原系”人脈のその後と現在」で触れた通り、今も暗躍を続ける裏原系人脈の面々。その今を追う!

■エイプ売却後はパラサイト業へ

NIGO

エイプが売れに売れていた当時は歯にダイヤを埋め、青山に地下1階地上3階の“裏原御殿”を建て、六本木ヒルズ最上階に倉庫を構え、エイプ柄の迷彩に塗装されたロールスロイスを所有。「買いたくても買えなかったものはない」と豪語していたが、エイプを取り上げられてからはコラボ企業にパラサイトし、地味に小遣い稼ぎする方向へ。

アンダーカバー立ち上げ仲間を見捨てる

高橋盾

NIGOや藤原ヒロシと並ぶ、裏原系ブームの立役者の一人。「ジョニオ」の由来はセックス・ピストルズのジョニー・ロットンに顔が似ているからだそう。昔から芸能人やミュージシャンとつるむのが大好きで、文化服装学院在学中に一緒にアンダーカバーを立ち上げた一之瀬弘法が消息不明なのもどこ吹く風、今年もフジロックで大はしゃぎ。

■不動産収入で老後も安泰

藤原ヒロシ

NIGOと高橋盾にノーウェアを出店させた裏原系ブームの仕掛人。自分の名前を隠して紹介していたグッドイナフも爆発的な人気を博し、どうってことないデザインのスタジャンがブランド古着屋で50万円で取引された。しかし、本人はブームに踊らされることなく渋谷区神宮前周辺の不動産を手堅く押さえ、家賃収入で老後も安泰のようだ。

この続きをみるには

この続き:1,367文字/画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

NIGOは小銭稼ぎ、藤原ヒロシは不動産収入で安泰? 消えた裏原系有名人の今!

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。