【最高にエロいアイドル衣装・Part3 LEG】どこまで尻でどこまで脚!? 下半身の曖昧なる魅力

(写真/キムラタカヒロ)

 美脚を代表するアイドルといえば、森高千里をおいてほかにない。「ザ・ストレス」(1989年)のジャケット写真でミニスカのウェイトレス姿を披露し、続く「17才」では美脚を強烈にアピールした衣装で、その地位を確固たるものとした。

「森高さんの衣装のようなパニエでボリュームを持たせたミニスカートは、ザ・アイドル的なイメージで使われることが多いですよね。脚だけを目立たせたいときは、あえてトップスは着込んで上半身を隠すケースも多い」(スタイリスト)

この続きをみるには

この続き: 1,023文字 / 画像4枚

【最高にエロいアイドル衣装・Part3 LEG】どこまで尻でどこまで脚!? 下半身の曖昧なる魅力

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)