クラブと風営法をめぐる問題――午前1時に営業終了!? WORLD摘発以後の京都クラブ事情

――2011年、京都で人気のクラブ・WORLDが摘発され、その店長も逮捕された。そのような事態になった経緯と、摘発以後の京都のクラブ事情を整理してみたい。

METROのエントランス(上)と、11年に摘発されたWORLDのフロア(下)。

 2012年4月2日、大阪梅田の老舗クラブNOONが「無許可で客にダンスをさせた」として摘発。これを受け、NOONを救済するための音楽イベント「SAVE THE NOON」などを通じて多くのミュージシャンが支援を表明し、注目を浴びた。そして去る6月7日、風営法違反罪に問われたNOONの元店長の無罪が確定したことも、やはり反響を呼んだ。

 2010年代に入って、クラブと風営法をめぐる問題が取り沙汰されているが、11年12月2日、京都のクラブ・シーンを揺るがす事件もあった。それが、WORLDの摘発と、店長・中本幸一氏の逮捕。『踊ってはいけない国、日本』(河出書房新社)の編著者・磯部涼氏は、こう話す。

「07年から、WORLDは大阪にあるホテルのラウンジを借り切って『WORLDOUT』という年越しイベントを毎年開催していたんです。10年も例年通り行う予定だったのですが、同時期に大阪アメリカ村でクラブの一斉摘発が始まっており、大阪府警からイベント開催に待ったがかかった。それが11年12月の本店摘発と関係があるのかどうかはわかりません。しかし、大阪発の摘発が過剰化していった流れに、WORLDも飲み込まれたとは言えるでしょう」

 大阪の摘発が京都に飛び火した形だが、アメ村ほど荒れてはいなかった京都で摘発があったことは、クラブ関係者にとって大きなショックだったという。また、クラブと風営法の間で争点になってきたのはNOONの例のように“ダンス”だったが、WORLDの摘発理由は違った。

「WORLDでは、大きなパーティの際に仮設のバーカウンターを出していたのですが、それが風営法第9条の『公安委員会の承認なく改装や設備の変更をしてはいけない』という規定に抵触すると判断されました」

 重箱の隅をつつくような摘発だが、これにより京都のクラブは完全自粛モードに入り、それまで脱法的に深夜営業をしていたハコも、ほとんどが午前1時で営業を終了。とはいえ、アクションがなかったわけではない。

「12年5月に『Let’s DANCE』という、風営法の規制対象から“ダンス”を削除することを主な目的とした、関西発の風営法改正運動のプレ・立ち上げイベントがWORLDで行われました。そこでは、チャラバコのホストみたいな店員から音楽重視のハコのこわもてスタッフまで、さまざまなクラブの関係者が集まって現行法に異を唱えていたんです。結局、改正運動ですべてのクラブがひとつになるのは難しかったんですけど、あの瞬間だけは妙な一体感がありましたね」

 ともあれ、クラブ営業の規制を緩和する改正風営法が15年6月17日に可決され、去る6月23日に施行。店内の明るさを一定以上にすれば24時間営業が可能になり、“ダンス規制”もついに外された。

 ただし、改正風営法では立地規制が厳しくなっている点には注意が必要だろう。京都でいえば、木屋町と祇園でしか合法的にクラブを営業できなくなるため、磯部氏も「この2つのエリアとそれ以外のエリアで京都のクラブ・シーンが分断されてしまうのではないか」と危惧する。今回の改正に多くの人が快哉を叫んだが、課題はまだ残されているようだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。