風水でつくられた街ほど事故物件だらけ!? 「大島てる」に無茶ぶり!風水と事故物件の関係――建築業界で風水が“タブー”視されたワケ【2】

――日本の歴史上、風水に基づいた都市設計が積極的に行われていた時期がある。しかし、当時の建築物の多くは“事故物件”化した。その因果関係はいかに?

 本文でも述べたとおり、日本では、平城京、平安京から、豊臣秀吉、徳川家康にいたるまで、風水を使って街づくりをしてきたと言われている。しかし、平城京は100年足らずで遷都。平安京も末期には戦が相次いだ。長い目で見れば、織田信長は本能寺で焼き殺されたし、幕末には新選組が暴れまくって、芹沢鴨などを殺した八木家や、尊王攘夷派志士を襲撃した池田屋など、歴史的な“事故物件”を多数生んでいる。

この続きをみるには

この続き: 1,003文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

風水でつくられた街ほど事故物件だらけ!? 「大島てる」に無茶ぶり!風水と事故物件の関係――建築業界で風水が“タブー”視されたワケ【2】

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

金と欲の建築業界【2015年10月号第1特集】
金と欲の建築業界【2015年10月号第1特集】
  • 15本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。