奇人に見える人こそ、実は戦略家? 女性問題、惨殺事件、女性恐怖症……世界的建築家の知られざる醜聞――建築界の奇人変人列伝【1】

――丹下健三やル・コルビュジエといった世界的な建築家にも、実は黒歴史的な出来事や、イメージとは異なるスキャンダルがあったりする。あるいは、黒川紀章のように人柄や経歴を含めて有名な人の場合は、よくよく調べると、そのイメージが戦略により作られたものであることもあるという……。

■フランク・ ロイド・ライト
(1867~1959年/アメリカ出身)
主な作品/カウフマン邸(落水荘)、グッゲンハイム美術館、アリゾナ州立大学記念劇場(いずれもアメリカ)、自由学園明日館(東京)など。

■ル・コルビュジエ
(1887~1965年/スイス出身)
主な作品/ロンシャンの礼拝堂、パリ救世軍本部(いずれもフランス)、国際連合本部ビル(アメリカ)など。

この続きをみるには

この続き: 5,527文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

奇人に見える人こそ、実は戦略家? 女性問題、惨殺事件、女性恐怖症……世界的建築家の知られざる醜聞――建築界の奇人変人列伝【1】

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

金と欲の建築業界【2015年10月号第1特集】
金と欲の建築業界【2015年10月号第1特集】
  • 15本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。