【Gカップ忍野さら】トップグラドルの肉迫撮! カメラレンズの前でスキャンダラスに悩殺

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――写真特集のグラビアを飾るは、まだグラビアアイドルとしてデビューしてから2年足らずなものの、押しも押されもせぬトップグラドルとして活躍する忍野さらちゃん。「自撮り」から「暗室」「プリクラ風」「スクープ」など、特集にふさわしいシチュエーションに挑戦!

(写真/ティム・ギャロ)

 昨年の本誌で表紙を飾ってくれた忍野さらちゃんが再登場。今回は特集にからめて、“写真”にまつわる、あらゆるシチュエーションでのグラビアに挑戦してもらいました。

「私、普通のグラビア撮影よりも、以前のサイゾーさんのグラビアでもやらせていただいたような、アート寄りの撮影のほうが得意というか……自分を解放できる感じもあって、すごくテンションが上がるんです。好き放題やっちゃったような気がするんですけど……大丈夫でしたか?(笑)」

 カメラのシャッター音に合わせて、即座にキメ顔と笑顔のスイッチングは、撮影班も驚愕でしたよ。ちなみにさらちゃん、写真と聞いて真っ先に連想する言葉は?

この続きをみるには

この続き: 1,442文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【Gカップ忍野さら】トップグラドルの肉迫撮! カメラレンズの前でスキャンダラスに悩殺

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)