ジャネットのポロリは、もう二度と拝めないの!? キリスト様はセックスがお好き? 文化繚乱“宗教と音楽”

――アメリカの音楽を語る上で、宗教との密接な関係性を除外するわけにはいかない。本稿ではイスラム教をはじめ、ユダヤ教/キリスト教/仏教徒の音楽的特徴や文化的差異を、主にヒップホップを軸に据えて紐解いてみたい。するとそこには、意外な相利共生の事実が……!?

(絵/我喜屋位瑳務)

「メイク・ミー・セイ、ナンミョーホーレンゲーキョー」――「え、今、なんてラップした?」と思って、慌てて聴き直してしまった人も少なくないだろう。目下、話題沸騰中で、今号が発売する頃にはリリースされているであろうカニエ・ウエストの最新アルバムに収録予定のシングル「No More Parties in L.A.」で、確かにそう歌われて(唱えられて)いる。しかし声の主は、当のカニエではなく、フィーチャリングで参加し、今年のグラミー賞で最多ノミネートされていることでも注目を集めるケンドリック・ラマーだ。〈南無妙法蓮華経〉という言葉は、日蓮宗の勤行で唱えられる文句だが、意外にもアメリカでは、ラップに限らず、幾多のアーティストの歌詞に組み込まれてきた。ただし、このケンドリックの場合、文脈的にいえば、勤行ではなく「意識を一点に集中させたい」という意味合いのもと、使用していると受け止められる。

 アメリカの人気テレビ番組『ピンプ・マイ・ライド~車改造大作戦!~』のホスト役として知られるラッパー、イグジビットも、シングル「Concentrate」(06年)のサビで「南無妙法蓮華経」と何度も繰り返し、タイトルの意味のごとく、「集中だ! 集中だ! 集中だ~!」と唱えているが、実際はギャルに気を取られて集中できないというオチがある(ちなみにイグジビットの宗教はエホバの証人だったが、現在は創価学会インタナショナルに所属しているといわれている)。海外の動画サイトでは、約1500万PVをたたき出しているものの、「Concentrate」はヒットチャートに並ぶことはなかった。つまり、これは「南無妙法蓮華経」の威力と、信者の閲覧によるものと推察することもできるのだ。

この続きをみるには

この続き: 4,865文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

ジャネットのポロリは、もう二度と拝めないの!? キリスト様はセックスがお好き? 文化繚乱“宗教と音楽”

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

この記事が入っているマガジン

中東・イスラム 新文化論【2016年3月号第1特集】
中東・イスラム 新文化論【2016年3月号第1特集】
  • 16本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。