「週刊少年ジャンプ」の売り上げが1/3に激減!――ニッポンのマンガ業界最新動向

ここ数年マンガアプリが雨後の筍のごとく増え続け、電子コミックスの売り上げも右肩上がりだ。実はインターネット上でのマンガを取り巻く状況は、かなり活性化してきているのではないか?そんな、紙だけではなく、インターネットという市場がやっと回りはじめた、ニッポンのマンガ業界の今を徹底分析!

■紙のマンガが過去最大の落ち込みへ
雑誌と単行本の年間売り上げ

2963億円

2016年のマンガ単行本の売り上げは1947億円、マンガ雑誌の売り上げは1016億円。06年に両方合わせて5000億円を割り込み、そこから5年後の11年には4000億円割れ。そして、ついに3000億円を割ってしまったのだ。また、「出版月報」2017年12月号によると17年の単行本の売り上げはここから12%減の見込みだという。
(「出版月報」2017年2月号/出版科学研究所)

■紙の赤字を補填できるか?
電子コミックスの年間売り上げ

1491億円

紙とは対照的に成長著しい電子コミックス(作品単体として配信されている電子コミック)。紙と電子のコミック市場は4454億円で、前年比よりも売り上げは増えたことになる。ちなみに、「出版月報」2017年7月号によれば、17年上半期の時点で電子コミックスは777億円を売り上げている。
(「出版月報」2017年2月号/出版科学研究所)

■50周年記念でも、売れない!
「週刊少年ジャンプ」発行部数

184万部

「ついに200万部割れ」――最盛期を迎えていた1994年には発行部数653万部を公称していた少年マンガの王者が、3分の1以下の部数に落ち込んでしまった。ちなみに、「週刊少年マガジン」は88万部、「週刊少年サンデー」は31万部と、どこも明るくない。
(日本雑誌協会/2017年7月~9月間発行部数)

この続きをみるには

この続き: 3,823文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

「週刊少年ジャンプ」の売り上げが1/3に激減!――ニッポンのマンガ業界最新動向

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)