ADHD? それともアスペルガー? 精神科医が読み解くFukaseの"病理"

――セカオワのキーマンであるFukaseの人となりを考えるとき避けて通れないのが、10代後半で経験したという精神病院への入院と、その際に下されたという「ADHD」という診断だ。過去のインタビュー等で度々語られてきたこうしたエピソードを我々はどう考えればいいのか? 発達障害にも詳しい現役の精神科医に分析してもらいながら、Fukaseの病理を丸裸にする!

セカオワを考える上で、決して避けて通ることができないのは、Fukase自身の生い立ち――とりわけ、10代後半で経験した精神疾患と精神病院への入院だろう。そこで本欄では、『発達障害と生きる どうしても「うまくいかない」人たち』(講談社)などの著作もあり、豊富な臨床経験を持つ昭和大学医学部精神医学教室教授の岩波明氏に、現役精神科医としての見解を語ってもらった。詳細は上の各論に任せるとして、そもそもFukaseが診断されたという「ADHD」(attention deficit hyperactivity disorder、「注意欠陥・多動性障害」)とは、どんな病気なのか?

この続きをみるには

この続き: 3,673文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

ADHD? それともアスペルガー? 精神科医が読み解くFukaseの"病理"

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

セカオワ厨二病的イタさの正体【2014年9月号第2特集】
セカオワ厨二病的イタさの正体【2014年9月号第2特集】
  • 5本
  • ¥300
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。