禁断の映画と動画【2018年12月号第1特集】

22
記事

【石丸元章×漢 a.k.a GAMI×菊地成孔×海猫沢めろん】“異能作家”たちが語る「文学、新宿、朗読」論

――『ヴァイナル文學選書』という掌編小説シリーズが話題だ。その第1弾「新宿歌舞伎町篇」に作品を寄せたのは、石丸元章、漢 a.k.a GAMI、海猫沢めろん、菊地成孔という“異能作家”たち。この4人が、エクストリームな“文学論”をぶち上げる!

(写真/渡部幸和)

 去る10月19日、異色の掌編小説シリーズ『ヴァイナル文學選書』(東京キララ社)の第1弾が刊行された。ビニール(=ヴァイナル)にパッケ

もっとみる

所属俳優のバーター出演は意外と少なめ?――芸能プロ所属の監督が急増中! “カネか理想か”双方の胸算用

――かつては独立独歩で無頼のイメージが強かった映画監督だが、実は近年、大手芸能事務所に所属する人が増えている。事務所へ所属すると、作品作りの自由度は減りそうなものだが、監督側にはどのようなメリットがあるのか? また、芸能事務所側の狙いとは?

スターダストのHPに掲載されている三木孝浩監督のプロフィール。

『アオハライド』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『坂道のアポロン』といったマンガや

もっとみる

「アラブの春」で変わる映画の世界――ニュースだけでは理解できない! “中東情勢の今”がわかる映画評

――これまで日本人にはあまりなじみのなかった中東映画だが、最近は質・量ともにレベルが高まり、専門メディアなどで紹介されることが多くなってきた。ここ数年話題になったシリアとパレスチナの作品を中心に、その魅力と混迷を極める中東諸国の現実を見ていこう。

『ラッカは静かに虐殺されている』より。(C)2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects

もっとみる

オトナでも意外に楽しめる!(カモ)――ジャニーズキラキラ映画ベスト3

――編集部が独断と偏見でジャニーズキラキラ映画ベスト3をチョイス。ドラマ評論家の成馬零一氏に見どころを評論してもらった。

■キラキラ映画バブルの走り
『僕等がいた』
(前篇12年3月、後篇4月公開)

監督:三木孝浩/配給:東宝、アスミック・エース/出演:生田斗真・吉高由里子/興収:前篇25.2億、後篇17.2億円

原作は『ベツコミ』(小学館)で連載された小畑友紀の同名作。大ヒットを記録した今

もっとみる

もうEXILEにも、スタダにも勝てない?――興行収入も内容も超サムイ!? ジャニーズ“キラキラ映画”敗戦史

――少女マンガやライト文芸を原作にした、ティーン向け映画が量産されて久しい。若手イケメン俳優が主演に並ぶこのジャンル、もちろんイケメンの代名詞的な存在であるジャニーズ事務所も善戦している……と思いきや、少々様相が異なっているよう。はてさて、どうしてジャニーズのティーン向け映画はスベってしまうのだろうか?

12月に公開予定のSexy Zone・中島健人主演『ニセコイ』。中島主演の前作『心が叫びたが

もっとみる

細田守、新海誠だけじゃない!――劇場用アニメに見る“ポストジブリ”争い

――増加するアニメ映画の中には、オタク向けではない一般層を狙った作品も散見される。こうした作品製作の裏には、やはり“ポスト宮崎駿”が求められている?

『若おかみは小学生!』は新海誠監督の激賞などもあり、一気に注目を集めた。(画像は公式サイトより)

 前記事「制作費も宣伝費も格安!?――深夜アニメ劇場版“儲け”のカラクリ」では、深夜アニメ発の劇場作品を中心に見てきたが、もちろん劇場用のアニメ作品

もっとみる

制作費も宣伝費も格安!?――深夜アニメ劇場版“儲け”のカラクリ

――『名探偵コナン ゼロの執行人』の爆発的ヒットが記憶に新しいアニメ映画界だが、近年、アニメ映画の本数は増加を続けており、邦画好調の牽引役として評価を得ている。数多公開されるアニメ映画の中でも、“深夜アニメの劇場版作品”が多く目につく。こうしたアニメ映画が急増した理由について、アニメ業界関係者の話をもとに探っていく。

今年、もっとも話題になったアニメ映画『名探偵コナン ゼロの執行人』。登場キャラ

もっとみる

Netflix麻薬王ドラマは“リアル”か?――残虐な麻薬戦争、フィクサー……『ナルコス』『エル・チャポ』の真実

――世界的に人気のNetflixオリジナル作品のひとつに、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルを描いた『ナルコス』がある。その後、メキシコの麻薬王エル・チャポに焦点を当てた『エル・チャポ』も配信。これらは“ドラマ”だが、どこまで“リアル”か? 文献や専門家の見解を基に検証してみよう。

『エル・チャポ』より。上からシナロア・カルテルを率いる麻薬王エル・チャポ(中央)、彼と裏で取引する官僚コンラド

もっとみる

劇中で流れないのに収録!?――サウンドトラック裏事情

――洋邦問わず、話題の映画やドラマには必ず“ワンセット”のイメージのあるサウンドトラック。しかし、中にはサントラが存在しなかったり、収録されていても本編で使用されていなかったり、挙げ句の果てには映画やドラマよりもサントラのほうが話題になったりする逆転現象まで。そんな気になるサントラ事情を、洋邦まとめて探ってみた。

新垣結衣と星野源主演の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(16年/TBS系)

もっとみる

識者が改めて太鼓判を押すネットフリックス・オリジナル!――チェックしておくべき名作動画

――ヒップホップのカルチャーに限らず、いち映画/ドラマとしても十二分に楽しめる作品を3人の識者がレビュー。

[小林's CHOICE]すんなり入り込める物語性
『UNSOLVED:未解決ファイルを開いて』

実在の犯罪事件に関する捜査の顛末を描く事件検証ドラマ・シリーズ「未解決ファイルを開いて」中の1シーズン分(全10話)として撮られた作品。そのため、主役の刑事たちもそうであるように、殺害された

もっとみる