見出し画像

運命の出会いで入手したモンスターウルシ・まさかの製材拒否!さて困ったウルシの製材・原木から染み出す驚異の樹液パワーは別格・師より教わるその対処法とは

今年も多くの原木を入手したが、最後の最後に出てきたのがウルシだった。岐阜県産ではなく長野県産ということもあり、入札を見送るつもりだった。過去にかぶれ、全身醜い水泡まみれとなり、二度と触るものかと誓った苦い経験があるので、その時点では記念に写真を撮っておくつもりだけだった。土場に並ぶ姿をみてその太さに驚き、興味津々なるも、体質によっては樹液の揮発成分にも反応すると知る今、少し離れて腰を引きながらの撮影となった。その写真たちが以下のもの。

画像1

ウルシというとウルシを採取する(漆掻き)樹木という認識があり、そのような木はある程度大きく成長すると採取量が減り、伐採されてしまうと聞いていた。このような径級42センチ(実際は50センチ近くある)が存在することが珍しいと思い、原木市場の方々に聞くが誰もが初めてだと口にした。

画像2

岐阜県産であれば、木材成分を研究する身としては放って置けないが、長野県産だからと自分に言い聞かせ、一方で胸を撫で下しつつ、でも研究用に少し分けてもらおうとその行き先だけは注視していた。しかし、結論から言うと、買い手はつかなかった。終了後、市場の担当者から電話をもらった。「誰もが怖がって結局、入札されませんでした。牧野さん、研究用にいかがですか?」。ここ数年、市場で誰も見向きもしない木材を研究目的に入札してきたので、彼らは学習していた。そして、「研究用にいかがですか?」という殺し文句まで。

運命の歯車が回り始めたのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,112文字 / 画像2枚

運命の出会いで入手したモンスターウルシ・まさかの製材拒否!さて困ったウルシの製材・原木から染み出す驚異の樹液パワーは別格・師より教わるその対処法とは

Yoshi-Yuki Makino 牧野泰之

110円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Yoshi-Yuki Makino 牧野泰之

飛騨高山の森林資源を有効に活用するための研究や活動をしています。いただいたサポートは活動費に使わせていただきます。

ありがとうございます!
1
木材微細放散成分研究家 / 樹木ツアープランナー / 木工家  木が自然に放つ成分活用を研究。九州大学と共同研究中。 【牧野木の総合学研究所】 https://makino-ww.com 【Twitter】https://twitter.com/YoshiyukiMakino