「人に頼ったり、助けてもらったりしても良いんだ」、悩みに向き合ったリクルーターが見出したチームの信頼と絆
見出し画像

「人に頼ったり、助けてもらったりしても良いんだ」、悩みに向き合ったリクルーターが見出したチームの信頼と絆

2018年の新卒としてみんなのマーケットに入社した2年目の日高さん。HRのリクルーターとして業務に取り組む中で、悩みや不安を抱えることもあったそうです。他にも、入社を決めることになった決め手や仕事で大切にしていることなど、詳しくお話を聞かせてもらいました。

ー新卒で入社する会社を選ぶにあたって、自分の中で定めた就職活動の軸はありましたか?

軸はあまりなかったような気がしますが、「好きなもの(こと)を仕事にしたい」とぼんやり考えていて、服が好きだったこともあり、主にアパレル系の会社を見ていました。自分の好きなブランドを出しているアパレル系の会社が続いて欲しい思いから、「自分がそこのメンバーとして働いて貢献したいなあ」と漠然とした考えがありました。ざっくりまとめると、「軸とは言えないけれども、自分が好きと感じる純粋な気持ちを尊重してはいた」みたいな感じです。

ー確固たる軸があったわけではなく、「自分の『好き』という気持ち」に基づいてアパレル系の会社を見ていたというお話でしたが、アパレル系ではないみんマを知ったきっかけについて教えてください。

率直に言うと、猫がきっかけでした。大学1年生のときに、猫好きな叔母が「猫のいる会社があるんだって!猫がいる会社は絶対に良い会社だよ!」と私に教えてくれました(笑)。それから月日は流れて就職活動の時期になり、アパレル系の会社を中心に見ていたのですが、ふとしたときに叔母が私にしてくれた話を思い出しました。そこで、猫のいる会社を探してみたら、みんなのマーケットに出会いました。

画像1

ー就職先を選ぶ上で、アパレル系の会社という他の選択肢もあったと思うのですが、みんなのマーケットに決めた理由はありますか?

正直なところ、ギリギリまで悩んでいたのですが、決め手になったことがあります。みんなのマーケットへ入社する前にインターンをさせてもらっていたのですが、そこで働いている人たちが、会社やサービスに対する自分なりの考えや思いを本音で語る人が多くいるのを近くで見て、実感することができました。社員一人ひとりが「自分の考えや思いを本音で語れる会社って当たり前じゃないのでは?」と思い、みんなのマーケットに入社を決めました。

ーご自身が行っている仕事の内容について教えてください。

主にHR領域の仕事を行っていて、業務内容としては、新卒・中途の区分なく採用に関わること全般です。具体的には、採用媒体の選定、応募者の書類選考・日程調整・面接、ダイレクトスカウンティングなどです。

ー採用に関する仕事ってたくさんあるんですね。これだけたくさんの仕事をしていて、不安や悩みを抱えたりしたことはありませんでしたか?

仕事をする中で細かなミスをしてしまうことが多々あり、「どうしてミスをしてしまったのだろう?」「どうすればミスをなくせるだろう?」と自分なりに考えるものの、何がベストな答えなのか、判断できなかったことがあります。物事がうまくいかなくて、「自分のやり方が悪い」と思い悩んでいたというか。採用担当は自分ひとりだったので、「膨大な量の業務でも処理しなきゃ!」と目の前の業務のことしか考えられていない状況もあって、他の人に助けをお願いしたり、相談したりすることができず、ひとりで仕事を抱えて込んでしまっていました。

ーもしも、不安や悩みなどの課題を乗り越えるために、過去の自分にアドバイスを送る機会があるなら、どんなアドバイスを送りますか?

「人に頼ったり、助けてもらったりしても良いんだよ」というアドバイスですかね。もちろん、「自分が出来ることをやった上で」という前提条件はありますよ。それでも、自分が課題から抜け出せない状況に陥っているのならば、「周りの人に相談した?」と自分に問いかけてみるのが良いと思います。ただ、自分もこのような発想に至るまで時間がかかったので、ある程度の経験も必要になるとは思います。経験を積む中で、「ここは自分でやり切る」「ここは他の人に相談する」という線引きを自分の中で持てば、次第に判断ができるようになるのかなと。

ー仕事をする上で自分が大切にしていることってありますか?

仕事をする上で大切にしていることは、業務と価値観の2つの軸であります。業務で大切にしていることは、事務的な仕事はルーチン化させて、漏れがなく効率的に行えるようにすることです。あとは、期限がない業務はすぐにやるような状況を意識的に作って、素早く処理するようにしています。また、部署にかかわりなく、様々な人の仕事の話を聞いたり、Slack(ビジネスチャットツールのこと)を見たりして、出来るだけ広い範囲の現場の声を把握するようにしています。価値観でいうと、社員だけではなく、面接で来てくれた候補者の方も含め、「幸せになってほしい」という気持ちを持っています。なぜかと言うと、「候補者の方とも、どこかでつながっている」と考えているからです。例えば、うちの会社でいうと、社員が幸せに働けると出店者さんもお客様も幸せになれる、そこからまた広がって...ということが、採用でも同じなんじゃないかなと思っているので。

画像2

ー現在のチームについて教えてください。

HRのチームは、森田さんと五十嵐くんと私の3人体制です。森田さんは前職からの人事労務のご経験も長く、とても頼れる存在です。2児のママで懐が深いということもあって、みんなのマーケットのお母さんという感じ。五十嵐くんは今年からHRのメンバーになりました。素直・丁寧・純粋。人のサポートが得意で責任感が強い。人事の仕事はよく変化するので「カオスな状況でも必死に食らいつくぞ」という気合が伝わってきます(笑)。チームワークを大切にしていて、困ったときにはみんなに相談しながら業務を進めます。「この業務はこの人」と業務を固定化させることはなく、お互いの状況を見て主体的に業務に取り組んだり、サポートに回ったりして、臨機応変に対処している良いチームだと思います。

ー当社で活躍できると思う人ってどんな人だと思いますか?

「自分で考えて行動できる人」、「自分たちの会社という気持ちを持っている人」の2つですね。「自分で考えて行動できる人」に関して、うちの会社では、先輩や上司から具体的な細かい指示をもらうことは少なく、自分で考えて行動することが基本になるからです。ただ、個人単位で仕事をすれば良いというわけではなく、チームでの成果が会社の利益につながっていることを意識できる人は活躍すると思います。先ほども述べましたが、そのために助け合うことも大切ですよね。「自分たちの会社という気持ちを持っている人」に関して、私たちがさらに成長するためには、やるべきことがまだまだたくさんあるので、そんな状況下で「この手で自分たちの会社を伸ばすぞ!」という気持ちのある人が良いなあと思います。

ー最後に、当社に興味を持った方に伝えたいメッセージをお願いします。

就職や転職をするのは大きな決断で不安だからこそ、「少しでも良い自分」で話をしたいという気持ちから自分を取り繕ってしまうこともあると思います。ただ、そうではなくて「いつもの正直な自分」で話をしてほしいなあと思います。正直に話をしてくれる人の方が、「一緒に働きたい」と私は思うので。ウソじゃないです。ちょっとでも興味があれば、ぜひ話を聞きに来てほしいです。

画像3

採用情報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
出張・訪問サービスに特化した国内最大級のインターネット商店街「くらしのマーケット」(https://curama.jp/) を運営しています。https://www.minma.jp/