見出し画像

「会社が好き」、迷いなくそう言えるコンサルタントがみんなから信頼されるリーダーになるまで

地元に住みながら、都会的な働き方がしたいという理想の働き方を叶えられたとお話してくれた桃子さん。チームを引っ張る存在として周りから信頼されている桃子さんですが、入社当初はそうではなかったと振り返っています。変わることができた理由について伺いました。

ーまずは担当されている業務内容について教えて下さい。
コンサルティング本部で、くらしのマーケットへの掲載を希望される事業者の審査業務を行っています。くらしのマーケットのサービスを利用するお客様に安心して使っていただけるよう、パートナーとして出店頂くのにふさわしい事業者であるかを全店舗審査し、判定をしています。

ーこれまでのキャリアについて教えてください。
福岡の大学を卒業後、新卒で地元の宮崎県にある地場企業に入社して、4年半ほど法人向けにコピー機販売の営業を行っていました。仕事内容自体はとても好きで、お客様もとてもいい人ばかりだったので、お客様のために頑張りたいという気持ちで続けていたのですが、会社の社風に合わないなと感じることが増え、転職を考えるようになりました。とある休日に自社オフィスの前を通りがかったのですが、会社を見てふと「ここで一生終わるのかな...」と考えていました。入社したときはたくさんの期待を込めてキラキラして見えていたはずのオフィスが、そうは見えなくなっていることに気づき、転職を決意しました。

ー次の転職先にみんマを選んだのはなぜですか?
地場企業の文化は古い風潮が残っている印象が強かったことと、かといって上京することには不安があったことから、本社が東京にあり、宮崎に支社がある会社で働きたいという軸で転職先を探していました。まさに理想の働き方ができると見つけたのがみんなのマーケット(以下みんマ)でした。求人票にフルフレックスや服装髪型自由という働き方が書かれていたのですが、宮崎ではなかなか馴染みのない働き方だったので、正直、入社するまで本当なのかなと思っていました(笑)。


ーどのようにしてみんマを見つけたのですか?
すごく珍しいケースだと思うのですが、転職期間中に「あなたに合いそうな会社があるよ」と姉に紹介してもらったのがみんマでした。求人内容を初めて見たときは、会社名も独特だったので「なんだこの会社は」と思いました(笑)。そのときは見ただけで終わったのですが、しばらくして、母からも「合いそうな会社があるよ」と紹介されたんです。
本当に2人ともたまたま教えてくれたみたいで、信頼している家族から推薦してもらえる会社ってことは相当合っているんだろうなと興味を持ち、コーポレートサイトや代表の浜野さんのインタビュー記事などを調べました。無駄な会議をしないというカルチャーや、成果を上げることと服装は関係ないなど背景に本質的な考え方がある制度を見て、まさに自分の考え方と合っているなと思いました。選考を受けると決意してからは、「私はここに入社する」と確信していました(笑)。

iOS の画像 (6)

ー奇跡的な出会いだったんですね。実際に入社してみてギャップはありましたか。
 ギャップはなかったと思います。HPに書いてあったとおり服装も髪型も自由だし、フレックスなので車での通勤時に混み合う時間帯を避けて出社することができて、とても働きやすくなりました。前職とのギャップという観点では、社長との距離がすごく近いことに驚きました。社長室があって、許可を得た人しか会う機会がないという距離感が当たり前だと思っていたので、同じフロアに社長がいて、仕事のことはもちろん、カジュアルに雑談したり、飲み会に行ったりコミュニケーションが取れるのはとても驚きました。

ー業務内容に関してはどうでしたか?
仕事の内容に関しては、いままで対面で相手の表情を見ながらコミュニケーションを取ることが基本だったので電話のみで人の心を動かすことに難しさを感じます。少しでも心を開いて話してもらえるような雰囲気作りをするために、電話中も笑顔で話すことをとても意識しています。

ー仕事内容もカルチャーも今までと違う環境で、困難を感じた経験はありましたか?
入社当初は自分の意見を言うことがとても苦手でした。
みんマではチームの目標やそれに対する施策を考えたり、自分たちで業務を進めて行かなければならないので、自分の意見を伝えることが求められます。
前職のときは、下っ端の私が会議中に意見を言うことはありませんでした。求められることもなく、年功序列が基本の会社だったのでそれが社会的にも当たり前なんだとも思っていました。

 みんマはこれまでとは真逆の環境なので、今の自分のままだとやっていけないなと頭では分かっていましたが、最初の頃はすごく葛藤がありました。「こういうことを言うと、こう思われるんじゃないか...嫌われてしまうんじゃないか...」という恐怖心があったんです。でもその考えは、チームメンバーがどういう人か何も理解していないのに、私の勝手な決めつけで、すごく失礼なことだなと気づきました。

それからはみんなのことをもっと知っていこうと思って、チームメンバーはもちろん、出張で宮崎支社に来た浜野さんや本部長の對馬さんとも積極的にランチや業務でコミュニケーションを取るようになりました。ただ、自分を取り繕って表面的な言葉で好かれようと思ったことはありませんでした。無理をしていたら絶対どこかでボロが出てきてしまうと思っていたので、ありのままの自分で接するように心がけました。それでも受け入れてくれる会社だったのでとても温かさを感じましたね。

さらに背中を押されるきっかけとして、チームの体制の変更もありました。リーダーポジションが不在になったので自分が変わらなきゃという気持ちは一層強くなりましたし、いままでどれだけメンバーに頼りきりだったのかということも自覚することができました。

ー自分と向き合い変化してきたことがリーダーとして信頼されている理由の一つなんですね。向き合っている中で悩みに打ち負かされそうになることはなかったのでしょうか。
正直、私はメンタルが弱いほうなので自分と向き合うのが怖いという気持ちもありました。まずはメンタルを安定させるために、自分が何に対してストレスを感じているのか分かるように日記をつけるようにしました。それで分かったことは、今まで嫌なことなどがあっても、寝れば忘れるタイプだと思いこんでいたんですが、実際にはいくつかある引き出しにしまい込んでいるだけで、そのスペースから溢れてしまったときにストレスが体調に出てきてしまうということでした。まだまだ完全にとは言えないですが、以前よりは安定するようになったと思います。

ももこさん 3

ー自分を変えていこうと思い続けられたのはなぜだと思いますか?
やっぱり会社が好きだからです。みんマのビジョンでもある「正直者が馬鹿を見ない世界をつくる」ために、大げさかもしれないですが、みんな死ぬ気で頑張っているんですよね。もちろんプライベートを蔑ろにするという意味ではなく。ビジョンの実現のためににみんな迷いなく仕事をしていて、単にお金が儲けられるからとか、「これでいっか」という妥協で意思決定をする場面を一度もみたことがありません。冷ややかな視線を送る人もいないですし、同じ目標を目指しながら仕事できている感覚がありますね。多分、いままで生きてきた中でこんなに熱中しているものがあるのは初めてなんじゃないかなと思います。まさに人生の青春です(笑)。

あと、普通じゃないメンバーがたくさんいるのも好きなところです。
住んでいるところもバラバラですし、バックグラウンドも様々なので、いろんな価値観の人がいて、そういう考え方があるんだなと気づかせてくれたり、意外な一面がみれたりするのですごく刺激になります。みんなと出会えた縁を大事にしたいし、この縁をくれた会社に恩返しがしたいという気持ちで仕事を続けられています。

ー最後に、一緒に働きたいと思う人を教えて下さい。
高いスキルとかではなく、思いやりがある人と働きたいなと思いますね。表面的な優しさではなく、言わなきゃいけないことをちゃんと伝えられる人がいいなと思います。あとは失敗を恐れずにチャレンジする姿勢がある人も歓迎します。転職も一つのチャレンジだと思いますが、私は転職するときにたくさん悩みました。この期間があったからこそ、自分と対話するという行動が形成されたのかなと思います。どんな判断になったとしても、悩んだ期間含めて自分のためになると思うので、なるべく後悔の少なくなるように、とことん考えきってそれでも転職したいと思うのであれば、チャレンジするべきだと思います。

ーありがとうございました!

採用情報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
出張・訪問サービスに特化した国内最大級のインターネット商店街「くらしのマーケット」を運営しています。https://www.minma.jp/