私たちは、リモートワーク中心の会社に生まれ変わりました
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

私たちは、リモートワーク中心の会社に生まれ変わりました

HRを担当している森田です。

この度、当社はリモートワーク中心の働き方に移行することにしました。
働き方の方針を見直した経緯について綴ってまいります。

どのように生まれ変わったか

ジョブ型とメンバーシップ型のコースを選択できるようになりました。
それぞれの働き方詳細は以下のとおりです。

スクリーンショット 2020-06-13 17.11.47

スクリーンショット 2020-06-13 17.11.55

在宅勤務を振り返り、見直したこと

当社は新型コロナウイルス感染拡大に伴い3月下旬より在宅勤務へ移行し、この期間でインターンの受入れをフルリモートで実施する等、全社的に新たな取り組みを行っています。
また、リモートワークになり「生産性が上がったように感じる」と答えた社員が半数を超えています。

これまで私たちは、気質・志向性に基づくメンバーを増やし、スキル・専門性に優れた人材を育て組織を大きく強くしていくことを目指す働き方をしていました。
くらしのマーケットをより成長させるためには、組織における意思決定や仕組みを理解することが必要となり、自分の仕事さえしてればいいわけでなく、組織に合わせて自分の考えや行動を変化させる必要があります。

オフィスでは、隣で仕事をしているメンバーの存在を感じながら気軽に相談ができたり、コーヒータイムやランチ等で仕事以外のコミュニケーションをとることができる環境や対話を通して、信頼関係が築き上げられていました。
これまでの信頼関係の貯金により、在宅勤務において生産性向上に繋がる場面はありますが、長期化するリモートワークにおいてはその貯金は消化をする一方であり、いつか尽きることが考えられます。

しかしながら、引き続きリモートワークで成果にコミットし続ける働き方もあり、些細なことに囚われず、自分らしく働きたいと思うのも1つの価値観であり、1つの働き方です。

今回の見直しにより、従来ベースとしていた、

・仕事で成果を出すこと(=ジョブ)
・組織志向であること(=メンバーシップ)

この2つを同時に追求する働き方に加えて、組織志向は求めず、成果を出すことのみを徹底するジョブ型の働き方を増やすことにしました。

これにより、透明性が高い多様な働き方を実現できると考えています。

これからのみんマ

現在は新型コロナウイルス感染拡大に鑑み、全社的に在宅勤務を継続しておりますが、今後は多様な働き方を通してさらに組織を成長させ、引き続き「正直者が馬鹿を見ない世界をつくる」ことに邁進してまいります。

採用情報

出張・訪問サービスに特化した国内最大級のインターネット商店街「くらしのマーケット」(https://curama.jp/) を運営しています。https://www.minma.jp/