見出し画像

「くらしのマーケットに関わる人により良い体験を」入社と同時にフルリモートワークの新卒エンジニアが振り返る1年間とこれから

2020年4月に新卒エンジニアとして入社した片山くん。入社式当日から現在に至るまでフルリモートワークをしています。就活生時代の会社選びについてや、入社から現在にかけてどのような思いで働いているかについてお話を聞きました。

―入社してまもなく1年が経とうとしていますね。片山くんはどんな業務を行っているのですか?

テクノロジー本部でエンジニアとして働いています。主にバックエンドがメインで、くらしのマーケットの機能の追加や改修などの開発を行っています。学生時代は電子・情報系を専攻し、プログラミング漬けの毎日を送っていました。

―片山くんは沖縄のご出身ですが、もともと就職先は東京を希望していたのですか?また、規模感のイメージはありましたか?

地域には特にこだわっていたわけではないのですが、自社サービスを開発・運営している会社に興味がありました。その軸で見ると、面白そうなサービスを運営している会社の大半は東京にあったので、自然と選択肢が絞られました。大企業よりは100人前後の規模感の会社がいいなあという漠然としたイメージはありましたね。

―「自社開発」と「100人前後」、それぞれ魅力を感じたのはなぜですか?

100人前後の規模の会社を選んだ理由は、とにかく早く実務に入ってプログラミングをしたかったからです。さらに自社開発の会社であれば、最初から最後まで責任を持って開発に携わることができるのも魅力でした。プロダクトの提供者として、自分が実装した機能のフィードバックを見ることができたり、要件定義の段階から意見を反映できたり。ただ手を動かすだけではなく、ビジネス的な観点を持ってプログラミングができる環境で働きたいと考えていました。

―そんな中でみんマに入社を決めたのはなぜでしょうか?

先ほどお話した魅力が揃ってることや会社のビジョンに共感したこともありますが、特に決め手となったのは「働く人のためのプロダクト」の開発に携わりたかったからです。くらしのマーケットは、サービスのプロと人をつなぐマーケットプレイスです。より良いプロダクトにしていくことで、プロのサービスに感動する人が増え、本気で働いている事業者が評価されるようになります。人々の生活や働き方など社会の一部分に影響を与えるような、そんな仕組みを作ることができたら楽しそうだなと考えていました。

―素敵な思いですね。満を持しての入社でしたが、2020年4月の入社式から今まで、ずっとリモートワークですよね。リモートでの研修や業務は実際のところどうでしたか?

入社式も、その後の新卒メンバー全体の3日間の入社研修もリモートでした。全体の研修が終わった後の最初の1ヶ月くらいは、テクノロジー本部の研修がありました。新卒メンバーのZoomに、CTOと先輩エンジニアが入るかたちで一日中zoomを繋いで開発をしていました。わからないことをすぐに質問できる環境があったのはすごく安心できましたね。その後研修が終わって実務に入ってからも約半年くらいは同期とzoomを繋ぎながら開発をしていたので、寂しく感じることや不安はほとんどありませんでした。
入社して間もない頃は顔が見えないSlackでのコミュニケーションに苦手意識がありましたが、今ではコツを掴んだのでだいぶ慣れてきました。テキストのコミュニケーションでは、無駄なラリーが少ない、わかりやすい文章を心がけています。単純な質問などはチャットでやり取りしますが、背景や条件が複雑な内容の場合はzoom等を使って顔を見て話すなど、シーンによって使い分けをしています。

画像2

片山くんが最近ハマっているのは豆からコーヒーを淹れること(写真はお手製カフェモカ)

―仕事は楽しいですか?入社時と比べて、成長したなと感じるポイントはありますか?

日々の業務でとにかくたくさんプログラミングができているので、すごく楽しいです。プログラミング自体は学生時代から勉強していましたが、入社して初めて触る技術もたくさんあるので新鮮です。入社時から比べて成長したなと思う点は、そうですね...。自分としてもまだまだ未熟だと思っているので難しいですが、強いて言うなら「設計の考え方」がだんだん身についてきているように感じます。

―「設計の考え方」とはなんでしょう?

ある機能の追加を考える時に、影響範囲を抑えてシンプルに実装する為にはどうすればいいかを考えたり、逆にこうしちゃいけないというパターンを意識するようになってきました。開発に入る前に、他のエンジニアのメンバーに設計を相談してコメントをもらうこともあります。実装の段階でも、すでにあるコードを読んだり、もっと上手い書き方をレビューで教えてもらって初めて「こういう書き方もあるのか」と知ることも多いです。新しい技術は技術書などでコツコツ学びながら、設計の考え方は日々の業務で吸収するよう意識しています。

―なるほど。いまは具体的にどんな開発に携わっているんですか?

出店者が使うシステムでの機能の開発や改善を行っています。僕が携わっているのは「くらしのマーケット」として外側に見える部分ではない、ある種地味な部分の機能の開発ですが、外から見えるか見えないかは全く気にしていません。自分が実装した機能を出店者が使い、その結果がくらしのマーケットに反映されることでお客様がより良い体験をすることに繋がります。外からは見えなくても、出店者やお客様への影響力が大きい業務なので、モチベーションにも繋がりますね。

画像3

―みんマの働き方を表すとき、「自由」というワードがよく使われます。片山くんにとって、自由とは何ですか?

まず自由=権利だと思っています。みんマでは入社時期や年次に関わらず誰にでも裁量が与えられます。入社してすぐに開発に関する提案や設計・実装方法を任せてもらえたり、筋が通っていれば採用されます。却下されたとしても、その理由を論理的に指摘してもらえるので納得しますし、とても勉強になります。その代わり権利と責任はセットになっていて、権利が多い分、責任も多くなります。早い段階から開発を任せてもらえますが、自分が開発したもので障害が起きた場合は自分の責任として誠実な対応を求められます。

実際に僕も障害を起こしてしまったことがありました。プログラムの変更を一番理解しているのは当然、開発者である自分なので、原因の特定やできるだけ早く解消するために動きます。もしやっていることを理解せずに開発していると、復旧までに時間がかかったり、対応を間違えることになるので適当ではいけません。復旧後は再発させないためにどうしたらよいかを考えたり、チームのメンバーが関係部署へ状況を共有している様子を見て「ここまで考える必要があるのか」と知るなど、新しく学ぶことも多いですね。責任は大きいですが、1年目からここまで様々な業務にチャレンジできるのはすごくやりがいを感じます。

―確かに、みんマでの働き方を考える上ですごく重要なポイントだと思います。スタートアップならではの変化やスピード感についてはどう感じていますか?

まだ組織としても拡大フェーズなので、この1年で働き方や評価制度の変化などもありました。これまで馴染みがあったやり方から新しいものに変わるときには多少戸惑うこともありますが、”ライフスタイルに合わせて選択できる働き方”や、”成果を出している人をよりきちんと評価するための制度”など、どれも「会社をもっと良くしていこう」という意味の良い変化として考えています。

―今後、みんマでこうなりたいというイメージはありますか?

まずはスキル的にもまだまだ基礎が足りていないので、業務以外でも自己学習を続けながら土台を固めたいです。そして、いま先輩エンジニアが行っているような技術選定にも関われるようになるのが大きな目標です。それ以外でいうと、仕事をする上でのコミュニケーションスキルや”報連相”、タスクの優先順位の付け方などもまだまだ未熟なので身につけていきたいです。

―新卒でこの会社を選ぶ人へのアドバイスがあればお願いします。

まずくらしのマーケットを見て「これをやりたい」「こうしたほうがいいんじゃないか」を考えられる人・考えることが好きな人は楽しめると思います。逆に、受け身の人にはかなりつらいかもしれないですね。プログラミングが好きで、自分でしっかりと勉強ができる人にとっては、どんどんキャッチアップできる良い環境です。

―ありがとうございました!

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
14
出張・訪問サービスに特化した国内最大級のインターネット商店街「くらしのマーケット」を運営しています。https://www.minma.jp/