散策して~話して~♫

99

I am a house. In me, it's dark.
私は建物です。そして中は真っ暗。

My consciousness is a solitary light.
唯一の明かりは私の意識です。

小さな町で、ある記者がもうすぐ引っ越しする。

この記者を気にするただ一人は、デリヘルで知り合った女子だ......

聴衆を聞き、踊るんだ。
そして、徐々にリードを取れ。

徐々になどと言ってられない。
間違いことを止めるのは、今すぐやめるべきだ。

人々にとって、時間と時間の間が常にAからBまでの「直」のものではない。

そうじゃないと、人の一生で知り合い相手には、自分の両親だけしかいない。

彼は僕の不様な恰好を見て、厳しい表情を少し柔らかくなった。

人間の肉体は精神に比べてすごく弱いものだと思う

そられの卑陋な本能は、いつも君が気付かないときに精神を裏切って、君を穢させる

日々病気にかかっていることを恐れているより、
 そのままに普通で続きを生きているほうが良いだろうと思います

いらだちを感じます。

あまりに多くの人が何もせずに、このシステムをただ批判します。

かといってこのシステムが革新的なことを試みるとすぐに潰されます。

通常どおりの業務より新しい取り組みを人々は恐れるからです。

お役所の人は、保身に走り、権力を守ろうとするものです。

私たちのような下の者が、問題提起をするとどうなるか?

私たちを問題と見なし、彼らの「仕事」をします。

美や幸福は人々を支配する“独裁者”だと思う。現代社会において、若くなくてはいけない、美しくなくてはいけない、幸せでなければいけないという脅迫観念に人々は駆られている。( エドゥアルド・カサノバ )

https://www.cinematoday.jp/news/N0091325