yoshie*美江

1968年4月生まれ。奈良出身。 結婚後、神戸→東京→イギリス→埼玉→アメリカ、と流れ流れて2010年5月より神戸在住。 コレといった特技もないんですが、海外生活の思い出話を中心に書いていこうとnote始めました。 趣味は読書とピアノ。不得手とするものは夜更かしと整理整頓。

yoshie*美江

1968年4月生まれ。奈良出身。 結婚後、神戸→東京→イギリス→埼玉→アメリカ、と流れ流れて2010年5月より神戸在住。 コレといった特技もないんですが、海外生活の思い出話を中心に書いていこうとnote始めました。 趣味は読書とピアノ。不得手とするものは夜更かしと整理整頓。

    最近の記事

    • 固定された記事

    【エッセイ】 父と桜と平城宮跡

    今年と去年はお花見ができなかったが、その前の春休みは息子を連れて奈良の実家を訪れた。 実家から平城宮跡が近く、私が幼い頃からお花見と言えばここだった。 だだっ広い史跡ながら、我が家がお弁当を広げる場所はいつも決まっていて、目印がないのでなんとも説明しにくいが、立ち並ぶ桜の下を歩いていると父が「よし、ここにしよう」と言うその場所がいつも同じなのだ。 私は特に桜を美しいと感じる年齢でもなく、ただの春先のピクニックなので場所はどこでも良かった。 2019年のお花見は、両親と私、息

      • 日本語教育史を学んでいる最中に思い浮かんだ一冊

        今年の10月から「日本語教師養成講座」に通い始めた話を先日書きました。 54の手習い。 2〜3週に一度訪れる単元小テストに四苦八苦しながらも、興味をそそられる授業内容に引き込まれ勉強に励んでいます。 ここ2回の授業では「日本語教育史」を学びました。 1930年代、日本がアジアの国々を植民地化し、彼らの母語を日本語に置き換えようとした様子を教わったわけですが、講義を受けながら私の頭に浮かんだ一冊が今日のタイトル写真に使用したコレ↓です。 読了日記、見つからず 読書が趣味

        • 日本語教師養成講座で学び始めました

          きっかけ 文化の秋、学びの秋、ということで10月より「日本語教師養成講座」に申し込み、学習をスタートさせました。 なぜ、今(ごろ)始めたのか、ですが、その理由がコレです。 みなさんは、これらの違いを聞かれた時に、答えられますか? 私は答えられませんでした・・・。 インターナショナルスクールの高等部でadvanced Japanese classを取っている息子が、学校でもらって来たというこの本を、ちょっと読んでみるか、と軽い気持ちで読み始めたら、いきなり上記の記述が

          • 1915年生まれの祖父の話

            戦争の体験者、特に最前線で戦った経験がある人ほど体験談を語りたがらないものなのではないかと、私は父方母方両方の祖父を見て思いました。 今日は父方の祖父が、戦争時の体験があったからだと推測される「嫌いな食事」について書きます。 ご法度だった丼もの 子供の頃、月に一度ぐらいですが、ひと駅離れた場所に住んでいた祖父母を両親と訪ね、早めの晩ごはんを一緒に食べる習慣がありました。 たいてい、今でいう「デリバリーもの」が用意されており、祖父母が贔屓にしていた飲食店から配達をお願い

            【読書日記】 「東京奇譚集」 村上春樹 著

            ひと言でいうと「大人のおとぎ話」。 YouTubeはこちらです! ↑  北海道の風景を織り交ぜて作った動画です。ぜひ、ご覧ください。 短編小説でも感じたロス「〜ロス」とは上手い表現だと思いますが、長編小説を読了した時に私は「ロス」を感じます。 登場人物たちとは、物語が終わりに近づくにつれ別れがたく感じるし、読書中の数日間は彼らがあたかも私の近くに存在しているような気がするものです。 小説は、身の回りで起こりそうで、しかし現実的に起こるにはちょっとだけ無理があるような、

            円安が、日本のインターナショナルスクールに落とす影

            円安に甘んじてはいられない $1が130円を超えてどれぐらい経つでしょうか? 4月半ば頃からじわじわドルが強くなり始め、円が反発することもなく、130円台に入りしかもそのまま安定している昨今。 私は主にETFで投資しているので、この円安は本当に痛い! 岸田首相が経済不案内なのは首相に就任してすぐに国民が知ることとなりましたね。 しかも、岸田さんはどうも「お金は持っていない方が清々しい」みたいな感覚がある人に見えます。 こういう人が一国の長であるのはマズい、と思っていまし

            【読書日記】 「ままならないから私とあなた」 朝井リョウ 著

            とても読みやすい小説でした。 そして、ふたつの話がおさめられているのですが、終始、若い人に囲まれている居心地の悪さを感じました。 その理由は、読み終わってからわかりました。 YouTubeは初心に帰りました 今回は先にYouTubeを作りました。 そもそも、私のこの長い読書感想を読む時間がもったいない人のために、また、他にもっと大事な用事があるからこんなところで時間を割いていられないんだよ、という人のために、それでも私が読んだ本の感想を伝えたくて始めた「読書Vlog」

            【読書日記】 「冬の光」 篠田節子 著

            400ページちょいの大作! 感想をひと言で述べるなら、 他人(ひと)が好きな人間はこう生きるのか です。 ひとの一生やその人生の中身、人生を構成している体験や経験、思考、願望などに思いを馳せてしまう物語でした。 あらすじ イントロダクション 大学紛争が熱かった時代に自身もそれなりに学生運動に身を投じ、しかし、卒業が迫ると大企業に職を得て、人生の伴侶と共に家庭を築いていった富岡康宏。 ふたりの娘に恵まれ、充実した日々を送っていたと思い込んでいた父・康宏が四国遍路の帰

            【My London Days】 あの時の「お好み焼きレストラン」

            もう終了してしまいましたが、海外在住の日本人「妻」を取り上げた番組がありましたよね。 私の場合は夫の海外駐在に帯同してのイギリスやアメリカ暮らしだったので、現地の人と結婚して暮らしている日本人女性とは少し立場が違いましたが、海外の日常をみられる番組だったので好きでした。 ある時、ロンドンのお好み焼き店が取り上げられました。 「あべの」 このお店、今はなき「ヤオハンプラザ」の2階、エスカレーターを上がったすぐのところにあり、まだロンドンに引っ越したばかりの頃、行ったことが

            【読書日記】 「通天閣さん 僕とママの47年」 高山トモヒロ 著

            完全に貸したことを忘れていた本私には、夏に一度だけ会って本を貸す友達がいます。 近所に住んでいるママ友なので、会おうと思えばいつでも会えるのですが、彼女の仕事は夜勤もあるため、なんとなく初夏のある一日、いつものコーヒーショップで待ち合わせして、ゆっくりお茶を飲みながら一年分のおしゃべりをする習慣が出来上がっています。 その時に、去年私が貸した本10冊ほどを彼女が持って来て、また私が貸す、という年一回のルーティンです。 前回、この友人が私に「ありがとう」と言って返却して来た

            再生

            旅のひとコマ--鹿児島・指宿〜鹿児島中央駅へ列車の旅

            春休みに、九州旅行しました。神戸〜博多〜鹿児島。鹿児島では指宿まで足を伸ばし、そのままレンタカーで鹿児島空港へ戻る予定が、最終日は大雨との予報にビビり、指宿駅前でレンタカー返却。期せずして特急「たまて箱」に乗車できました!とってもレトロで国鉄な雰囲気を残した「たまて箱」号。ぜひご覧ください。

            【読書日記】 限界集落株式会社 黒野伸一 著

            私の祖父母の里が胸に去来した小説でした。 日本の山間部の村はどこも似た風景なのでしょうか? 進学や就職で村を出た若者が帰って来ない高齢化が進む村、農業を継ぐものがおらず廃村の危機に陥る、それが「限界集落」。 本書はそんな「止村(とどめむら)」が、そこにルーツを持つ元銀行員・多岐川優の手で株式会社に変わっていく様子を描いた作品です。 もちろん、今回もご用意しました、YouTube! お急ぎの方は、こちらをご視聴くださいませ↓ <ざっくりあらすじ>あらすじも何も、もう上に書

            【読書日記】 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2  ブレイディみかこ 著

            過日、この本を読み始めた記事を書きました。 もう2ヶ月も前だったのか・・・。 上記の記事は、『ぼくはイエローで・・・2』の第1章を読んだ時に脳裏によみがえって来た思い出を書いたものです。 先をお急ぎの方のために、またまた作ってあります、YouTube! 4分ぴったりの長さに出来上がっていますので、ぜひご視聴くださいませ。 本書は、どの章も濃くて勉強になるしお腹いっぱいになります。 私が特に感銘を受けた章について書きます。 第3章 ノンバイナリーって何のこと?ノンバ

            【読書日記】 「イニシエーション・ラブ」 乾くるみ 著

            なぜかこの本を「ミステリーだ」と思い込んで読み始め、いつ事件が起こるのか? 後に解明される伏線は?と前のめりに読み進めたものの、結局、何も起こらず、期待していたミステリーものではなかった、と読了してわかりました。 あ、お急ぎの方、内容をYouTubeにギュッとまとめましたんで、ぜひご視聴ください。 目次の曲タイトルにグッと来ますね!プロフィールによりますと著者の乾くるみさんは、私より少し年上。 この目次、ユニークですよね〜。 みなさんは全部ご存知ですか? 私は「ゆれる

            【アメリカ時代の思い出】ポリタンクのオヤジ

            2002年から2010年までの8年間を、夫の企業駐在に帯同してアメリカ・カリフォルニア州のSan Jose近郊で過ごしました。 ある日、友達と待ち合わせた日系ショッピングモールでの出来事です。 God bless you 無事、落ち合えて隣どうしに止めたお互いのクルマの側でおしゃべりをしていると、向こうの方からポリタンク片手にあまりきれいとは言えない身なりをしたオヤジが近づいて来ました。 私は目の端でその人が近づいて来るのを見つけ、私たちに話しかけてきたら嫌だなあ、と思

            読書日記 「ルビンの壺が割れた」 宿野かほる 著

            確かに読書好きがざわつく内容、結末です。 レビューが長過ぎで読んでる暇ないよ、っておっしゃる方、YouTubeで3分ほどのレビュー動画作りましたんで、そちらをぜひご視聴ください。 これです↓ 苦手だった体裁みなさんは「読んでみたいな〜」と思う本に出会ったら、どんなふうにしますか? 1.図書館で借りる。 2.amazonでオーダー。 3.本屋で買う。 だいたいこの3つのうちのどれかではないでしょうか。 私は願わくば「1」の方法を取りたいのですが、なかなかどんぴしゃで私が