トモ

お茶のセラピスト。夫と2人暮らし。 韓方茶と西洋薬茶の講師をしております。 お茶の講師だけど、コーヒーが大好き。 樹木やハーブをベランダで育てています。 残りの人生で何ができるだろう。

トモ

お茶のセラピスト。夫と2人暮らし。 韓方茶と西洋薬茶の講師をしております。 お茶の講師だけど、コーヒーが大好き。 樹木やハーブをベランダで育てています。 残りの人生で何ができるだろう。

マガジン

  • 今日もいい一日

    綴りをひとまとめ。

今日もいい一日

綴りをひとまとめ。

すべて見る
  • 3本

ノートのまとめ方

だいぶ前の事ですが、 「トモさんのノートのとり方、めちゃ好きです。」 と、10歳以上年下の後輩女子に言われたことがあります。 別段それで私は、仕事で大成功を修めたとか、 とても頭が良いという訳ではないのだけど、 上手にまとめられ、追記を繰り返せるノートの内容は あきらかに「自分の物」になっており、 内容も頭に入っているのは確かなのです。 かたや、まとめ始めても続かない、上手にまとめる事ができない、 というノートの内容の物は、内容そのものを全く理解できていないか、 きっと自

スキ
3

母のお洒落

「〇〇様、この度はご来店、またお買い上げいただき、誠にありがとうございます。」 突然、名指しでメールが送られてきた。 「お買い上げいただいたお品物のコーディネートやお手入れのご相談をはじめ、お気づきの点がございましたら、どうぞお気軽にお申し付けください。 〇〇店 スタッフ一同」 どうやら「私」はスカートを買ったらしい。 それも某百貨店の、30代から40代の女性が購入しそうなブランドショップで。 いや、身に覚えはないんだけど・・・。 可能性はただ一人、ひとり暮らしの8

スキ
3

守ってあげたい

原田マハさんの短編小説「独立記念日」 心を窮屈にしている何かにさよならをして、 「自由になる」=「独立していく」女性達の 24のストーリーが描かれていました。 主人公の時間軸の中で軽やかに登場していた脇役の女性が、 次のストーリーでは悩みを抱えた主人公として登場する。 時間の交差と、人の数だけのストーリーがある事を 改めて教えてくれる短編集。 一見幸せそうな人でも悩みを抱えて生きているんですよね。 自分はどうだったかな。 小さな独立を繰り返して、成長できてたのかな。

スキ
4