ドローン業界を牽引する唯一のCtoCプラットフォーム

画像3

ドローンとは遠隔操作や自動操縦によって飛行させる無人航空機のことで、今やドローンを活用した映像はテレビなどでも頻繁に見られるようになってきました。
しかし、ドローンは空撮だけではなく、産業用としても様々な場面で使われており、外壁調査・農薬散布・太陽光発電の点検・測量など、多くの分野で活用しています。
今回は、ドローン業界唯一のCtoCプラットフォームSORAeMONを立ち上げた、株式会社TonTonの今川 博貴さんに、ドローン業界の現状とCtoCビジネスについてお話をお聞きしました。

気軽にドローンの相談ができるサービスSORAeMON

____まず始めになぜドローンに着目したのでしょうか?

今川 :最初「空を飛ぶラジコンみたいなものがある」と聞いて興味を持ったことがきっかけでした。弊社はSORAeMONをリリースする前から、ドローンスクールを運営しており、ドローンスクールの中では日本でNo.1の受講生を誇っています。このドローンスクール事業の延長線上に今のSORAeMONがあります。

____“SORAeMON”を始めたのはスクール運営の中でなにか感じられたからでしょうか?

今川 :ドローンスクールを卒業したパイロットたちは「スキルはあるのに仕事がない」という問題を抱えていることがよくあります。さらに、ドローンビジネスは発展してきているものの、ドローンを使ったビジネスについて相談できる場所がなかなかなく、気軽にドローンパイロットへ相談できる環境を作ろうという思いからSORAeMONを始めました。

____数ある形態の中でなぜCtoCのビジネスモデルにしようと思ったのですか?

今川 :2016年頃、世間一般的でCtoCが騒がれ始めたときに、僕自身もUberなどを活用する中で便利さを感じました。そのとき「何かできないのかな?」と感じて、ドローンを使ったCtoCを思い付きました。プラスアルファ、ドローンパイロットのデータベースを保有することは、これからの僕たちの強みになるとも感じました。

画像3

「エンタメだけではない」社会のニーズにマッチしたドローンの活用

____ドローンスクールに加えてドローン事業も展開していますが、今のドローン業界についてどんな課題を感じていますか?

今川 :ドローンだけで収益を得て生計を立てている人は一握りしかいません。ドローンを事業として展開している企業の中にも、ビジネスとしては成立している企業は稀なので、そのことにも課題感を抱いています。

____そのような課題はなぜ生じているのでしょうか?

今川 :ドローンの市場をみんな見誤っているのではないかなと思います。ドローン事業を始めた人は、空からキレイな海や山を空撮した派手な部分に憧れを抱いている方が多い印象があります。ドローンがエンターテインメントの業界で活用されているイメージが強いのは間違いありません。
しかし、SORAeMONは空撮だけでなく、ドローンが活躍できる様々なシーンを幅広く訴求しながら社会のニーズに答えていく。社会に求められたものに応え続けていけば、生計を立てていける、と僕は信じています。

____SORAeMONを使ってドローンに関わる人が社会を良くしていくというイメージでしょうか?

今川 :そうです。社会のニーズにフォーカスすることがドローン事業を展開する意義だと思っています。
ドローンが社会課題を解決するために有効なツールであることが認知され、ドローンを使って社会を良くしていく。SORAeMONに登録しているパイロットたちが日本の社会問題を解決できるようにしていきたいと思っています。

画像3

CtoCビジネスを始めて感じた「なにをやるか」の重要性

____実際に弊社とCtoCビジネスを始めてみて感じられたことなどありますか?

今川 :C2C社さんとお仕事を始めてみて「なにをやるか」は本当に重要だと感じました。

____ドローン業界では「なにをやる」べきでしょうか?

今川 :ある程度市場が成熟している業界であれば、CtoCサービスにリプレイスをしてさらに伸ばすこともできそうですが、逆に、ニッチな市場でビジネスとして勝負するのもありだと感じました。ドローン市場はまだまだ成熟していませんが、今は先手必勝で勝負できていると感じています。これから成熟していく市場と考えると、ニッチな領域だからこそ「ドローンのことをもっと知ってもらうこと」が今は大切なことだと思っています。

____となると、CtoCビジネスは他の業界でも通用するということでしょうか?

今川 :そうですね。他の業界でもまだまだサービスを展開させられるのではないかと思います。一時期はCtoCビジネスの発想しか出てこなくなるぐらいアイデアが溢れていました。個人的に今まで以上に自分の考えの幅が広がったので、CtoCビジネスを始めたのはよかったと思っています。

____なるほど、一緒にお仕事をさせていただけてよかったです。

今川 :CtoCサービスは一般的に、開発にはお金がかかると聞いていたのですが、開発費についてはしっかりと納得をしてプロジェクトを進められています。資金調達の面でも、C2C社さんにサポートしていただいたのはとても助かりました。

“ドローンの可能性は無限大” - 今後目指したいプラットフォーム

____ドローンの可能性について教えていただけますでしょうか?

今川 :ドローンの可能性は無限大だと思っています。今のドローンの用途は空を飛ぶだけかもしれません。
しかし、今後はサーモグラフィなどを使わず、可視カメラのみで状況を全て判断できるようになってくるでしょうし、ドローンだけで瓦礫の撤去もできるようになってくるのではないかなと思います。これからもドローンが社会のニーズに応えられるように変化していくと予想しています。

____では人は要らないようになってくるということでしょうか?

今川 :いえ、そうではありません。今後ドローンパイロットの責任は大きくなっていくと思います。いろいろな技術がシステム化され、単純化されていきますが、最後はパイロットの知見と経験・判断力が重要であり欠かすことはできません。

____今後の展望を教えてください。

今川 :ドローンが社会に当然あるべきものというイメージにしていきたいと思っています。ドローンの用途はまだまだ広く知られていないのが現状です。
日本は災害の多い国なので、地震や台風といった環境的な問題もあります。私たちがドローンを活用して災害の事前事後の活動を行うことで、もしかしたらもっとたくさんの命が救えるようになるかもしれない。弊社のスクールでもただドローンを飛ばせるだけのパイロットだけでなく、専門分野に特化した社会的意義を果たせるパイロットを育てられるようにしていきたいですね。

____最後に2020年に向けて一言をお願いいたします。

今川 :2020年は勝負の年です!CtoCのプラットフォーム以外でも、ドローン業界発展のために尽力したいと思っています。もちろんC2C社さんのサポートにも期待しています。今後も一緒に新しいことに取り組んでいければと思っています。

今川 博貴 プロフィール
1985年、岡山県生まれ。20代で洋服ブランドを立ち会げ、メディアサイトを立ち上げる。その後広告代理店で数多くの案件に携わり、トップのセールスマンへ。会社員時代に貯めた資金で沖縄のホテルを買収。1年で不動産の収益を10倍にする。
2013年に株式会社TonTonを立ち上げ、不動産事業や飲食事業を展開。ベストベンチャー100に入賞。2019年にドローン事業SORAeMONをリリース。

文: 武田竜輔


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

18