見出し画像

G's ACADEMYに入学したら、人生変わった 本当の本当に最後なります

おすず

皆さんこんにちは、良い時間帯ですね!
おすずです。


前回、「G's ACADEMYに入学したら、人生変わった THE FINAL」と題して、挑戦する事について述べさせていただきました。

ざっくりまとめると、

会社の多くの人と繋がりが増えて
友人、知人も増えて
副業も始めてお金も稼いで
新しい出会いや経験を積む事ができた!
最初の一歩を踏み出すのは勇気がいるけど、
一緒に挑戦してみませんか?

こんな感じです。
試行錯誤をして書いた約3,700文字のわたしの熱い想いは、要約するとたった90文字に集約されてしまうのですね。。。
無念。


わたしの熱い想いをまだ読んでいないよーという方はこちらから是非。


前回THE FINALと言いつつ今回もまた書いているのですが、
タイトルにもある通り、本当の本当に最後です。
タイトル詐欺ごめんなさい。

今回は1月に投稿した上記の記事から、2022年6月現在に至るまでの変化について綴っていきます。


チャレンジジョブ制度に提出する


サツドラにはチャレンジジョブ制度という人事制度があります。
新規事業や既存事業に対して、立候補ができる制度です。
一定の条件を満たした社員であれば、誰でも立候補する事ができます。

わたしは上司に相談し、チャレンジジョブの申請を提出しました。

書類選考の一次審査
営業本部長と人事部の方を交えた面接の二次審査
実際に一日を通して希望部署で勤務をする実務審査試験
(希望する部署と申請者で認識の差がないか、実務に必要なスキルがあるか)


わたしはこれらの審査をなんとか通過し、最終審査に進むことになりました。

最終審査は副社長と人事企画・採用チームのチームリーダーを交えての面接でした。

結果は、、、




周囲の方から「前向きだね!」と言われることの多いわたしですが、流石に凹みました。


めっっっっっちゃ悲しい

もうやってられない!!!

(っていうか最終審査までいって落ちることあるんかい!!!)

いろいろな感情がわたしの頭の中を巡りました。

悲しさ、悔しさ、諦め、、、、


頭の中ではこんなことばかりを思っていました。

不採用の通知を見た時に、10分くらい腐りましたね。
もうやってられるか!!!みたいな感じです。


ただふと冷静になった時に、このようなことを考えた自分が恥ずかしくなりました。


そうです。
不採用という結果に対して自分を省みるのではなく、他者へ矢印が向いていました。
かなりダサいですね。


「これから自分は何をしたら良いのだろう?」

「そもそも自分の強みって何だっけ?」


今一度自分へ矢印を向け、今後何をすべきか考えるようになりました。


生活スタイルを変える


不採用の連絡が来て数日後、副社長と人事企画・採用チームチームリーダーにフィードバック面談をしていただきました。

会社が求めている部分、自分に不足している部分をしっかりと伝えてくれるのは嬉しいですよね!


この時にわたしは経験不足な部分に対してそこを補える、上回ることをしようと考えました。


そうだ!勉強をしよう!とことんしよう!

経験不足をカバーできる知識を付けよう!!

本気で向き合おう!!!
よし!毎日しよう!!!!!


G's ACADEMYに在学中はほぼ毎日勉強をしていましたが、卒業後は気持ちが緩んでしまい週2回程度しかしていませんでした。
たるみまくりですね。
そりゃ選ばれませんよね。

そこでわたしは昼過ぎからの出勤がほとんどだったので、それまでの時間を勉強に当てることにしました。
具体的には
仕事のある平日は9時~12時半くらいまで勉強してから出勤、
休日は昼過ぎからお腹が空くまで(コンサドーレのホーム戦がない日)、
このような生活を過ごすようになりました。

家にいるとベッドという睡眠への誘惑があるので、本社のHUBスペースで勉強→出勤という生活を過ごすようになりました。



個人的には人の目がある環境の方が集中できるというのと、
日頃良くしていただいている社内の方に会った際には
「体が限界を感じるまで毎日来ます!」と宣言をして、やらざるを得ない環境を作りました。

また本社にはBOOK LOUNGEがあり、たくさんの本があります。
チェーンストアやマーケティングについての勉強しました。
(おすすめは桜井多恵子さんの「チェーンストアの教科書」です)


実際にこの生活を過ごし始めてみると結構きつかったですし、毎日眠かったです。

ただ2週間くらい経つと慣れるもので、勝手に体が朝早くに起きるようになりました。
人体の不思議ですね。


スタートラインに立つ


3月の半ばからこのような生活を過ごし、1か月程経った頃にある出来事が起きました。


いつも通り勉強していると、人事の方から声を掛けてもらい異動の話を頂きました。

これまでの経緯を踏まえた上で、わたしを気に掛けてくださったのだと思います。
本当にありがたいです。

その後、5月16日付の人事異動でリージョナルマーケティングへ出向する運びとなりました。

現在は新米営業マンとして、ペイメントサービスユニット(スマホ決済サービス)の営業として奮闘中です!
まだまだ分からないことだらけで、勉強勉強勉強の毎日です。
この辺の話もまたいつかnoteに書けたらと思います!


おわり


今回わたしがこのnoteを書くにあたって、伝えたいことが3つあります。


一つ目は、
サツドラはしっかりと人を見てくれる会社。」
ということです。

チャレンジジョブ制度で希望が叶わなかった人に対して、しっかりとフィードバックをしてくれるし、
その後にどう行動をしているかという事も見てくれています。


二つ目は、
周囲のせいにしても、何も得をしない。」
ということです。

よく他責と言い換えたりしますが、自身に矢印を向けなければ成長することができません。
ありきたりな考え方ですが、わたしは身を持って経験しました。


三つ目は、
「周囲の人とその環境作りが大事である。」
ということです。

わたしはG's ACADEMYに入学し、多くの人と接することで変わりました。


「毎日 EZO HUBに来て勉強をしている」という話をした時に、
「すごいね!」と言われることが多かったのですが、
G'sの先輩や同期、後輩にはすごい人がたくさんいて、
そのような環境にいると、自然にもっと頑張らなきゃと思うようになりました。
自分なんてまだまだという気持ちでしかありませんでした。

またこのような考え方に自分を変えさせてくれた、G'sとその仲間達には感謝しかないです。
(いつもありがとうございます。)

数年前にわたしは自分のキャリアについて、ものすごく悩みました。

仕事がうまくいかず、転職をしようかと考えたこともあります。

そんなわたしですが、今こうして何かを考えたり行動できるようになったのは、
G'sで多くの経験を得られたからです。

前回も書きましたが、何か新しいことにチャレンジをするのって相当体力を必要としますし、
最初の一歩を踏み出すのは、ものすごく勇気が必要なことだと思います。

元来わたしは思い通りにいかないことを嘆き、周囲の環境や人のせいにすることが多かったのですが、
そんな自分を変えたいという気持ちで一歩踏み出すことができました。


そして、自分の人生を変えるべく一歩を踏み出した上司もいます。

家庭を持ち、店長という立場でありながら、先日卒業したすごい方です。


もしわたしと同じように自信のキャリアに悩んでいる方は、こちらから無料の体験会に申し込めるので是非ご応募してみてください!


また社内の方でもし少しでも気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。
いつでもご相談に乗ります!!!


セカイを変えるGEEKになろう。

この記事が参加している募集

仕事について話そう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!