ドリブルデザイナー 岡部将和さん
見出し画像

ドリブルデザイナー 岡部将和さん

クランキー

岡部さんを知ったきっかけは、たまたま見かけたYouTubeの動画だった。『全員抜くまで帰れま千』という企画で、岡部さんが一般の人と1対1をしてドリブルで抜くというもの。岡部さんの相手は小さな子どもから大人までいたが、なかにはサッカー強豪校の高校生を相手にする動画もあった。決して簡単な相手だけではないのに、誰も岡部さんを止められない。全員が完全に岡部さんに置き去りされて抜かれていた。岡部さんの存在を知らなかった自分は、「誰だこいつ!?」ってなったのがはじまりだった。

YouTubeがきっかけで知った岡部さんを調べてみると、非常に魅力的な人物であることがわかった。そして岡部さんから非常に刺激を受けた。

刺激1
岡部さんは、ドリブルで「抜く」ための方法を体系化した『99%抜けるドリブル理論』を構築した。ドリブルという感覚とされてきたものを言語化したのだ。そんなことできっこない。無理だ。そもそも誰もやろうとも思わない。そういうレベルのことを実現した。本当にすごいことだと思う。途方もない研究だったと思う。
自分はそんなに物事を深く考えたことがあるだろうか。考えたとしてもどこかで妥協したり、本質にたどり着かないで終わっていることが多いかもしれない。本質にたどり着くまで真剣に考え続けることの大切さを岡部さんは教えてくれた。

刺激2
岡部さんは著書や自身のnoteでこんなふうに言っている。

本当に伝えたいことは99%抜けるドリブルではない
勇気を持ち一歩踏み出しチャレンジする心の素晴らしさ
note ドリブルデザイナー 岡部将和 プロフィール

岡部さんの言う『99%抜けるドリブル理論』がどんなものかに興味をひかれて著書を読んだ。
著書にはもちろん、そのカラクリが書かれていた。でも、自分が最も心を奪われたのは、理論そのものより、岡部さんがドリブル理論を通して目指す目的地だった。
「チャレンジする心」を伝える。
人生の目的を見つけている彼がものすごくカッコいいなと思った。
自分には、これが人生の目的だと呼べるものが今のところない。
この記事を書いている2022年2月現在、岡部さんは家族とヨーロッパで生活し、新たな夢にチャレンジしている。
自分は30代後半。すでに守りに入っている気がしてならない。岡部さんを見習い、勇気を出してこれから人生をより豊かにするチャレンジがしたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
クランキー
年齢:30代後半 性別:男