マガジンのカバー画像

臨時:新型コロナウイルス感染症と建設業

17
新型コロナウイルス感染症の流行が建設業に与える影響と、中小企業支援策等をまとめます
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

"コロナ後の建設業"② ~電気は忙しい、足場は厳しい?(2020年11月版)

「忙しいです。コロナの影響なんて無いですよ」 「コロナで仕事が無くて大変で…」 「電気は受…

新建ハウジングに2021年上期建設業界レポートを寄稿しました

クラフトバンク総研の2021年上期建設業界レポートを新建ハウジングに寄稿しました。 ショッキ…

3分で読めるコロナ後、ウッドショック後の工事会社の受注動向(2021年8月版)

「電気は受注あるし、コロナの影響も無くて忙しいんだけどな」 「ウッドショックの影響で大工…

"コロナ後"の建設業③ ~"バラバラ"時代の生き残り策(2020年12月版)

「受注多くて…施工を頼める先が無くて困っています」 「コロナで受注が減ったし、集客しても…

"コロナ後"の建設業① ~”バラバラ”業績を読み解く(2020年10月版)

「コロナの影響は無く、忙しい」 「大工だけど、仕事が無い」 「工務店だが、集客に苦戦してい…

臨時号⑪:【建設業界向け】コロナ対策ツールの紹介

緊急事態宣言が解除され、建設業は日常を取り戻しつつあります。 一時的な需要の冷え込みが見…

臨時号⑩:5分で分かるコロナ禍の工務店・工事会社の差別化とIT

コロナ後の不況の中でどう差別化するのか?前回の「コロナ禍の工務店・工事会社の売上計画」では ①売上は1~3割減る恐れがある(リーマン・ショック時の影響から試算) ②借入をした場合、返済分の売上確保・コスト減が必要 ことを踏まえると、 「不況の中で前期以上の売上を確保しなくてはならない」 「かつ、対面営業は制限され、施工現場の安全確保が求められる」 ため、コロナ前よりさらに他社との差別化が求められることについてご説明しました。 前回の記事更新後、6月に野村総研の市場予測が更新

スキ
9

臨時号⑤:建設業特化・新型コロナウイルス関連支援策(4/20時点)

建設業が使える制度・窓口を表1枚に整理政府や都道府県は3月から様々な支援策(融資、助成金)…

臨時号⑨:図解 5分で分かるコロナ禍の工務店・工事会社の売上計画 3つのポイント

コロナ後の売上計画をどう見直す? 前回の【図解】コロナ禍の工務店の資金計画に続き、 「コロ…

臨時号⑧:海外事例から見る、 工事再開後の建設現場における感染防止策 (5/7時…

※20年5月6日時点の情報を元に書かれた記事になります GW明けまで、各社 工事中断に踏み切っ…

臨時号⑦:図解 5分で分かるコロナ禍の工務店・工事会社の資金計画・資金繰り

コロナ禍の建設業が考える3つの図先日の臨時号⑤:建設業特化・新型コロナウイルス関連支援策…

【お知らせ】リフォーム産業新聞で連載を開始しました

ConTech総研の連載"データで考える「職人不足」"がリフォーム産業新聞4月20日号より始まりまし…

臨時号⑥ コロナ禍でも絶対に止まらない「必要不可欠」な工事とは?諸外国の定義から…

国内ではじめて新型コロナウイルス感染症の死亡者が発生した2/27から4/20までの54日間で、死亡…

臨時号④:新型コロナが変える建設業の働き方 ~対面と紙とテレワーク(4/14時点)

「感染リスクがあるし、対面で営業マンから住宅の提案をされたくない」 「未だにITを使えず、FAXやハンコ文化の会社で働きたくない」 オンライン化、テレワークが前提の社会になる中で、実際にSNSで広がりだした意見です。 「中小企業のIT化の遅れが通勤を止められないサラリーマンを生み、感染拡大につながっている」という厳しい指摘もあります。 「新型コロナが変える建設業の今後」臨時号 第4弾は、新型コロナウイルス肺炎が建設業の働き方をどう変えるのか、考察します。 当総研では、暗い

スキ
17

臨時号③ コロナ禍で日本の建設業が止まる可能性は?欧米各国の動向を基に考察する(…

2020年4月7日、新型コロナウイルス感染症の急速な拡大を踏まえ、政府は7都府県を対象に、新型…