クラフトバンク総研

クラフトバンク総研は、「Construct the Connection」をテーマに、民間建築業界のいまとこれからを研究・発信してまいります。 建設系専門紙や朝日新聞運営メディアで連載中 https://smbiz.asahi.com/author/11005586
    • 臨時:新型コロナウイルス感染症と建設業

      新型コロナウイルス感染症の流行が建設業に与える影響と、中小企業支援策等をまとめます

    • 建設DXの現場

      建設業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の現場について

    • 2021年民間建設市場予測

    • 災害復旧 × 建設職人

      災害復旧に携わる建設業やその関連産業、メディア、自治体、官公庁の方向け

    • 【毎月15日更新】職人不足指数

      CraftBankの「発注者1社あたり案件掲載数」を指数化し、月次で毎月15日に公開しています。最新の職人不足の指標としてご参考ください。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

3分で読める 2022年 建設業界 動向予測~専門工事会社編

「2022年の受注・採用・資金繰りはどうなるのか?」 「メインの発注者の業務縮小に伴い、発注者を探している」 「ウッドショック、資材・住設の納期遅延で現場が空いてしま…

中小企業は「値上げ交渉」をどう行うか? ~「ツギノジダイ」公開インタビューより

2022年4月21日、朝日新聞運営メディア「ツギノジダイ」の公開インタビューにてクラフトバンク総研所長の高木が「値上げ時代の後継ぎと中小企業の再生」をテーマにお話しさ…

新建ハウジングに「工務店の財務リスク」を寄稿しました

新建ハウジング様に「工務店の財務リスク」に関する記事を寄稿しました。 「2022年4月以降、建設業の倒産件数は増える?」 資材の値上げ、納期遅延、職人不足、「ゼロゼロ…

新建ハウジングに2022年建設業界動向予測を寄稿しました

クラフトバンク総研の2022年建設業界動向予測を新建ハウジングに寄稿しました。コロナ禍からの需要回復、ウッドショック、給湯器などの納期遅延…などが起きた2021年でした…

2022年3月時点の建設資材・住設の納期遅延と値上げ状況を1枚にまとめました

建設業界では2021年より新型コロナウイルスの世界的な感染拡大や半導体不足などの要因で、様々な建設資材、住設の納期遅延が生じています。 さらに、ウッドショックに代表…

値上げ交渉に関する記事が朝日新聞 運営メディア「ツギノジダイ」に掲載されました

朝日新聞運営メディア「ツギノジダイ」に当総研記事「値上げの交渉力を高める九つのポイント 建設業・製造業向け」を寄稿しました。 最低賃金、ウッドショック、原油高、…