見出し画像

わだっしーとかおりんの馴れ初めnote

どうも、わだっしーです。
SIerで働きながら情報発信をしているエンジニアです。

技術大好き、マネジメント大好き、仕事大好きのワーホリです。


文章活動をするのが久しぶりなんだけど、手馴しに僕とかおりんの馴れ初めについて書いてみようと思う。
それに、僕とかおりんの記録として残しておきたい。


まず、かおりんって誰や?って人に向けて簡単にかおりんの紹介。


僕の彼女のかおりんって誰?

性別:男(心は女の子)
誕生日:1992年10月25日
仕事:システムエンジニア
好きな物:わだっしー、唐揚げ、面白いこと、麻雀、L'Arc en Ciel
性格:マイペース、頑固、優しい、聞き上手
わだっしーの好きポイント:全てがかわいい
所在:東京都でわだっしーと同棲している

かおりんっていうと下記の面白いツイートが有名で一躍有名になったりしている。

僕は情報発信をやっているけど、こういう感じでバズったりしたことはないから、本当にすごいと思う。
ちなみに、僕のお気に入りはガチボッチ数列。本気で面白いと思う。


本題の馴れ初めについて

前置きはこれぐらいにして、僕とかおりんの馴れ初めについて話していこうと思う。


僕とかおりんが知り合ったのはTwitter。
2019年の4月ぐらいにTwitterで絡んだのが出会いだった。

僕と仲良くしているフォロワー経由でかおりんに絡み、おもしろい人だなとは思っていたけれども、本気で絡みたいとは正直思ってなかった。

正直、目立ちがり屋のうるさい人だなーって印象だった笑

だって、タピオカタピオカうるさいし、基本情報どうたらうるさいし、ガチボッチ数列うるさいし、カップラーメンの生産性どうたらでうるさいでしょ。


だけれども、僕が仲良くしているにゃんこさん(@nyanko_R_motti)に「わだっしーとかおりん合いそうやよね」って言われたのをきっかけに、ちょいちょい絡み出すようになり、DMでやり取りするようになり、本気で惹かれ始めた。


そこから、僕はかおりんと付き合うにはどうしたら良いか?ということを本気で考え、戦略を立て始めた。

[にゃんこ®︎もっち]

[その彼女のたんこ]


僕とかおりんの初対面

僕とかおりんが初めて会ったのは、2019年6月2日。
次は初対面までの経緯について話そう。

DMで好きな音楽の話とか、これまでやってきたこととか話したりして、僕はかおりんのことを本気で好きになってしまった。

会いたい。。

でも、僕は東京に住んでいて、かおりんは大阪に住んでいるから簡単に会える距離ではない。
そして、かおりんは「Twitterで知り合った人とはリアルでは絶対に人と会わない」と公言していた。


まーでも、僕ってそんなことであきらめるような人間じゃないんですよね。

Twitterで突然「明日会えない??遊びに行こうぜー」って誘った。

かおりんは「本当に明日くるの!?!?」ってびっくりしてたけれども、僕はそういうことを普通にやっちゃうんだよね。

明日北海道に行け!って言われたら会社休んででもふつーに行くし、海外でも飛んでいく。

フットワークの軽さには自信があるんだ。

そこでどれだけお金が吹っ飛ぼうとも、僕は「今あるこの瞬間を全力で生きていたい」からそんなことは一切関係ない。


かおりんに会いたいから明日大阪に行く。


こんなのは僕にとっては当たり前の話だ。

そして当日、デートして本当に楽しかった。

大阪でタコ焼食べたり、お好み焼き食べたり、デザート食べたり、、、
何より僕が仕事の話ばかりしているのに、真剣に話を聞いてくれた。

それが本当に嬉しかった。

僕はそれなりに立場のある仕事をしていて、誰にも理解されないことが多い。
それを理解しようとしてくれたり、聞いてくれたのが本当に嬉しかったんだ。

かおりんと一緒にいたら安心できるし、一緒にいたら楽しいのは間違い無いと思った。


だから、僕はかおりんを本気で僕に惚れさせて見せると決心した。


二度目のデートと告白

かおりんとの初対面を経てから、1ヶ月会えない日々が続いた。

Twitterで楽しくお話ししたり、DMでやり取りしたり、、、

それだけの日々が続いて、僕は結構しんどかったwww

かおりんがいろんな人と絡んでいるだけでヤキモチ焼いてたし、他の人に取られたらどうしようなどと考えていた。


それに、僕はその時転職活動中だったし、仕事もそれなりに忙しかったから、前回のように簡単に会いに行くこともできなかった。

だけれども、僕はなんとか理由をつけて会えないかって考えたんだ。

でも、特に思いつくこともなかったから、とにかく会いたい攻撃を続けていた。

今思い返せば結構必死だったと思う笑


で、なんとか会う約束をこぎつけたのが2019年7月14日。

かおりんが言うには「この人なんでこんなに私に会いたいんだろう。。」って思っていたらしい。

鈍感にもほどがあるけれども、その時は自分のことを好いてくれる人なんていないって本気で思っていたらしい。


なんというか、、、健気というか、可愛いというか、なんというか、、、、もう好き!!

ゴホンゴホン、惚気はさておき本題に戻そう。


7月14日にまたしても新幹線のぞみちゃんを使い、東京から大阪まで飛んで行った。

で、その時に僕はこう言って告白したんだ。


「俺、かおりんのことめっちゃ好きなんだよね。俺と付き合ってほしい」


タピオカのイヤリングを渡した後に、告白してOKしてもらった。

もう、嬉しくてたまらなかったよね。

あれほど好きでたまらなかったかおりんと付き合うことができるなんて。

どうやったら、自分の本気度が伝わるかを真剣に考えまくったし、どうやったら喜ばせることができるかを真剣に考えてアプローチした。

そしたら、二度目の対面で告白してOKをもらうことができた。


そして、その夜は奈良のホテルでお泊まりデートをし、次の日はアウトレットでデートした。

本当に楽しかったよね。好きな人とのデートは楽しい。


花火大会ダブルデート

2019年7月27日にりんご&みかん夫妻(当時は未婚)と京都の花火大会に行ってきた。

本当は名古屋の花火を見に行く予定だったんだけど、雨で中止になったから、どこか花火見れるところがないかを必死に探して京都になったんだよね。

あの時は一緒に考えてくれたり、計画してくれたりんご君、みかんさん本当にありがとう!

 https://twitter.com/nega306/status/1155483622377263105?s=20

この時はかおりんが浴衣でとっても可愛かったのが本当に良い思い出。
たしか、この時に初めて手を繋いだんだよな。。。


[りんご君]
https://twitter.com/nega321345

[みかんさん]


かおりん東京浮上!

2019年9月中旬。

お互いに夏季休暇の日を合わせて、かおりんが東京に遊びに来てくれた。

僕の家に泊まって、東京をぶらぶらして遊んだ。

僕が手料理を振舞ったり、Twitterで仲が良かった人たちとみんなでお茶したり、充実した夏休みを過ごした。

お互いに仕事が忙しかったから、休みを取るのも一苦労だったけれども、忙しい時だからこそ喜びも3倍増だったよね。


かおりんとわだっしー、同棲するってよ。

2019年10月から僕とかおりんは同棲することになった。

同棲の話は8月ぐらいからしていて、9月頭には同棲するために行動し始めていた。

正直、僕は早すぎるんじゃないの??って思ったんだけど、かおりんの猛烈なアプローチに負けて同棲することを決めた。

今思えば、これで良かったなーって思うけれども、当時は本当に大丈夫か不安だったよね。

かおりんは大阪から東京に来るわけで、同棲してお互いの価値観だとか生活リズムとか合わなくて、お別れなんてことになったら大変なわけだ。


まー、でも、最終的には「僕とかおりんなら大丈夫」って信じて同棲してみようって思ったんだ。


僕は同棲したことなかったし、いろんな人の助けを経て同棲までの道のりを乗り切ることができたんだ。

僕たちを助けてくれたにゃんこ、たんこ、みひたん、らすかるぅ、、、本当にありがとう。。

僕とかおりんが一緒にいれるのは、この4人のおかげだと本当に思ってる。

ありがとう。

[にゃんこ®︎もっち]
https://twitter.com/nyanko_R_motti

[たんこ]
https://twitter.com/shiotanko

[みひたん]
https://twitter.com/rnIHITAN_die

[らすかるぅ]
https://twitter.com/hfdkifvkydhku


同棲してからは結構ケンカしました

僕たちは喧嘩しなさそうって言われることが多いんだけど、同棲のタイミングでは結構ケンカした。

僕が綺麗好きで、部屋を綺麗にしていないと嫌なタイプなんだけど、かおりんは意外とズボラだったりする。

それに、かおりんの荷物が多すぎて僕の部屋に入りきらなくて揉めたりした。


それに僕が体を壊して、2週間自宅療養した時期もあり、僕の体力も気力も限界だった。

特に10月は本当に大変だった。。

僕もかおりんも限界な状態で、土日も部屋の片付けだったり、引っ越し後の手続きで本当に忙しかった。

だけれども、かおりんとちゃんと話し合い、お互い泣きながらも向き合ってきたおかげでなんとか乗り越えることができた。


大変だった分、その後は本当にずっとラブラブしてたね汗

仕事で会えないだけで、お互いに寂しいって言い合っていた。

一緒に過ごす時間が増えるごとに、もっともっとお互い惹かれあっていた。

少なくとも僕は、これ以上人を好きになれることなんてないんじゃないかってぐらい、かおりんに惹かれていった。


わだっしー、体を壊す

11月は僕が体を壊して、2週間自宅療養した。

そこでは、かおりんには本当に助けてもらっていて、自分の体をいたわることの大切さを教えてもらった。

かおりんに「自分のためにじゃなくていいから、私のために自分の体を大事にしてほしい」と言われて、自分の体を直すことを真剣に考えたんだ。


僕は仕事が本当に好きで、自分の体が悲鳴をあげていても仕事をやり続けるような人間なんだけれども、それにも限界があることを身をもって知った。

1週間徹夜して20万行のコードを一人で書いたり、3年間毎日18時間以上休みなしで働き続けたり、、、
そんなことを平気でやるぐらい僕は仕事が好きだ。


だけれども、それも自分の体が健康であってこそできること。
そんな当たり前のことを自分では考えもしなかった。
かおりんに大切なことを教えてもらった。

かおりん、ありがとう。


これを書いているのは2020年1月6日なんだけれども、自宅療養していた11月があったから僕は今、通常通り働くことができていると思う。

前より体は全然痛くないし、かおりんにマッサージしてもらったりいて、なんとか仕事をこなすことができている。

親身に面倒をみてくれているかおりんに本当に感謝です。


これからの僕とかおりん

4月に Twitterでかおりんと知り合い、6月に初めて会い、7月に付き合うことになり、10月で同棲。
2019年はめまぐるしい変化に流されながらも充実した毎日を過ごせました。

それも僕たちを支えてくれた人たちのおかげです。

Twitterの仲間たち、僕の両親、かおりんの家族。
本当にありがとうございました。


僕とかおりんは本当に楽しく過ごさせてもらっています。
毎日が本当に充実していて、幸せです。


これから、僕とかおりんは一緒にサービスを作ったり、プロモーションを打ったりしようとしています。

僕がエンジニアとして情報発信をする以外に、僕がやってきた事業(すでに畳んでいます)の経験をもとに、2人で力を合わせて、僕たちが大好きな人たちを幸せにする事業をやっていこうと思っています。

どれだけ時間がかかって、どれだけのものができるかはまだ未知数だけれども、楽しみながらやっていきたいと思っています。


僕の信念は
「高い生産性で人々の人生をデザインする」
ことです。

僕がSIerでエンジニアとして仕事をするにしても、自分で事業をするにしても、この信念は一貫しています。

そして、僕を主軸とする事業では、この信念をモットーに築いていきたいと考えています。

僕一人の力ではできなくても、かおりんやいろんな人の力を借りて、成し遂げたいなと思っています。


みなさん、どうか、僕に力を貸してくださいね。


これからも応援よろしくお願いします!


Twitter、ブログ、メルマガでいっぱい発信しているので、見てくれると嬉しいです!

[ブログ]
http://my70p.com/l/u/kwwp

[メルマガ]
http://my70p.com/l/u/kwmg

[Twitter]
http://my70p.com/l/u/kwnotetwitter

最後に宣伝になるのですが、僕がかおりんと付き合うまでに使った恋愛テクニックについてまとめたnoteを書きました。

興味のある方はぜひ買ってみてくださいね。

[わだっしーの恋愛テクニックnote]
http://my70p.com/l/u/fn2pn


あとがき:かおりんより

こんにちは!
まずはここまで読んでくれて、ありがと〜!

初めて実際にこの記事を読みながら「そういえばそんなこともあったね、懐かしい〜」って、まるで数年前の話のようなトーンで、そして半ば他人事のように彼に話してたけど、まだ初めて彼と会って半年程度なんだなぁ。

色々ありすぎて、そして記事になって多くの人に読まれるのが恥ずかしい…笑

普段Twitterで絡んでくれているみんなは私のことを私よりもよく知っていると思うけど、純粋に人と話すことがかなり好き。
だからツイ廃なんだけれども…笑

Twitterでのテンションとは違って、私は元々コミュ障でかなり人見知りをするタイプだったから、Twitterで出会うとか「無いわぁ、、」と思ってた。

でも、Twitterで初めて会った彼や、その後Twitterを通して色んな人と実際に会うにつれて良い意味で性格も含めて考え方自体が180度変わった。

常に変化を求める彼に対して、私は保守的な考えに偏ってしまいがちなんだけれども、変わるということもとても大事なことなんだなとしみじみ。

彼から学ぶことがとても多くてついていくだけでも大変だけれども、それだけじゃなくて私も何か彼の得意な領域で助けていけるようになりたい!

今のところ彼の苦手な、病院からもらってきた薬をひとつひとつお薬ケースに入れて管理するくらいしか私に出来ることがないけれど笑

最後に、この記事に出ている人たちをはじめに、私達が普段お世話になっているみんな、いつもありがとう。
みんなのおかげで今とても楽しい。
これからも変わらずTwitterでお話ししましょー!!

かおりん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
30
大手メーカ系SIerに勤務しているPG/SE/PM/PL。苫小牧高専'15卒。技術分野はアプリケーション開発が一番得意だけど、サーバ設計/構築、ネットワーク設計/構築もだいたいやってる何でも屋さん。システムアーキテクトをやってる時が一番楽しいけど、適正としてはPMに強い適正あり。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。