見出し画像

液タブとわたし。

マンガやイラスト制作で使う液晶タブレットを新しくしました。
最近はiPadで描くことも多いのですが、私のiPadは10.5インチなので大きいサイズで描きたいな…と思う時もあり。

我が家には13インチの液タブもあるのですが、まだ壊れてないのに16インチの新しいのを買いました。。なんて奴だ。
デジタルお絵かきツール大好き人間なので、つい物欲が…。しばらく消費は控えます。おやつとか…おやつとか。

新しいのはペンの性能が良くてさらーーと線が引けるので、髪の毛がすらすら描けて嬉しいなぁ。

初めて液晶タブレットの存在を知ったのは学生の頃か、当時住んでた広島のデオデオ本館(現エディオンですね)に大きい液晶タブレットが展示されてたんですよねぇ。たぶんワコムだと思う。
いろんな人が試し書きしたり、触ったりしてたんだけど皆さん絵がお上手で…当時ペンタブも持ってなかった私には恐れ多すぎて、近寄って見ることも出来なかった記憶があります。けど、プロの作家さんが使うツール、いつか使えたらなぁと憧れていました。

バイト代でようやくパソコンやペンタブを買って、サイトやお絵かき掲示板(なつかしすぎる)に絵を投稿したり。
社会人になって、慣れなさと忙しさで一切描かなくなったり。
また描きたくなって、いきなり創作同人誌出してみたり。

結局液タブを初めて使ったのは5年前。息子が生まれてすぐの頃でした。

産後、何もかも余裕が無い時になんで自分が液タブを買おうと思ったのかよく覚えていません。(とにかく常に眠くて、子どもが0歳代の時の記憶がほぼ無い…)
けれどふにゃふにゃした赤ん坊を前にして、自分はもう一生マンガを描けなくなるかもしれないと思っていたことは覚えています。
産む前から「子どもが産まれたら好きなことは卒業しなくちゃいけないのかな」と漠然とおそれていたので…。それに抗うように、使わないと元が取れないものを買ったのかも(笑)

ただ、当時の自分の心配をよそに5年経った今もまだマンガを描いています。しかも以前よりもっと精力的に描いています。(一応)
結局自分が「できない」とくよくよ想像した通りにはならないんですよね。
なる時もあるかもしれないけど。
先のことってあまり考えすぎてもよくないです。考えちゃうけどね。。

以前描いた液タブマンガ(?)貼っておきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!嬉しいです😊
何気ない会話を妄想し、漫画にするのが好きな人。漫画投稿サイト「コミチ」にてwithnews 企画「#ミライの母の愛 」大賞 「#医療マンガ大賞」入賞など。自作品の振り返り、イラスト更新などが主です。日記は自サイトで書いています。https://tshiro.info/