見出し画像

【公認会計士が教える】資格試験勉強のモチベーションを維持する方法【5分読めば実践可能】

資格試験など、受験勉強を長期間持続するための、モチベーション維持法に関するノートです。

✔ 想定読者
・これから何かの勉強を始められる方、または検討中の方

こんにちは、公認会計士のロディです。

地頭が悪いですが、3年間勉強を継続し、公認会計士試験に合格しました。
ちなみに今は、会計事務所を開業しています。

公認会計士試験に限らず、資格試験の「敵」は「やる気」や「モチベーション」です。(断言)

断言できる根拠としては、僕がただコツコツ勉強しただけで、三大難関国家資格の公認会計士試験に合格した実績があげられます。

ちなみに、大学時代の偏差値は40です。
記憶力も悪いですし、要領も悪いです。

ただ1つだけ、誰にも負けない事があります。

それは「モチベーションのコントロール」です。

膨大な量の学習内容を記憶し続けるには、毎日コツコツ勉強しなければなりません。
どんなに頭の良い人でも、この努力からは逃れられません。
毎日好きでもない事を続けるのは、本当につらいです。

それを毎日続けるためには、モチベーションを高く保たなければなりません。(保てなくても椅子に座って机に向かうことはできますが、集中できていないので意味がないです。)

ぜひ思い出して欲しいです、過去に「何か新しいことを始めた時」の事を。

きっと、初めはとてもモチベーションが高かったはずです。

たとえば僕は、2010年に公認会計士試験の勉強をスタートしました。
その当時は、「よし! 絶対会計士になって大金持ちになるために、3年間死ぬ気で勉強するぞ!」という高いモチベーションでいました。

でも、3ヶ月経過した頃には、その高いモチベーションも低下し、あまり集中して勉強できなくなりました。

初日は、それこそ1日12時間くらい勉強したと思います。
でも翌週には1日10時間くらいになって、1ヶ月後には1日7時間くらいになり、3ヶ月後には1日5時間しか勉強しなくなりました。

どんなに初めにモチベーションが高くても、時間が経つと、結局こんなもんです。
あぁ、公認会計士になるのって大変なんだな…と実感した瞬間でした。

しかし、考えました。
もし1日12時間を3年間続けることができたら、合格できるんじゃないか? と。

そして、1日12時間の勉強を毎日継続できる「モチベーションの維持」ができれば、それが実現できるのではないか と。

そして3年後の2013年11月、僕は公認会計士試験に合格しました。

ちなみに、公認会計士試験の合格率は1~2%です。
いかに「継続できる人が少ないか」という事が分かりますよね。

資格試験は、基本的に周りの受験生との戦いです。
周りの受験生よりも、良い点数を取れば勝ちです。

周りの受験生よりも良い点数を取るためには、次の要素が求められます。

① 効率的な勉強法
② 継続する力

①効率的な勉強法は、予備校に通えば教えてくれます。
でもよく考えると、みんな予備校や専門学校に通うので、ここではあまり差が付きません。

周りの受験生と大きく差が付くポイントは、②継続する力です。

これは、予備校でも教えてくれません。

予備校の先生たちって、勉強や勉強法は教えてくれますが、こういった精神論ってほとんど教えてくれません。なぜかは分かりませんが。

ぶっちゃけ、優秀な人は少ない勉強時間で合格できるので、あまりモチベーションを意識しなくても受かってしまいます。

でも、僕のような凡人にとっては、モチベーションのコントロールも超重要でした。
本記事では、そんな僕と同じ悩みを抱えた方向けに、モチベーションの維持方法を超詳細にご紹介します。

凡人の僕が3年間モチベーションを維持し、公認会計士になれた源泉なので、信ぴょう性は高いかと。

何か挑戦したい事がある方に、オススメします。

✔ お値段:500円
ワンコインです。

モチベーションを手に入れたい方は、スタバ1杯を我慢して、読んで頂けたら嬉しいです。


■ 1.初めに僕の実績を公開

情報の信頼性を担保するため、僕の公認会計士受験生時代の1次試験の成績を載せておきますね。

4科目合計388点(500点満点)で、平均77.6%という得点率で合格しています。
この年の合格ラインは67.0%でして、合格率は3%でした。

合格ラインを10%も上回っており、調べたら全受験者の上位0.3%、偏差値78でした。

繰り返しですが、僕の大学時代の偏差値は40です。

やる気さえあれば、この水準は誰でも達成できます。

また、勉強時間は3年間で7350時間でした。
>>一応僕のブログ記事(公認会計士の勉強時間について)

平均1日7時間ですね。
平日・土日どちらもです。

こちらの信頼性としては、受験生時代にストップウォッチで勉強時間を毎日記録しており、そこが情報源となっています。

まとめると、1日7時間を3年間毎日(約1100日間)続けて、かつ高得点で合格できる集中力で、モチベーションを維持できたという事です。


■ 2.モチベーション維持法① 長期目標を立てよう

この続きをみるには

この続き: 5,669文字 / 画像7枚

【公認会計士が教える】資格試験勉強のモチベーションを維持する方法【5分読めば実践可能】

ロディ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
24
35歳 公認会計士です。 会計事務所やってます。 監査・会計税務コンサル、執筆してます。 公認会計士受験生のための勉強法に関するブログを書いてます。 https://cparody.com/