見出し画像

#スーパーマーケット まとめマガジンをはじめます。


「#スーパーマーケット」まとめマガジンをはじめます。


約1ヶ月半前、わたしはただ私見と偏見に満ちただけの「私の趣味は、オオゼキです。」という、スーパーオオゼキへの一方通行な愛を綴ったnoteを書いた。

しかし、この一方通行noteをきっかけに、Twitterやnoteでたくさんの方と「スーパー」「日常の買い物」「日常の料理」について会話させていただく機会が増え、たいへんありがたく思っている。そして、オオゼキ以外の“推しスーパー”の記事を書いてくださる方々も増え、発見と驚きに満ちた日々を送っている。


こちらは、オオゼキnoteをきっかけに、Twitterで交流をさせていただいている無煙炭さんのツイートだ。


そう、スーパーの話って、今まで「わざわざ」されることはなかったのかもしれない。近所に住んでいる主婦たちが、自転車ですれ違いざまに「今日は〇〇店が、キューピーマヨネーズが格安よっ!」みたいな会話が飛び交う程度で、別に、スーパーについて熱込めて、みんなで盛り上がったり、そのような機会は少なかったのかもしれない。


しかし、自分の人生を振り返ると、いつも、どんな時代にも、そこにはスーパーがあった。そしてあなたの人生もそうだったのではないか?(誰)


まだ幼いころ、母に「スーパーにいくよぉ〜」と言われるとウキウキついて行った。毎回「ひとつだけね」と買ってもらえるお菓子を、兄たちといっしょに一生懸命に選んだ。

週末には、入店から一直線に魚コーナーに行き、ず〜っと魚を眺める父もいっしょにスーパーに行くため、「週末は出費がかさむわ・・・」と母がよく言っていた。

オットは、義母が土日に働いていたこともあって、週末になると、近所に住むおじいちゃんとおばあちゃんとスーパーに行き、両親には買ってもらえないゲームボーイ用の電池をここぞとばかりにたんまりと買ってもらっていたと懐かしそうに話してくれた。

仕事をはじめてからは、帰宅が深夜になっても、25時まで開店しているスーパーに助けられ、なんとか毎日朝食を作って食べる生活ができていたように思う。


いつの時代も、私たちの身近にあって、日々の生活を大いに支えてもらっているのに、その価値が少しだけ「あたりまえ」になってしまうスーパーマーケット。
でもよく考えると、身近なスーパーの存在こそが、暮らしのクオリティ(QOL)を大きく左右するのではないか。実際に、不動産の売りだって、「駅から徒歩▲分」の次にくるウリは、「●●スーパーまで徒歩△分!」ではないか。ねぇそうでしょう?(誰)


だからスーパー愛をもっと叫びたい。「あたりまえ」になってしまっているスーパーへの感謝をもっと伝え合いたい。男、女、子ども、おとな、じぃじ、ばぁば、母、父、息子、娘、会社員、オタク、ダンサーetc....

誰にとってもフラットに立ち寄れて、エネルギー源(食)になる場所。
誰にとっても共通話題。
誰にとっても実は、ちょっとだけ“思い出”や“思い入れ”がある場所。

そう言われて、ふっ、と身近なスーパーや思い出のスーパーが頭の中に浮かんだみなさま。ぜひいっしょにスーパーについて語り合いませんか。あなたの推しスーパーを教えてくれませんか。


「#スーパーマーケット」まとめマガジンでは、以下のようなnoteをピックアップさせていただきたいと思っています。

◆わたしの「推しスーパー」はココ!
◆わたしのスーパーの思い出
◆スーパーで出逢った面白い食材
◆今日、スーパーで買ってきたもので、これ作った
◆旅行先で訪れたスーパー
◆スーパーで起こったちょっとした出来事
◆スーパーで出逢ったおもしろい店員さん
◆未来のスーパーに期待するもの
◆スーパーがわたしにくれたもの
などなど、大募集です。

「#スーパーマーケット」のタグつけnote、お待ちしております。

フォローはコチラから。

PS:マガジンの共同運営者も募集しております!我こそはスーパーネタピッカーとして参加したい!という方、ぜひいっしょにマガジンを盛り上げましょう^ ^
現在は、以下の記事を書かれている3名と、手探りで運営中です〜!



◎東京から瀬戸内へ引っ越し、娘さんが鶏好きから“魚好き”になった・・・それもこれもひとえに「スーパーきむら」があったから。byクニ@ミユキさん



◎夫婦の結婚記念日は「角上魚類」のお寿司で。「角上のお寿司」はスーパーのパック寿司の域を超えている。by瑞季マイミさん



◎娘さんが作るバレンタインお菓子の材料を買いに、お子さん3人連れて行ったスーパーでの珍道中が微笑ましい「子育て家族のスーパーでの風景」。byハネサエ.さん





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート、ありがとうございます!!! オオゼキ他店への取材費用に使わせていただきますね^ ^ いつかお会いできるその日には、オオゼキプレゼント授与🎁します。

あなたのスキに支えられて書いてます☺️🤝
77
スーパーオオゼキnoteの主婦👩🏻で #クレイジータンク ひと。「ひとの十八番(おはこ)料理を習う」旅に出ており、“十八番料理教室”を連載中✍️ 食/育児/膝/尿/雑多/#スーパーマーケット マガジン運営中🌈 http://twitter.com/yoko_matto

コメント6件

面白い企画ですね。海外(アメリカ)からでも良いでしょうか?
ナカムラさん、ありがとうございます😊✨はい、もちろん海外からの記事もどんどんピックアップしたいと思っております!
現在、すでにマガジンには、アメリカやハワイ、NZなどの海外スーパーレポもピックさせていただいており、旅好きな方々から人気があるようです😊✨
まつしまさん、なるほど〜。そうなんですね。海外のスーパーマーケットって日本語でないだけでオシャレな感じがしますもんね。
私も日本に住んでいた時はオオゼキ派でした。魚介類が新鮮だと勝手に思っています。
海外のスーパー、眺めているだけで楽しいですよね〜😊
オオゼキ派でしたか😆オオゼキは魚好きな人たちからかなり評価高いですよね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。