新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

多言語支援プロジェクトで目指すことと守りぬく価値観

この記事では、「COVID-19 多言語支援プロジェクト」が、どんな問題に取り組むのか、何を目標としているのか、またそのためにどんな活動をするのか、そしてどんな価値観を大事にして活動にあたるのかを記載しています。

このプロジェクトに関心をもってくださった一般の方々や、プロジェクトの運用作業に従事するボランティアスタッフに応募する方々向けの記事となります。


このプロジェクトで取り組む問題

新型コロナウイルスの感染拡大は収束しつつあるものの、私たちの生活の仕方や政府や自治体の対応、生活が困窮した方への支援の内容などは毎日流動的に変化しています。日本に滞在中の外国人の方々は、言語の壁や社会文化的背景の違いから、今後の状況の変化について正確な情報を十分に得ることができず、自らどのような対応をとるべきか適切な判断ができません。

例えば、日本が諸外国からの入国制限、ビザの効力停止を発表した際には、すでに日本に滞在している留学生の間で在留許可に影響があるのかといった混乱が広がりました。

また、ウイルスに対する予防法や、具合が悪くなった際の病院への連絡の仕方についての情報も多くは日本語で伝えられています。仮に自分が感染しているかもしれないと想い、保健所や病院に電話しようとしても、自分の症状を日本語で説明するのはかなりハードルが高く、結果的に連絡しないまま我慢してしまう人もいます。

4月7日には首都圏を始め各地に緊急事態宣言が発出されて以降、対象地域の拡大や解除が行われましたが、外出自粛の要請や、生活に必要な店舗や公共施設、交通機関の取扱いについても情報は十分に伝わっていませんでした。感染拡大がひとまず落ち着いてきた現段階では日常生活の中に感染予防のための行動を盛り込んだ「新しい生活様式」の実践が求められています。外国人の立場に立ってみると「政府が何か言っていて、何かしなければいけないのは分かっているが、具体的にいつ何をどうすればいいのか / 何をしてはいけないのかよく分からない」という状況で毎日暮らすのは、相当なストレスがかかります。

さらに、特別定額給付金などの経済対策や、住宅確保給付金など生活が厳しくなった人への支援制度が発表されていますが、これらの存在や申請の方法といった今後生活を続けていくために必須の情報も日本語での提供がメインとなっています。


このような状況下で、外国人の方々は、ウイルスから自分自身と周りの人の身を守り、また安全にかつ安心して日本での生活を続けることが難しくなっています。

行政による多言語での情報発信の枠組みは十分に整備されているとは言えません。仮に情報発信が行われていても、その存在や情報にたどり着くまでの導線が周知されておらず、媒体も大変に見づらいものが多くなっています。多言語での情報発信を行う民間団体やメディアは存在しますが、更新頻度が高いとは言えず、刻一刻と変化する行政の対応等については追いつけていないのが実情です。


プロジェクトの目標

このプロジェクトでは以下の2つのことを目標としています。

1. 日本における新型コロナウイルスの感染拡大の状況やそれに伴う生活環境の変化、政府・行政からの要請や指示の内容、また現在ある支援等について日本語での情報取得が十分にできない外国人の方々に向けて、公式に発出された情報を多言語に翻訳し届けることで、外国人の方々がコミュニティの一員として、ウイルスから自分自身と周りの人の身を守り、安全にかつ安心して日本での生活を続けるために適切な行動を取れるようにする

2. 非常事態において、外国人の方々が言語の壁や社会文化的背景の違いにより、どのような情報障壁にぶつかるのかを調査し、多言語での情報発信の重要性とそのあり方について、一般に広く周知し議論のきっかけを作る


目標を達成するために行う活動

上記の目標を達成するために我々は具体的に以下の活動を行います。

1-1. 主に首都圏において政府や自治体、メディアが発信する情報の中で、外国人の方々が今後安全にかつ安心して生活を続けるために必要な情報を収集し、整理する。

1-2. 上記の情報を多言語(※)に翻訳し、ウェブサイト上に目的別に掲載する。

1-3. ウェブサイトに掲載した情報を、TwitterFacebookで拡散し、また外国人との繋がりがある日本人の手も借りながら、情報を必要とする外国人の方々の元まで届ける。

2-1. 現在日本に滞在している外国人の方々が安全にかつ安心して生活を続けるためにどのような情報を必要としているのか、またその情報を取得したり、助けてくれる人を見つけるためにどのような困難を抱えているのか、アンケートを用いて調査する。

2-2. 上記の調査で分かったことをレポートにまとめたり、noteやTwitter、Facebook上で報告したりすることで、非常時における外国人への情報発信の重要性について一般に広く周知する。

※ 4月21日のウェブサイト公開時点では「やさしい日本語」と英語にのみ対応していましたが、5月10日には韓国語、簡体字、繁体字、フランス語、スペイン語、イベリアポルトガル語、アラビア語、ベトナム語を、5月16日にはドイツ語とタガログ語を、5月21日にはインドネシア語、6月2日にはブラジルポルトガル語、6月10日にはウルドゥー語を加えた、合計15言語で情報発信を行っています。


活動を通じて大事にする価値観

上記の活動を通じて、我々は以下のことを守るべき価値観として設定し、活動やその成果がこれらに反していないか常に気にかけます。

我々はメディアではない
我々はメディアのように現在の状況や政府の対応などについて、評価や批判を行うことを目的としていません。
政府や自治体、メディアが発信した情報の中で、外国人が生活を営むために必要なものを、そのまま意味を変えずに正確に翻訳し、届けるのが役割です。

情報の正確さが最優先
必要な情報をできる限り迅速に届けられるように努力しますが、情報の正確さ(factfulness)に勝る価値はありません。不正確な情報を受け取った人は間違った行動をし、その結果として誰かの命を危うくすらするということを常に肝に銘じます。
大手のメディアが発信した情報でも、できる限り政府や行政機関が発信した一次ソースにあたって内容を確認します。逆に、政府や行政機関が発信した情報でもその内容についてメディアから疑問が呈されている場合にはその経緯を確認した上で、掲載の判断を行います。
また、政治的に中立であることを心がけ、イデオロギーに引っ張られてファクトを曲げることが無いようにします。
さらに、科学的・政策的に議論が分かれていること、何が正しいのかまだよく分かっていないこと(例えば、新型コロナウイルスに何の薬が最も効くのか、各国で感染拡大のスピードが違うのは何故か、どのような拡大防止戦略が最も有効なのか、といったこと)については扱いを控えます。
記事の掲載にあたっては内容に誤りが無いかプロジェクトの運営リーダーによるチェックを行います。また、翻訳においても文法や語彙に誤りが無いか、伝わる意味やニュアンスに齟齬がないか、ネイティブスピーカーやネイティブレベルの語学力をもったスタッフによるチェックを行います。

※ 情報の正確性を確保するために我々が行っている取り組みについては、この記事からご覧いただけます。

謙虚に、外部にオープンでいる
このプロジェクトの中核は東京外国語大学の学生や卒業したばかりの若者により運営されています。
プロジェクトで目指していることや活動の内容を積極的に外部に公開し、指摘や批判に真摯に耳を傾けることでプロジェクトを継続的に改善します。
また支援やボランティアの申し出は積極的に受け取ります。



もしここでの内容に疑問や指摘したい点がある場合には、以下までご連絡いただけますと幸いです。

メール:covid19.multilingual.jp@gmail.com
宛て先:COVID-19 多言語支援プロジェクト
    代表  石井 暢(いしい とおる)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

完全ボランティアワークですが、ウェブサイトの運営に少額ながらかかる費用を賄うため、ほんの少しだけご支援いただけますと幸いです。首都圏に住む外国人の方が周囲にいらっしゃれば、ウェブサイトやTwitter、Facebookを拡散いただけるだけでも大きな助けになります。

5
新型コロナウイルス感染拡大とそれに伴う政府・自治体からの要請の内容、生活支援などについて、日本(特に首都圏)に滞在中の外国人に向けて多言語で発信しています。東京外国語大学の学生と卒業生が中心となって運営しています。 https://www.covid19-tagengo.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。