見出し画像

手書きのメモから生まれるアプリ。

手書きのメモから生まれるアプリ。

勿論敢えてということではありません。
最初の頃は夫と手探り状態でアプリを作っていて、手書きのメモでやり取りをするしか術がなく、常に紙とペンが必須だったのです。
夫から口頭で言われたことに関してはとにかくノートにメモを取って、それを見ながら作業をするという。

何てアナログ。

今見返すと謎の走り書きも多く、自分でも解読不能です。

「UIはこんな感じで、画面が遷移するとこんな感じで、ここをばーん!とこんな感じにしたくて…」

と、紙に描いた図を夫に見せながら擬音を交えつつ説明をするのですが、私の描いた図があまりにも下手過ぎて全く伝わらないこともしばしば。

月日が流れてから過去の自分を振り返ると、良くも悪くも驚いてしまうことが多々あります。

これもその一つ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます♩
24
iPhoneアプリを作ったり、公演情報ポータルサイトgoran*are (ごらんあれ)の運営をしています。 http://goran-are.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。