日本語能力試験(JLPT)対策本
見出し画像

日本語能力試験(JLPT)対策本

毎年、7月と12月の年2回行なわれる日本語能力試験(JLPT )。日本国内および世界各地で100万人以上が受験する、世界最大規模の日本語の試験です。12月の試験の申し込みもすでに始まっていますね。

これだけたくさん受験者がいるので、JLPTのための対策本も驚くほどたくさん出版されています。凡人社、そうがく社、アマゾンなどのHPを見ると、ここに載ってにない教材も使ったことのない教材もた〜くさんあります。

日頃レッスンをとっているN5やN4レベルの学習者なら過去問を何年分か解けば合格できます。N3あたりからは合格するための勉強が必要になってきます。特に対策本や試験対策クラスでの勉強が必要があるのはN2とN1レベルですね。

今回はほとんどの日本語学校には必ずあるであろうシリーズもののテキストを6冊ご紹介します。今回はN2文法のテキストを取り上げて比べてみます。薄いのがいい、しっかり説明があるのがいい、とにかく問題を解きたい、レイアウトが好きなど好みもあると思います。

*JLPT対策本リストはコトハジメのブログ記事をご覧ください!

私自身も好みがあり、N2の読解クラスで使うならこれ、試験勉強をはじめたばかり人におすすめの文法テキストならこれ、N2やN3レベルの漢字ならこれだけどN1ならこれかな、試験直前の問題演習ならこれでしょ、というのがあります。もちろん、中にはこれはちょっと使いづらいな、字がびっしりで疲れそうだなというのもあります。

JLPT の対策本はシリーズで購入する必要はありません。それぞれ自分にあったテキストを選んで購入すると良いでしょう。文法・読解・聴解・語彙・漢字と何冊も買うのは大変だから1冊で対策したいという人もいるかもしれませんね。そんな人にはアルクの『パターン別徹底ドリル(2010)』などがおすすめです。

例えば、アスク出版の『TRY!シリーズ(2014)アスク出版(N5〜N1)』は、文法のテキストではありますが、場面別の会話や読み物で文法の使い方をイメージできるような作りになっていて、人気があります。私たちも経験がありますが、試験のための勉強というのは覚えてもすぐに忘れてしまいますからね。

また、使ってみたいと思って最近購入したテキストに『必ずできるJLPT「読解」N2(2020)アルク』があります。N3の文法項目を復習しながら、長文に取り組むための準備ができるので、読解が苦手という人やN3に合格したばかりの人でも取り組みやすい構成になっています。時々、N3は受かりそうだからN2にチャレンジする!という人がいます。そのような学生にもいいかもしれませんね。ただ、こちらのテキストは解説がなく独学にはむきませんので、レッスンで使うと良いでしょう。

学習者に「どのテキストを買えばいいですか」と質問された時に、レベルやニーズ、学び方に合わせておすすめの1冊を紹介できると良いですね。

次回はJLPT の読解対策について少し掘り下げて見ていきたいと思います!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとうございます!
コトハジメは英語圏(英語話者)向けのオンライン日本語レッスン、日本居住者&ビジネスパーソン向けの日本語学校Coto Japanese Academyの日本語教師によるブログ。日本語教育に関する記事、イベント、求人情報などを随時配信。https://cotohajime.net/