見出し画像

ぽかんとする夜の話

帰宅して、お風呂に入って、ご飯を食べ終わるまでは元気だったのに、そのあと作業をし始めたら30分くらいで ふつりと気力が切れてしまった。
本を読んでも入っていけないし、単純作業も身が入らない。考えごとなんて もってのほか。
これはもう、本格的に何もしたくないらしい。

こういうことは ときどきあって、我ながら心配になるくらい、あらゆるスイッチが切れる。
何かが停止する感覚だけど、何が停止しているのかは わからない。
誰かと話したいような、それもめんどうくさいような、何かを書き殴りたいような、いざ書き始めれば何も浮かばないような、自分のことなど ほったらかしにしたいような、他人のためなど動きたくもないような。
自分の中から、ふすふすと いろんなものが抜けていく。

そういえば ここ数日は、夜になるとクラシック以外の音楽が聴けなかった。それも生楽器のオーケストラの、うんと静かなやつに限る。有名どころで言うと「パッヘルベルのカノン」とか。
電子音や加工された音だと どうもわんわんと耳元で響くような気持ちになって、やかましくて痛くて受け付けなかった。人の声も駄目だった。
でも何もないのはさみしくて、わがままだなぁと我ながら思う。
私にしては珍しいことで、というか たぶん人生初じゃないかという事態で、なんだか戸惑っている。


告白をしてしまおうか、と最近思う。
「好きです」感を ちょっとオープンにしたら なんだか相手がぎこちなくなって、と言うより それは必要最低限以外を避けてるかい?という気もして、もういっそ当たって砕けたほうがいいんじゃないかなと思い始めた。
でもそれって わたしの都合だよなぁ。
いや そもそも好意ってものが わたしの都合なんだけど。
告白って、なんの脈絡もなく いきなりしちゃっても いいものなんだろうか。
いえ 散々匂わせてはいますけど。敏い人なので気付いてると思いますけど。


そんなことを いきなり考え始めたり、ふいに将来が不安になったり、なんだかんだと不安定な感情は まだまだ積み重なっている。
30歳って、なんにもうまくできないのね。発見だわ。


薬にも毒にもならないことをしたい。
世界中を殺す毒になりたい。それで たったひとりだけを救ってみたい。
神様がいるとしたら、こっぴどく叱られて孤独になりたい。そしておんなじ孤独を集めてまわるんだ。

そんなことを つらつらと考えてしまう、どうしようもない夜です。
おやすみ。

この続きをみるには

この続き: 0文字

ぽかんとする夜の話

小李ちさと

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート分は、各種制作活動の材料費&研究費に使わせていただきます(・∪・) その他「○○やって」「○○に行ってレポート書いて」などのリクエストがあれば教えてください!

また よんでね
6
Cosmo Chisato * from space a:kumo

こちらでもピックアップされています

a:kumoの
じゆうちょう
a:kumoの じゆうちょう
  • 52本

すきなこと すきに かいていくよ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。