30記事で月15万!少ない記事数でも稼ぐブログの作り方
少ない記事稼ぐ

30記事で月15万!少ない記事数でも稼ぐブログの作り方

こんにちは。つばめです。

突然ですが、今あなたはこんなことでお悩みじゃないですか?


・100記事書いても200記事書いてもろくに稼げない。

・ホワイトハットで頑張って作ったサイトが検索から吹っ飛んだ

・リスク分散の為にも少ない記事数で稼ぐサイトが作りたい

・トレンドサイトを作るのに疲れた

・稼げなくてPV数ばかり気にしている

これに一つでも当てはまることがあれば是非読んでください。


そもそも、アフィリエイトでろくに稼げていない人は最初から大きく稼ごうとしすぎてるところがあります。←以前の私!

少ない記事数でも稼ぐブログを作るには戦略が必要

この方法はランチェスターの戦略を使っています。

「ランチェスター戦略」は世界でもっとも広く利用されている戦略の1つで弱者が強者に立ち向かうための戦略手法。知ってる方も多いと思います。

アフィリエイトでも弱者の戦略を用いて、

戦う場所を絞ってそこで1番になることができれば少ない記事数・少ないPV数でも稼ぐサイトは作れます。

画像1

この画像は1サイト 30記事数 1広告からの収益画ですが、ほかの広告の収益も合わせると月15くらいの収益です。

画像2

少ない記事数でも稼ぐサイトは作れます。しかもPV数はほとんど気にしない!

稼げないときはひたすらPV数を気にしたり、PV数が少ないから稼げないのかな?と思いがちですが、稼ぐこととPV数の多さは比例しません。

少ない記事数でも稼ぐサイトを作る成功の秘訣は3つあります

1稼げるジャンル選び
2稼げる広告1~3個
3稼げるニッチで需要のあるキーワードを探す←これ一番大事!!!!

この3点を攻略できるかにかかっています。

「30記事で月15万少ない記事数でも稼ぐ!ブログの作り方」

このnoteで得られることは

ツールを使わずに稼げるニッチで需要のあるキーワードの探し方と、少ない記事数で稼ぐサイトの作り方がわかります。


【このnoteはこんな人におすすめ】

・PV数主義をやめたい人

・少ない記事で稼ぎたい人

・長く稼いでくれるサイトを作りたい人

・トレンドサイト更新するのに疲れた人

・リスク分散させたい人

・少ない記事数20~30記事のミニサイトの作り方を知りたい人

この方法はオールジャンルに使えるので応用が利き、ニッチでも需要のあるキーワードを探せる技術が身につきます。

この少ない記事で稼ぐ方法を皆が使うとライバルが増えて自分の首を絞めることになるので、値上げも検討しています。この価格で買うなら今。

新しい情報があり次第追記していく予定です。


稼げるジャンル選び


稼げるといわれるジャンル
・キャッシング
・借金
・脱毛
・出会い
・婚活
・FX

「稼げるジャンル」と言われてるジャンルならはっきり言ってなんでも良いのですが、とくにおすすめのジャンルが「出会い系」と「脱毛」です。
この二つのジャンルは切り口がいくらでもあるので初心者でも狙うのに最適なジャンルと言えます。

ここからは出会い系サイトを作ることを仮定して話を進めていきます

超ニッチだけど、需要はあるかな?と思ったのがママ活だったので例えにしました。


ここが大事!少ない記事数で稼ぐためのキーワード選定方法

ブログで稼ぐのに重要なのが「キーワード選定」です。

これを間違えると100記事更新しても稼げません!

キーワードにもビッグキーワード、ミドルキーワード、ニッチキーワードなど、難易度によっていろんな名前がつけられていますが

少ない記事数で稼ぐために狙うべきキーワードはニッチで需要があるキーワードです。

ニッチで需要があるキーワードを探すのは難しいイメージがありますが
やることはいたってシンプル

探す具体的な方法「知恵袋」からの「グーグルサジェスト」!!

最初に、知恵袋で作りたいブログジャンルを検索


脱毛系ブログを作るなら「脱毛」脱毛部位など

借金系なら「借金」「払えない」「支払い遅れ」などで検索します


例えばママ活サイトを作ると仮定した場合、【ママ活サイトを作ることはおすすめしません!!!】

知恵袋の検索窓に「ママ活」と入力
ママ活に対する質問がズラッと出てきます

画像3

この質問の中から
「ママ活したい」系の質問を探します。

この場合なら


「ママ活ってどうやって相手を見つければいいのですか??」

という質問があります。
ここで見るのは質問の公開日と閲覧数です。

画像4

この質問は公開日はそんなに昔じゃないし閲覧数もあるので需要があると過程します。

同じ手順でよさそうな質問をいくつかピックアップ

また、知恵袋のサジェストも使えます。

画像5

ママ活のサジェストはなかったので

仮に「借金」で検索しようとするとサジェストに

借金地獄

借金返済

借金生活

が出てくるので「借金地獄」の質問が多いことがわかります。

画像6

「借金地獄」で1サイト作っても良さそうです。


次はグーグルサジェストで検索

「ママ活ってどうやって相手を見つければいいのですか??」
の場合は
「ママ活 相手」で検索します。


「ママ活 相手」はサジェストに出てきませんが、出てこないキーワードでも知恵袋の質問で閲覧数を見て需要がありそうなら私は記事を書きます


確実にサジェストに出てくるキーワードで記事を書く場合は、

出てこなかったキーワードの類似性のあるキーワードで再検索します。

グーグルサジェストに「ママ活募集」と入力


画像7

さらにそこから相場を検索

画像8

大阪など地域が出てきました。


これらのキーワードをクリック検索し知恵袋が1ページ目にあるかどうかとライバルチェックをしていけそうなら記事ネタ候補にします。

この作業はツールに頼らず目で見て確認したほうが確実です。


他のキーワードでも探してみます。「ママ活相場」をクリックして
スクロールすると

画像9

ママ活 実態
ママ活 アプリおすすめ
ママ活 バイト

など出てきます。


探し方はグーグルサジェスト・知恵袋どちらが先でも大丈夫です。また、グーグルサジェストだけでなくヤフーの虫眼鏡もチェックしてみてください。

説明するのに「ママ活」を使用していますが、自分の作りたいジャンルのキーワードで検索してください。探し方は同じです。

ただ、ジャンルは「稼げる系」と言われてるジャンルの方が稼ぎやすいのは確かです。

この探し方はVOD系とも相性がいいです。※ビデオオンデマンドのこと。Huluやユーネクストをアフィリエイトする場合

知恵袋の検索窓に「動画が見れるところ」や「アニメが見れるところ」を検索します

「動画が見れるところ」で検索↓↓

画像10

画像11

画像12


「アニメが見れるところ」で検索↓↓

画像13

画像14


〇〇の動画が観れるところを探してるのがわかります。

確実に需要がある質問でありキーワードなのでこれらを参考に記事を書くと成約します。

VOD系はトレンドサイトと作り方は一緒で日々更新するのが大変ですが、この方法ならトレンドを追うことなく需要のあるニッチなキーワードを見つけることができます。

マイナーな映画やアニメをピンポイントで見たい人が一定数いるのでそこを狙います。

ニッチで需要があるキーワードというやつです。



この方法で見つけたキーワードでペラサイトを作ってもいいし、30記事くらいの小規模サイトを作ってもいいと思います。

このように知恵袋を駆使すればニッチで需要があるキーワードがジャンジャン見つかります。

キーワードの選定が終わったら今度はそのキーワードを入れ込んだ集客記事を作ります。

上位表示を狙う!キーワードを盛り込んだ集客記事の作り方


選定したキーワードを盛り込んだ記事を作ります。

上位表示させたい選んだキーワードで検索して
1ページ目から上位15くらいまでのページに目を通してください

そこから記事に使えそうな見出しを約10個ほど抜き出します。(10個の見出し全て使わなくてもいいです)

見出しの部分に上位表示させたいキーワードを入れて書き換えます。

【例】上位表示させたいキーワードが「ママ活 募集 大阪」だとしたら
見出し6個くらいには「ママ活 募集 大阪」を入れるようにします。



抜き出した見出しの一つが「大阪でツイッターを使ってママ活募集している人の様子」

だとしたら、ちょっと変えて「大阪でママ活募集ツイッターでもできる?」にリライト

見出しに沿った記事を書きます。

一つの見出しの例ですが、10見出し全部同じ要領で作る


全ての見出しにキーワードを入れると不自然になってしまうので
約5割~7割くらいに入れるように留めてください。

見出しが決まれば記事の8割はできたも同然!

他のサイトから抜き出した見出しをリライトしたら

・結論

・リード文

・原因・解決策提示

(詳細分ける場合は見出しを入れる)

・まとめ

多少前後してもいいですが、ざっくりとこの型にはめて記事を作成

見出しを元に記事に使えそうな文章をコピペしてきて自分なりの言葉でリライトしてもいいです。

文章全体に上位表示させたいキーワードをさりげなく盛り込みます。
私は300~500字に1キーワード入れています。

キーワードを意識せず記事を作って、後からキーワードを散りばめてもOKです。


また、文字数稼ぎにツイッターのつぶやきを記事に埋め込むのもおすすめです。

ツイッターのつぶやきは思わぬ共起語が拾えたり、キーワードが見つかったりするのでツイッターをやってない人はアカウントを作ってつぶやきの埋め込みを活用してください。



集客記事と成約記事の割合は

集客記事8対成約ページ2の割合で作るといいです。

集客記事から成約記事へリンクの貼り付けを忘れずにするようにします。

広告によっては記事下に固定表示するのもあり

また集客記事は多いに越したことはありませんが、万が一

飛んでしまったときリスクも大きいので50記事くらいまでに留めたほうが無難です。

ニッチなキーワードで記事を20~30記事くらい書き溜めたら

次は成約させるページを作ります。

成約ページの具体的な作り方

キラーページとか成約ページとか呼ばれるアレです。

作りたてのブログがランキング記事を作っても
上位表示することはまずムリですが、

スモールワードで集めた人を成約ページに飛ばすことを目的として作ります。

成約ページを作ってサイドバーにリンクを張り、集客記事から内部リンクで繋げて成約ページに飛ばします。

【6つでわかる成約ページの書き方】

1 上位表示を狙わない!悩みを解決するタイトル付け
【例】ママ活サイトを作る場合

※実際にママ活サイトを作ることはおすすめしません!

「ママ活募集するならシルクが良い8つの理由」

「セレブと出会いたい!ママ活アプリはこの2つです」

タイトルで悩みの解決をしつつ商標を入れる。

もしくはその人の願望を入れる。


リード文と呼ばれる出だしの部分でその人が抱えてる問題や願望を羅列します。
羅列したものをうまく文章にしてもいいです。


2 売りたい広告を2つか3つ入れる

広告はテキストリンクでも画像+リンクでも大丈夫です。

広告は多くても3つくらいまでにしてください。


3 広告のデメリットとメリットを書く

広告1つ紹介したら
その下にデメリットとメリットを書きます。

デメリットを書く理由は「信用してもらうため」です
メリットばかり書いても信用してもらえないのでデメリットもしっかり書きます。

順番はデメリットが先でメリットが後

最初にデメリットを書いた後、それをカバーするようにメリットを書きます。
デメリットをカバーしつつメリットへ以降。
そしてメリットの羅列


4 どんな人におすすめかをしっかり書く。

紹介している広告がどんな人におすすめかを書くことによって、1文でもその人に刺さるものがあれば成約する確率がグッと上がります。

あなたがこのnoteを読んでいるということは
何かしら刺さる1文があったからではないでしょうか?


5 記事後半はアフィリエイト広告の登録でまとめる
この悩みを解決するならココですよ!と分かりやすく訴求します。

【例】セレブのママと出会うならシルク一択です。

何故なら〇〇〇〇、、、。

6 明るい未来を想像させる。

最後に広告に入会するとこんな良いことがあなたを待ってるよと示してあげます。

ママ活であれば、豪華な食事画像とか載せてもいいですね。

成約ページはブログの到達点にするように作るのが基本ですが、
私は成約ページにも集客記事へのリンクを貼っています。

ですが、集客記事の中にも成約ページのリンクを貼ってるので
結局は成約ページに戻って来るようにしています。


成約ページがうまく作れないよって人は
他のサイトのランキング記事や成約ページを参考に作ってみてください。

他サイトの成約ページをコピペしてリライトして作るのもおすすめです。


リライト不足だとコピペコンテンツ扱いされてしまうので
うまくリライトできない場合は外注でリライトを頼むか、成約ページだけnoindexしてもいいかもしれません。


ランキングじゃなくても成約させるページは比較記事でもいいです。

ここで一つポイント!

成約ページの広告は多すぎてはダメ。

例えば、上位表示されててよく見かけるランキング記事「〇〇アプリおすすめ15選」とか
「おすすめサプリベスト20」とかあると思いますが、これは広告が多すぎます。

たくさん稼ぎたくて広告を羅列したい気持ちはわかりますが、それをやってしまうと逆効果


上位表示されてるランキング系記事は「上位表示を狙う為の記事」であり私たちが作る成約させるページではありません

おすすめが多すぎると人は迷ってしまいます。

おすすめが多すぎるとどうなるか?
「おすすめの中のおすすめはどれよ?」ってことになってしまうんですね。

いくら順位付けされていても迷ってしまう。

迷うと人は去ってしまいます。

なので迷わせないように、なるべくおすすめは2~3個がベスト
極論1つでもいいかもしれません。

上位表示を狙ってだらだら長く広告が無数に羅列されただけの成約ページは作らないこと。迷わせないこと。

あくまで「成約させるページ」を作る!上位表示とか狙わないで作るのがコツです。

少ない記事で稼ぐサイトを作るコツは集客記事を強くすることにある

ランキングページ(成約ページ)を作ったら、基本的に成約ページを上位表示させるために内部リンクや被リンクをあてたりしますよね?

記事数のある大きなサイトならそれで良いのですが、

少ない記事で稼ぐサイトは成約ページではなく集客ページを上位表示させるために力を注いでください。

画像17


例えば記事数が5記事あった場合、5記事の中でPV数が伸びてきている記事をさらに上位表示させるために被リンクをあてます。

どうやって伸びてきている集客記事を上位表示させるか?

伸びてきている集客記事の上位表示を狙うには

・知恵袋で質問を装って集客記事へのリンクを張り付ける。

・追記をして伸びてきている集客記事のブラッシュアップをする

・PV数が少ない記事から内部リンクを送る

一番おすすめの方法はココナラで記事からの自然な被リンクを買う方法です。

画像18

・ココナラで「あなたのブログ記事紹介します。」という人に頼んで自然な被リンクをもらう。←一番おすすめの方法!私はよくココナラを利用して記事からの自然な被リンクをもらってます。

サイト作って被リンクの為のブログも作ってなんてやっていたら時間がいくらあっても足りませんから、ココナラで記事からの自然な被リンクを買ったほうが早いです。

サイトが出来上がるまでの期間は約1か月。

1日1記事、30日で30記事のミニサイトが出来ます。

新規ドメインで作った場合、記事が昇ってくるまで時間がかかりますが、良質の中古ドメインを使えばもっと早く記事が上位表示することもあります。ですが中古ドメインを使ったからといって必ずしも早く上位表示するとは限らないので

中古ドメインを使うか新規ドメインを使うかは自己判断にお任せします。

そして、上位表示するようになった記事からPV数の少ない記事へ内部リンクと成約ページへのリンクを仕込みます。

これでミニサイトの完成です。



少ない記事で稼ぐサイトを作る方法まとめ


少ない記事で稼ぐサイトを作る4つのコツ

1 稼げるジャンル選び
2 稼げる広告1~3個
3 稼げるニッチで需要のあるキーワード選定

4 集客記事を強くする!成約ページの上位表示は狙わない!

この4点を攻略できるかどうかです。


これさえわかればどんなジャンルのサイトも作れるので応用していろいろなジャンルでサイトを作ってみてください。

稼げるジャンルやサイトがわかればそれを横展開していくとさらに稼げます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

メインブログ→ https://tubamefreebook.com/







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
こんにちは。つばめです。日々アフィリを楽しんでいます。 ブログはこれです。このブログではほとんどアフィリしてません。https://tubamefreebook.com/