見出し画像

初心者にもおすすめ!レッスン動画制作に使える無料動画編集ソフト3選

現在の日本ではコロナ禍の影響もあり、多くの習い事のオンライン化が進んでいます。

オンラインレッスンは大きく分けて、ビデオ通話などで会話をしながらリアルタイムで行う生放送形式でのレッスンと、動画を購入して視聴をする動画視聴形式でのレッスンがあります。

生放送形式でのレッスンも人気ですが、動画視聴形式の場合、先生は時間を調整する必要がなく、一度動画を作成するとずっと収益を上げらえる可能性があるという利点があり、生徒側もいつでもどこでもレッスンを受講できるので学びやすいというメリットがあります。

そこでこの記事では、動画視聴形式のレッスンを始めたいと考えている人向けに、無料で使えるおすすめの動画編集ソフトをご紹介していきます。

記事の後半では動画編集のポイントなどもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

動画視聴形式のオンラインレッスンについて

画像1

動画視聴形式のオンラインレッスンの大きな特徴としては、生徒が動画を購入したあとはいつでもどこでも動画を視聴でき、好きなタイミングでレッスンを受講できる点が挙げられます。

さらに、生放送形式のレッスンとは違い、動画視聴形式であれば聞き逃したところや理解できなかった部分を繰り返し再生することができます。

加えて、長時間のレッスンになかなか集中できない人でも、動画視聴形式であれば少しずつレッスンを進行できるため、あまり時間のとれない人や、ゆっくりとレッスンを進めたい人からの人気も高いものとなっています。

講師側としても、一度撮影した動画を投稿してしまえばあとは生徒が購入してくれるのを待つだけですので、スケジュールを調整したり、生放送などで時間を使わなくても良いといったメリットがあります。

そのため、動画視聴形式でのオンラインレッスンはこれからオンライン上で何かを教えたい考えている人にもおすすめできるものとなっています。

初心者におすすめの無料編集ソフト3選

画像2

ここでは、無料で利用可能なおすすめの動画編集ソフトを3つご紹介していきます。

「Microsoftフォト」Windowsユーザーにおすすめ!

「Microsoftフォト」はWindows10に標準搭載されているソフトで、写真を管理・編集するだけでなく、動画を編集する機能も備わっています。

Microsoftフォトは完全無料なソフトながら、テンプレートや素材が豊富で、撮影した動画にテロップを入れたり、簡単な編集をしたりするレベルであれば問題なく利用できます。

しかしながら、細かな編集を行ったり、エフェクトなどにも凝りたい人には物足りない可能性もありますので、その際は他のソフトを試してみてください。

Windows10を利用している人であればソフトのダウンロードが必要ありませんので、ぜひお試しで編集をしてみてください。

■「Microsoftフォト」のダウンロードはこちら


「iMovie」Macユーザーにおすすめ!

iMovieはAppleが開発した動画編集ソフトで、感覚的な操作で動画編集ができる点が魅力のソフトです。

具体的には、収録した2つの動画をつなげたり、BGMを選択して流すこともドラック&ドロップで簡単に行えますので、Macユーザーであればぜひ試してほしいソフトの1つです。

また、テロップやフォントなどの一部の素材に制限はかけられていますが、本ソフトはiPhoneやiPadでの操作にも対応していますので、iPhoneを利用しているがMacを持っていない人でも安心して利用できます。

これから動画の編集を1から始める人には入門ソフトとしてiMovieは最適ですので、パソコンの購入も考えている場合は、Macを購入するのも検討してみてください。

■「iMovie」のダウンロードはこちら


「AviUtl」使いこなせばプロ並の編集に!

個人のプログラマーによって開発された動画編集ソフトである「AviUtl」は、使いこなすことができればプロ並の編集も可能なソフトの1つです。

一部の制限されている機能はありますが、そのほとんどは初心者にとっては扱うのが難しいもののため、特に影響はないと思います。

本ソフトは無料かつ本格的な機能が多く搭載されているため、使い方を解説しているサイトも多くあり、使用している人も多いため、テクニックやアドバイスを集めやすいソフトだと言えます。

初心者向けの基本的な機能だけでなく、慣れてきた人向けの機能も備えていることから、長期的に使うことも考慮すると非常におすすめの動画編集ソフトになっていますので、ぜひ一度試してみてください。

■「AviUtl」のダウンロードはこちら
http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

動画編集のポイント

画像3

ここでは、動画販売のコツに加えて、動画販売形式レッスンにおける動画編集の重要性や、動画編集がどうしてもできない人向けの解決策も解説していきます。

動画編集のコツ

動画編集のコツとしては、最初から細部にわたるまでこだわったプロ並みの編集を目指すのではなく、テロップを入れたり、BGMやSEを入れるなど簡単な編集から挑戦をしてみるのがおすすめです。

また、うまく話せていない部分や不要だと感じた時間はカット編集をして、受講者がストレスなく視聴できる動画作りを目指しましょう。

もちろん、編集に慣れてきたのであればテロップの入れ方に工夫を凝らしてみたり、強調したい部分にエフェクトを入れたりして、より良い動画作りに挑戦してみてください。

動画レッスンでの編集の重要性

オンラインレッスンでは、まったく編集のされていない動画だと、受講した生徒が動画を視聴することにストレスを感じたり、飽きたりしてしまいやすいので、動画視聴形式のレッスンにおいて動画編集は必須だと言っても過言ではありません。

カット編集やテロップを入れるレベルの編集だけでもじゅうぶんですので、できるだけ動画編集をした上で動画を販売するように心がけましょう。

動画編集ができない場合は依頼するのも1つの手

動画の収録はできたとしても、編集をするための機材がなかったり、編集をする時間がない人もいるはずです。

さらに、動画の編集がどうしてもうまくいかなかったり、動画編集をする時間を動画収録に使いたいと考えたりしている人もいることでしょう。

そんなときには、動画編集を知人に頼んだり、SNSで募集をかけて動画編集を第三者に依頼するのも1つの手です。
ココナラやランサーズ、クラウドワークスといったプラットフォーム上にも動画編集を請け負ってくれる多くのフリーランサーの人がいます。

もちろん、作業内容に応じて報酬を渡す必要はありますが、その間に新たな動画を収録することも可能ですので、時間を有効活用することができるでしょう。

動画編集に抵抗がある人や、できるだけ編集をしたくないと考えている人は動画編集を外注することも検討してみてください。

まとめ

ここまで、無料で使える初心者にもおすすめの動画編集ソフトや、動画編集のポイントなどをご紹介してきました。

この記事でご紹介した動画編集ソフト以外にもたくさんの動画編集ソフトが存在していますので、自分に合った編集ソフトを見つけられるようにどんどん試してみてください。

もし、どのように編集をしていいかわからない場合は、ほかの人が販売している動画を視聴してみたり、動画投稿サービスであるYouTubeなどで多くの再生数を獲得している動画をチェックしてみましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
オンライン教室の開設・運営のためのオール・イン・ワンWebツール「coperi」(https://coperi.app )の公式アカウント。「教える」に役立つ情報やcoperiの機能や開発状況について投稿します。Twitter、Instagramでも@coperiappで発信中!