ポジショニングマップでコンテンツを最適化

サイトがターゲットとするユーザーの傾向とコンテンツ体系がマッチしているのかをポジショニングマップを使って検証することができます。

古いサイトをリニューアルする際、既存のコンテンツはもったいないからとそのまま体裁だけ直して存続させることは普通にあります。
しかし、そのコンテンツ群は本当に必要なコンテンツなのでしょうか?
企業がターゲットとするユーザーに最適なコンテンツが揃っていれば、コンテンツマーケティングによって集客を増大させることができますが、そもそもユーザーに最適化されてないネガティブイメージを作ってしまうようなコンテンツは、温存することで離脱や直帰を増やし、ブランド価値をそこねかねない元凶になるからです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

東京以外で開催するUIデザインセミナー開催のための資金に、役立てたいと思います!

お!ありがとうございます〜。励みになります!
1
「だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる」著者。電通アイソバー株式会社にて、大手企業Webサイト構築やリニューアルの中心メンバーとして多数参画。東京神田をはじめ、大阪・福岡・名古屋・札幌にてUIデザインセミナーを開催!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。