見出し画像

★型にはまらない生き方、仕事の価値。

手段がいつのまにか目的化している今の社会。
このことを、麹町中学校の教育現場から変えていく取り組み。
単に仕組みを変えるのではなく、「将来に必要なことを「自分で考える」ことによって、社会に出た自分の生き方が変わると力説していた。

我々はWEBを制作する過程で、
必ずと言って良いほどクライアントや上司からKPIを求められる。
しかしそのKPIにゴールはなく目的もない。

単にレポーティングがしやすい数字としての「結果」だけが求められているのが現実。そして、多くの人が、そのことを普通だと思っている。

KPIは目的や目標を達成したかを定量的に計るための指標に過ぎないにも拘わらず、そこに固執し、それでしか価値を計ってもらえない。
この蔓延した「誤った考え方」が、WEBの性能を悪くし、WEBが会社の戦略を反映できず、ゆがんだ結果を生み出す。

WEBは単に「人が来れば良い」のではない。
なぜ、人を集め、注目される存在でなければならないのか?
WEBとしての存在意義と存在価値が必ずあって、それは、企業の事業にひも付く戦略のひとつであるはずだ。
ECサイトのように、売上をあげることが求められるWEBであっても、その商品を売ることを通して、企業の信頼や企業への好感度を上げることに、販売を通してやるべきコトもあるわけで、コーポレートアイデンティティという壮大なプロジェクトの一部であることを、WEBクリエイターのひとりひとりがよく理解してこそ、クライアントも含めた全体の意識がかわっていくのだと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

東京以外で開催するUIデザインセミナー開催のための資金に、役立てたいと思います!

ありがとうございます!心のモチベーションが高まります(^_^)/
6
「だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる」著者。電通アイソバー株式会社にて、大手企業Webサイト構築やリニューアルの中心メンバーとして多数参画。東京神田をはじめ、大阪・福岡・名古屋・札幌にてUIデザインセミナーを開催!