見出し画像

★消費者との接触機会にWebが果たす大きなチカラ

特に消費者との接触機会が多い、食品、生活用品、旅行・娯楽、衣料・ファッションなどは、ブランドが目指す消費者とのかかわり方を、Webという仮想のステージ上でイメージとしてユーザー(消費者)に擦り込み、感情変容をもたらし、ブランドとしての価値を上げていく。
その意味で、Webを軽んじる経営方針の会社に未来はないと断言して良い!

ウェブサイト「掲載情報好感度」ランキング、3位USJ、2位花王…

今回はDIAMOND online(有料コンテンツ)11月7日の記事他から、Webサイト嘉一ランキングの掲載情報好感度、情報価値、総合ランキングについてです。

企業のマーケティングにおいてもっとも消費者に近いメディア

ブランドを構成する最大のツールは、実態と商品やサービスそのものであることは間違いないものの、それは実際に購買をした人の話。
体験、購入をしていない人へのブランド訴求は、4マス媒体が主体だったのは昔の話で、現在は、その多くをWebが担っていると言って良い。
何かが欲しい、何かを買いたい、どこかへ行きたい、アレを見たい。あらゆる消費者の欲求において、もっともカンタンにもっとも最短の時間で、それをイメージとして体験できるのがWebなのである。
だから、体験や購入をする前に、いち早くそれを体験し、それにSympathyを感じ、それを欲しいと思うきっかけを作るWebは、企業ブランディングには欠かせないし、マーケティング活動の出口戦略(購買・体験などのコンバージョンに繋げるアンカー)として、企業は力を入れるべきメディアなのである。

Webを疎かにする企業は市場に評価されなくなる

ウェブサイト価値ランキング2019に取り合えげられた上位の各企業は、その点を踏まえて、どんなユーザーに、どんな目的とどんなゴールを、疑似体験を通してどう演出し、どんな価値をもたらすのかを真剣に考えた結果だ。

特に消費者との接触機会が多い、食品、生活用品、旅行・娯楽、衣料・ファッションなどは、ブランドが目指す消費者とのかかわり方を、Webという仮想のステージ上でイメージとしてユーザー(消費者)に擦り込み、感情変容をもたらし、ブランドとしての価値を上げていく。
その意味で、Webを軽んじる経営方針の会社に未来はないと断言して良い!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

東京以外で開催するUIデザインセミナー開催のための資金に、役立てたいと思います!

お!ありがとうございます〜。励みになります!
3
「だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる」著者。電通アイソバー株式会社にて、大手企業Webサイト構築やリニューアルの中心メンバーとして多数参画。東京神田をはじめ、大阪・福岡・名古屋・札幌にてUIデザインセミナーを開催!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。