お題

#私のハンドメイドストーリー

新着の記事一覧

個展 #息嘯 ありがとうございました!

大変遅くなりましたが、紫闇 個展 息嘯、無事に終了致しました! 写真、動画、たくさん撮りましたので、ぜひこちらをご覧くださいね。 大好きなアナムネさんで初めての個展ができたこと、本当に幸せでした。 狙って来てくださった方も、偶然お会いできた方も、みんなみんな優しくて、ああ世界って思っていたより怖いところじゃないんだなって、思えました。 わたしは人より孤独を好む人間で、 黙々とアクセサリーを作ること、コーヒーを淹れること、誰もいない喫煙所で煙草を喫うこと、本を読むこと、

スキ
1

私がミシンを始めたきっかけ

こんにちは! ソーイングスクエア管理人です。 本日は、ミシンソーイングにはまるきっかけについて。 よく耳にするのは、お子さんの入園・入学をきっかけに小物を作ってみたら、そこからミシンにはまってしまったというかた。 なかには子ども服や小物の販売までするようになったという方も。 また最近ではコロナ禍でマスクを作るためにミシンを始めたら、楽しくてマスクを何十枚も縫っては周りの方にプレゼントされているというかたもいらっしゃいました。 他にもペットのわんちゃんのお洋服を手作りし

スキ
5

2022.05.11

ミシンに向かう オーダー品の布が届いたので、今日は水通ししてから縫製作業へ。 布が届くとワクワクします。 ひとつひとつ作り上げてから、次のものを作るので、量産できないワタシです。裁断だけはまとめてしますが、縫製するのは完成してからでないと次のものを作れません。 他人に言わせれば要領良くない…かもしれません。 ひとつずつ作るのは、それぞれ作り上げるものに個性がでるから。 昨日のnoteの言葉を引用すれば、『作る過程で、物語がある』から、途中でやめるわけにはいかないので、要

【編み物】クマンヌ(ぬいぐるみ)の服

友人の娘さんが幼い頃に可愛がっていたクマのぬいぐるみに着てもらうためのお洋服を編みました。なんとこのクマさん、高級ブランド アニオナのカシミア クマさんなんですよ。。 ●ちょっと高級感のある子供服みたいにしたい! どんな服がいいかなー?と、考え始めた瞬間からイメージが広がり、海外の子供服のパターンを探しました。 糸は、ブランケットを編んでいる糸が多めに余っていたので、それを使うことに。通年で着られる糸が良いなと思ったので、このアルパカとコットンの混紡はちょうど良い糸でした

スキ
2

『これが…こぉなりました | ハンドメイド作家の日常』 https://ameblo.jp/ariminafi/entry-12742801249.html

スキ
1

ハンドメイドで売れたかっただけなのに…

ハンドメイド作家として売れるようになりたくて、ビジネスを勉強しだした私。 勉強していくうち、ただ売れたかっただけなのに… という話。 前回は 自分の得意で稼ぎたくて 色々と資格を取り ハンドメイド販売に至った、 という所までお話しました。 第1話はコチラ ========================= ガラスの心臓だった私は 自分の作ったものが売れるなんて思えなく 最初はリサーチで ハンドメイドアクセサリーを売っている作家さんから、随分と色々と購入させてもらい

スキ
1

久しぶりに・・・

気が付いたらまた一年放置してしまっていました。 読み返してみたら 色々なことをやったようで、なにも進歩していなく笑ってしまいました^^ 気持ちを切り替えてここからは私のhistoryではなく・・・笑 いつか誰かに、ちょこっとでもなにかに引っかかるような(なんだそれ。。。) そんな投稿をしていきたいとおもいます^^ よろしくお願いいたします。

ハンドメイドで環境へのアプローチ

こんばんは! 今日もいいお天気でしたね。 一日中いろんなとこ掃除したり洗濯したり、窓開けっぱなしにして換気しまくったりで、なんか大掃除みたいな1日を過ごしました!笑 で、ついでに今日ようやくちゃんと春夏服に完全に衣替えをしたのですが、着る服着ない服を選別している時に、やっぱり普段よく着る服、回数はそんなに着ないけどお気に入りの服は変わらないことに気がつきました。 前職がアパレル販売員だったこともあり、かなりの数の服を持っていたのですが、在庫がなくなると店頭で着れなくなるル

スキ
3

ユイじょり編みコレクション(2022春)

「毎日が糸まみれ」でおなじみのユイじょりです、こんばんは。 そう、珍しくまだ続いているのだ、編みブーム。 昨年末、ひょんなことから始めてみたら、糸と棒だけで面(しかもいろんなモチーフ付き!)ができるという過程が面白すぎて、赤い実はじけちゃいまして。 その後とにかく短期間でドリルで掘って掘りまくって、時間ができればどこでも編み、夢で編みイメージが出てくるほど生活の一部になった編み物。編むことは生きること、といっても過言ではない。 私の変態的な編み狂いぶりは、過去のこのあた

スキ
47