お題

#眠れない夜に

夢のような話、目を閉じるのが怖くなる怖い話……。夜に読んでほしい物語を投稿ください! 詳しくはこちら

イマダニ コレガ ワカラナイ。
+3

イマダニ コレガ ワカラナイ。

「うわぁぁー!!」リアルにこんな声が出た。 弟(46歳)と週末ウォーキングでの事だ。 何が起こったって、私は夜の川沿いの遊歩道で盛大に転けたのだ。 転んだ瞬間、昔の事を思い出した。 小さい頃、母と手を繋いでいると、転けそうになる度に手をグイッと引き上げられ「ちゃんと下を見なさい!」と怒られた。 そして言われた通り下を見て歩いていると、外に置いてある看板にぶつかりそうになり今度は「ちゃんと前を見なさい!」と怒られた。 「前と下どっち見て歩いたらいいのー?!」だ。 私的

スキ
1
ある夜  雑誌編集者A
+2

ある夜 雑誌編集者A

これは私が24歳の時に過ごした、ある夜の出来事をそのまま書いただけのどこにでもある平凡な話。 その方からは突然電話が来た。 「〇〇の編集者の者ですが、今東京から取材に来ていてあなたを紹介されたので時間が合えば一度会えたらと思いまして。お仕事の話も。」と。 私たちは夜の20:00にバルで待ち合わせた。 私が先に店に着き待っていると、 髭の生えた男性が来た。 Tシャツと動きやすそうな黒いパンツで くしゃくしゃの薄いコートを羽織っていた。 記憶では年齢は41、2だった気がする

スキ
1
この世に道徳があるのなら
なぜ人は争うのだろう
この世に良識があるのなら
何故人は残酷になるのだろう

清く生きても
いずれ汚れる
正しく生きても
いつか喰われる

三つの毒を薬として
七つの宝石で己を飾れ
誰かに汚され喰われる前に

この世に道徳があるのなら なぜ人は争うのだろう この世に良識があるのなら 何故人は残酷になるのだろう 清く生きても いずれ汚れる 正しく生きても いつか喰われる 三つの毒を薬として 七つの宝石で己を飾れ 誰かに汚され喰われる前に

スキ
1
私なりの泳ぎ方

私なりの泳ぎ方

生きている意味を問うほど傲慢ではないし、自ら命を絶つことができるほど思い切りも良くない。 今私はコンビニの駐車場で、どうでもいいセブンの惣菜を、何も考えず、何も感じずに食みながらこの文章を打っている。 思いのままに文章を書くことを美としている輩がいるけれど、私はそうは思わない上に美しく整った文章の方が好きなので、そういう文章を書けるように努めている。力は及んでいないかもしれないが。 突然だけれど、私は生きる上で希望というものがまるでない。希望の定義は分からないけれど、たと

宇宙でいちばんあかるい屋根

宇宙でいちばんあかるい屋根

お久しぶりです😌 今日は、私が最近見た邦画の中で1番すきな作品を紹介します! 『宇宙でいちばんあかるい屋根』という、藤井道人監督の作品です。 まずはあらすじを簡単に、、。 色々な思春期の悩みを抱える14歳の少女つばめ(清原伽耶さん)が、書道教室の屋上で不思議な老婆、星ばあ(桃井かおりさん)に出会います。 初めは自由きままな星ばあが苦手でしたが、少しずつ心を開いていき、いつしかつばめの心の拠り所になっていくのです。 この映画は映像がとにかく綺麗で、絵本を読んでいるよう

スキ
2
【小説】5月11日 鴉天狗のお嬢様【明石京子は今日も妖に会う。】

【小説】5月11日 鴉天狗のお嬢様【明石京子は今日も妖に会う。】

5月11日。 私の名前は明石京子。都内の大学に通う大学生だ。 今日は午後からの教授の手伝い以外はすることがない。 まだ午前中だが早めに大学へ行って学食で昼ごはんでも食べようと家を出発し、のんびりいつもの川辺を歩いていた。 うーん、今日は萃華はいないか。 私が顔を出すと日中はたいてい川辺にいる河童の友人の姿は今日はない。 私の住むアパートもこの川沿いにあるので、萃華はいわばお隣さんの様なものだ。何人か増えた妖怪の知人友人の中でも遭遇率は一番高かった。 ま、そういう

スキ
2
「障害のある人にとって申請は簡単じゃない」生活保護をあきらめたホームレス男性の実情

「障害のある人にとって申請は簡単じゃない」生活保護をあきらめたホームレス男性の実情

「今、直視してもらいたいことがある。――君が生きていく日本社会は、格差という地雷に埋め尽くされている」 ノンフィクション作家である石井光太さんは、貧困や児童虐待など、さまざまな社会問題の現場に足を運んできました。最前線で取材を重ねる石井さんは「大半の人たちは自分が生きてきた世界、あるいはそれに近い世界しか知らず、それ以外は想像さえできないのだと、つくづく感じる」と語ります。 いまの日本社会では、人々の尊厳が損なわれている様子を「自己責任」という言葉で切り捨ててしまうことが

【SS】電動アシスト

【SS】電動アシスト

「電動アシスト自転車が楽らしいよ」  とことあるごとに言っていた。もうすぐ誕生日だからである。  ひょっとして、と期待していたのだが、妻はにやりと笑って、 「予算オーバー」  と言った。  まあ、6、7万円はするからなあ。ちょっと高いよなあ。  誕生日当日、 「で、これ」  と妻がくれたのが、電動アシスト靴である。  青い色のスニーカー。  一足2万円だそうだ。高いといえば高いし、お手頃といえばお手頃である。  履いてみた。ずしりと重い。  バッテリーがついているのだから当然

スキ
4
世界を憐れみながら、音とあそぶ。
+1

世界を憐れみながら、音とあそぶ。

こんにちは🌿totoです。 みなさんお元気でしょうか? totoは、全身が鉛のように思い1日でした、、 特に思い当たる節がないので、 そういう日なんだ。と、心に収めました。 さて、今日は前回の「音に抱きしめられる。」の続き。 totoの好きな曲紹介の第2段です🗽 今回紹介するアーティストは、 totoが中学生の頃に出会った、音楽の父です🔭 第2段アーティスト🍐「星野源」 現代のJ-POPを新たな切り口で攻める、 新鮮で洗練されたサウンド、遊び心くすぐる彼

スキ
3
著書の宣伝です

著書の宣伝です

今から24時間『彩の無い天使』amazon kindleにて無料でダウンロード頂けます。読んで頂けたら嬉しいです🙇kindleアプリも無料です。 レビューがまだなくて、さみしい感じなのです😅 あらすじを書くのが滅法苦手でして、内容を上手く説明できないのですが、Twitterでコメント頂いて気付きました。ドキドキ展開ものです✨

スキ
30