このコンテストは終了しました。
お題

#創作にドラマあり

with Unity Japan

何を食べるか 12月3日

 食べ物をテーマにしようとすると、食べ物そのものをどうするか考えてしまう。けど、創作講座の作品を改めて読んでいると、その食べ物を食べるまでの過程とか道筋みたいなものも必要だとわかる。ディストピアという世界観も提示されているわけだから、そこで食べられているものってなんだろうって考えている。もう金曜日だけど。うーんとにかく考える。仕事で疲れてポテチをやけ食いするくせがあるけど、これもあるいみディストピア飯?なんて。『ODDTAXI』を観た。見れば見るほど引き込まれていく感じがいい

ぐっとくる言葉 12月1日

 今週末〆切なんだけども、ディストピア飯について考えてる。創作講座で食べたくなる話をテーマで考えた梗概は、『5G』で扱えたからよかったけど、美味しさを表す言葉について考えられてなくて色々もう一度振り返ってる。講座のメモに、「この世の常識を導入したSFは失敗する」とあってヒヤリとする。美味しさの表現として『ふわとろ』を積んでたのでこの機会に読んでる。広告業では美味しさを伝達する言葉についてかなり研究されているよう。マシマシとか、シズルワードを、ファミリーマートは意識して使ってる

スキ
3

他人に読んでもらえるようになった

「noteでよかったこと」は、不特定多数の方に小説を読んでもらえたことだ。 投稿サイトの中でも、リターンが突出して多い。 そして、小説を何本も並行して書いている自分としては、手軽に投稿できるインターフェイスもありがたく、秀逸である。 小説投稿サイトを標榜するところでは、たいてあらすじとか、表紙、細かいカテゴリー分け、章立てなどとても煩雑になっている。 だがnoteはとてもシンプルだ。 更新も簡単である。 そして、読者がスキをしたり、フォローしたり、コメントしたりす

スキ
11

切り替えスイッチ。

こんにちは。今日の朝はすごい暴風雨でしたね。 窓に打たれる雨風、空はまだ暗くて、登下校をする子供達が心配になりました。 今は、お客様からのオーダー品2点と、年明けにあるギャラリーでの企画展に2点新作を出すのでその制作に追われています。その合間に試作で色々アート作品を作ってみたり、試作はほぼ実験的なアートなので良いとか悪いとかなくただ黙々と思いついた事をアートにしてみている感じです。 久しぶりにアトリエを自分の思うように使えるようになったので、自分の気ままな時間としてアトリ

スキ
12

たじろぐ毎日 11/30

 ジェンダーSFなんとかかけて、ちょっとハイになっている。でも当日に提出するの本当にやめたい。勢いで出してしまっていると粗くなるし、落ち着いて見返す余裕があればきっと何か浮かぶはずだから。でも落ちても悔いがない。すぐnoteにのっける。今日は無理矢理半休とって、実家に返って読書会で読む『折りたたみ北京』と、『金閣寺』と『美しい星』を手に入れに戻った。けれど『金閣寺』はすでに自宅にあって、『美しい星』は持ってなかった。映画を旦那と付き合いたてのころに一緒にみてたじろいだのを覚え

スキ
5

【疲れちゃう】ドラマ嫌いの心理

私は、他人の出来事や気持ちを他人事として受け止めることが出来ない。 感受性が強く、その物語や登場人物に強く入り込んでしまう。自分の過去や今の苦い経験と重ねてしまうことも多い。 それに私は、現実世界だけで喜怒哀楽が十分に満たされてるんだと思う。十分満足(疲弊)している。 だから、ドラマを観ているととても疲れる。 あと、その作品にのめり込んだり、楽しい面白いと思ったり、感動したり。 こういうのって作品の質だけではなく、自分自身のコンディションによるものも大きいと思う。

スキ
5

徒然 11/29

 明日〆切故に、内容的に折り返しで、やりたいことはしっかり書き切りたい。今日は頑張る。ジェンダーSFをきっかけに手に取った本はすべて、読んでよかった。韓国短編集の『私のおばあちゃんへ』は、テーマの「おばあちゃん」を考える上でどんなものを描くか自分の中のおばあちゃん像をはっきりとさせることができた。特にソン・ボミの「偉大なる遺産」が好き。パット・ムーア『変装』も、老婆に変装してその世界を見るというノンフィクションも強烈で面白かった。思えば、北國浩二『夏の魔法』が好きだった。あの

スキ
6

機動戦士ガンダム 最後の天馬 揚陸艦グリフォン②

エアロックから乗り移った「DAI-TOWN 3」のエントランスゾーンで、グリーンのユニフォームがよく似合う女性スタッフに案内されながら、少女は人工重力ブロックに連れて行かれた。  1Gという重力が体に戻ってくる瞬間は、紙1枚の重ささえ感じられるというが、訓練を積み重ねずにこれを体験するのは気持ちの悪いものだ。実際少女は、シャトルで打ち上げられてから軽い船酔いを起こしていた。  無口になっていたのはそのせいかもしれない。しかし今日からは、この0Gと1Gの空間を自分のものにしてい

徒然 11/28

 創作講座や文学フリマも終わって何を次書こうかと考える。ジェンダーSFはギリギリまで考えてる。12月締め切りの課題やディストピア飯も書きたいし、民話の二次創作も書きたい。色々と書きたいものがあるけれど、書いてみないとわからないことが多くて読んでいるだけではわからないことに気付かされるから、多分これからも細々と書いていく。読んでも読んでも飽きないし、ずっと読んでたいと思うのは、ある意味得意なのだし、好きなのだ。書く方はまだまだだけども、書く時の頭のじっくりと切り替わる感じを覚え

+4

新たな宿題は・・・英語/「クローチェ」シリーズ

ありがたいことに、 AYTURKにいろんな国から大口注文を頂けるようになってきました。 そしてね・・・今までまったく気づいておりませんでしたが、 AYTURKのホームページって・・・英語表記ないじゃん! 雰囲気で一部英語入れてましたけど、 基本&重要なところは、日本語だけ! あーーーー、すみません。 みなさん、日本語のみのサイトから 相当な苦労をしながらご注文下さってたんですね💦 文句も言わずに、苦労しならがアイテムを選択してくださってたことに、まったく気づいていなかった

スキ
3