お題

#人生を変えた出会い

新着の記事一覧

通訳をしてくれた5歳の女の子の話

数年前にジャーナリストのRico Washingtonと「We The People」というプロジェクトを共同制作した際、New Yorkの低所得者ビル通称「ハウジング・プロジェクト」に関わりのある人たちを60人以上の方を撮影させてもらった。 この写真の女の子、Ameenahはマンハッタンのプロジェクトにお母さんのNadiyahと二人暮らしだ。 彼女のお母さんは耳が聞こえないので、もっぱら二人の会話は手話である。Ameenahはそれはそれは上手に手話をあやつり、それこそお

5月21日(土)、第1344回 「心配」

「心」を 「配」る、 と書く。 日頃から、 他人様へ、 どんな心を配っているのか?、 ということです。 他人様を思い遣る、 ということ、 それは、 人間として、 とても尊い行いであり、 そのような自分自身を、 嫌いなひとなどいない。 でもね、 どれほど、 わたくしが心配したとて、 何の力にもなれんこと、 そういうことは、 世の中、 本当にたくさんある。 「心配しています」 「心配しています」 と言いながら、 自分が抱いた不安を、

自分を知ること

『ベランダでビール飲みながらぼーっとしてた  もの寂しそうな後ろ姿をずっと見てたから、  今は応援したいと思うんよ。』 3年前の私のことを指して夫が言った。笑 仕事を辞め、結婚する予定で福岡から熊本へ引越し、ふたりで暮らし始めた。いそがしさがなくなり、大切な人と過ごす時間も増え、幸せだった。 でも、心はなんだか抜け殻みたいだったあの頃。 理由はわかっていた。 そんなとき、コロナになって、SNSを通して あるウエディングプランナーさんに出会った。 当時、結婚式の想い

私は誰かで出来ている 《suzu》

私は会う人によって全く違う人間になる。 Aと会う時はテンションが高い私 Bと会う時は一切ふざけず冷静な私 Cと会う時は知的な私 Dと会う時はずっとふざけている私 Eと会う時は可愛らしい私 Fと会う時はとても強気な私 Gと会う時は... 他にもいくつかパターンはあるのだろうが、 ここで一番大事なことは、 どれも”本当の私”であるということ。 では、なぜそうなっていったのか。 あえて「そうなってしまった」とは書かない。 私はそんな私が好きである。 どれも大切で必要不

スキ
1

noteを始めて良かったこと

皆さんこんばんは 最近、暑くなってきましたが、 皆さん如何お過ごしでしょうか? 私はここ最近、腹痛が酷く悩まされています 今日は、 noteを始めて良かったことについて 話したいと思います 皆さんは noteをやっていて楽しいですか? 人それぞれ感じ方は様々ですが、 私は、 とても楽しいです noteを始めたことで、 今まで出会ったことがないような 面白い人たちと出会えましたし、 何よりも幸せです 自分が知らないような情報を たくさん知っている人たちが noteにはい

スキ
21

はじめまして!20歳がヒッチハイクで日本一周して人生が変わった話  ~自己紹介編~

はじめまして!!! ‘01生まれ、東京の大学に通う三年生です。 この度、noteを書こうと決意したのは、私が約三か月かけてヒッチハイクで日本一周を達成し、感じ考えたことを共有したいからです。そしてnoteという場をお借りして、旅の全貌をお話しすることで、お世話してくださった皆様への恩返しをしたいと考えたからです。 さらに言えば、自分の「やりたい」ことに一歩踏み出せない人の背中を後押しできれば満足です。有難いことに何かの媒体で発信して欲しいという声をいくつも頂き、私自身背

スキ
12

未来設計図[No.601]

「思い出させてくれる絵」 作品との貴重な出会い。

5月20日(金)、第1343回 「完全」

完全なる「善」はなく、 完全なる「悪」もない。 世の中を、 二極で見ようとするから、 争いが生じるのです。 何かと何かの比較の中で、 無理矢理、 自分にとっての都合がいい、 境界線を作ってみては、 どっちがどっち?、 と言っているだけです。 新たな要素が加われば、 過去の常識なんてものは、 がらーーーっと、変わる。 世の中は、 何もかもが、 グラデーションなのです。 「白」と「黒」、 そこが際立つところを示して、 「ほら、違うでしょ?」、

スキ
3

笑顔が唯一の「居場所」であり、「逃げ」だった

私はなにを言われてもへらへら笑ってしまう。 もしかしたら、 今みてくれている貴方もそんな1人なのかも。とか そんな都合のいい妄想をしてしまいます。 例えば友達との何気ない会話。 頭の中では嵐のように 言いたいことが出てくるのに。 言葉がとまらないのに。 実際に表に出てくるのは、 へらっとした「笑顔」だけ。 内心どれだけ傷ついたとしても、 「笑顔」で流して誤魔化してしまうんですよね。 でも馬鹿なことにそんな自分に 今まで全然気づかなかったんです。 だってそれが私の

こちらの記事良ければぜひ見てください!