お題

#ドラフト会議

新着の記事一覧

2022ドラフト展望~大学生投手編~

左腕が豊富だった昨年に対し、上位候補から中位までは候補が揃ってきた今年の大学生投手。 今年の目玉は矢澤 宏太(日体大)。 野手としても高い能力があり、大谷(エンゼルス)以来の二刀流起用も噂されています。そんな矢澤ですが、1位評価を受けるのは投打両方に力を発揮できる総合力と潜在能力の高さ。 中日も指名候補に挙げていますが、投手だけの能力を見ると投球の幅や球種が少なく、1年目から1軍で大活躍は難しいと見ています。 もちろん「投手で使えなければ野手で使えばいいじゃないか」という意

スキ
1

ドラフト1位は間違いなし!? 高松商・浅野翔吾に熱視線を送る2球団とは…高校ナンバーワン外野手にスカウトが大挙集結

全国のドラフト候補を紹介している「プロアマ野球研究所」。今回は高校ナンバーワン外野手が見せた地方大会、甲子園での活躍を紹介していく。 2022年7月10日 全国高校野球選手権香川大会 坂出3-14高松商(5回コールド) 2022年8月11日 全国高校野球選手権 高松商14-4佐久長聖 浅野翔吾(高松商) 3年 外野手 170cm86kg 右投両打 今年の高校生野手は外野手に好素材が多いが、中でも総合力でナンバーワンと見られているのが高松商の浅野翔吾だ。 入学直後から

スキ
4
有料
100

ベイスターズ大社内野手ドラフト展望

お断り今回の記事の中には一部の方に不快な印象を与える記述がございますことを予めお断り申し上げます。あくまで1ファンの私見ですので科学的根拠や歴史的史実に裏付けられた記述でないことをお詫びいたします。 内野手不足 2022年のシーズン途中にベイスターズは伊藤内野手を楽天にトレードで出しました。これでベイスターズの内野手は14人になりました。牧、藤田、倉本、森、柴田、粟飯原、田中、小深田、宮崎、田部、知野、山下、ソトです。育成に内野手がいない状況ですから一、二軍に振り分けると

スキ
5

もやもや解消?ベイスターズ

お断り今回の記事の中には一部の方に不快な印象を与える記述がございますことを予めお断り申し上げます。あくまで1ファンの私見ですので科学的根拠や歴史的史実に裏付けられた記述でないことをお詫びいたします。 勝率5割前後から抜け出せないから脱出か? 今シーズンのベイスターズを象徴するのが好調の7月勝率5割に乗せてこれからという時に阪神に3連敗した前半戦最後のカードでした。調子が出てきたところで連敗。勝率5割~借金5ぐらいまでの間を行ったり来たりするベイスターズ。調子がいい時に突き

スキ
8

大社右腕"6人衆"の行末:後編

こんにちは、そーすです。  前回に引き続き、今秋ドラフトの上位候補と目される6人の投手についての比較、今回は社会人投手編になります。  また、前回分と含めての総評も行いますので、前編まだ読んでないよ〜という人は是非是非そちらも読んでいただけると幸いです。それでは参りましょう! ⑤東芝・吉村貢司郎 今回まずご紹介するのは、東芝の吉村貢司郎(よしむら・こうじろう)投手です。社会人No. 1と評される右腕で、ストレートの最速は153km。常時140km後半を計測する直球と、鋭い

スキ
5

ベイスターズ浅野ドラフト1位はある?

お断り今回の記事の中には一部の方に不快な印象を与える記述がございますことを予めお断り申し上げます。あくまで1ファンの私見ですので科学的根拠や歴史的史実に裏付けられた記述でないことをお詫びいたします。 浅野翔吾とは? 浅野は高松商の主将で2022年香川県大会決勝で通算64本塁打を放ち、清原選手の記録に並びました。右投両打のスラッガーで170cmと小柄ながら86kgとがっちりした体格でMLB選手のようなスイングで強烈な本塁打を放ちます。 魅力ある外野手で2022年ドラフト1

スキ
5

スタジアムのグルメも大事

お断り今回の記事の中には一部の方に不快な印象を与える記述がございますことを予めお断り申し上げます。あくまで1ファンの私見ですので科学的根拠や歴史的史実に裏付けられた記述でないことをお詫びいたします。 野球観戦のグルメは大事野球場はグルメと関係ないと思っていませんか?MLBのドジャースタジアムのホットドッグ「ドジャー・ドッグ(The World famous Dodger Dog)」は、数多くあるアメリカの野球場で販売されているホットドッグの中で最も販売数が多く、世界で最も有

スキ
8

僕が【Ohka】を創業した理由。

○自己紹介○《PURPOSE〜創業経緯〜》
僕がOhkaを創業したのは ”野球と本気で向き合っている選手の力になりたい”
そう思ったからです。 現役引退、野球選手からビジネスマンへ 
僕自身、小学校の頃から大学・独立・社会人まで14年間ずっと本気で野球をやってきました。

下手くそだった僕は、周りに馬鹿にされるのが怖くてプロになりたいって口に出せない。 そんな選手でした。 独立リーグまでは行けたのですが、結局実力が足りなくて、プロにはなれませんでした。 
その後、独立リ

スキ
9

梶原昴希ブレイク寸前

お断り今回の記事の中には一部の方に不快な印象を与える記述がございますことを予めお断り申し上げます。あくまで1ファンの私見ですので科学的根拠や歴史的史実に裏付けられた記述でないことをお詫びいたします。 ジュニアオールスターで4安打 ベイスターズの新人・梶原がジュニアオールスターで4安打しました。これはヤクルト青木選手以来の記録だそうです。一軍でもデビュー戦で4安打。新人がデビュー戦で本塁打を放つのは球団史上3人目。新人がデビュー戦で4安打を記録するのはセ・リーグでは初めてで

スキ
6

ベールに包まれたまま”最後の夏”を終えた152キロ右腕 霞ケ浦のエース、赤羽蓮はドラフト指名されるのか?

「プロアマ野球研究所」では、地方大会で姿を消したドラフト候補について、現在の実力や将来性を分析、評価して、読者の方々にお届けしている。今回は、ベールに包まれたまま高校野球を終えた大型右腕を取り上げる。 2022年7月24日 全国高校野球選手権茨城大会 土浦日大4-0霞ケ浦 赤羽蓮(霞ケ浦) 3年 投手 189cm78kg 右投右打 先日のコラムでは、将来のドラフト候補として渡辺夏一(霞ケ浦)を取り上げたが、同じ霞ケ浦で今年の指名が期待できそうなのが、エースの赤羽蓮だ。

スキ
6
有料
100