お題

#チームだからできたこと

新着の記事一覧

カスタマーサポートが果たす役割

こんにちは!お読みくださりありがとうございます。 データクレンジングツール「Masstery」の営業をしている上杉です。 私が所属しているMasstery部では、製品自体を開発しているエンジニアや製品をお客様にご紹介している営業担当、ユーザーとなったお客様のお手伝いをするカスタマーサポート担当(以下、CS)など、様々な人が活躍しています。今回は、その中でも最も近い立場でユーザーに応対し、Massteryの価値を最大化しているCS担当についてご紹介したいと思います。 <以下

スキ
3

それはアンカーみたいな気持ちだったんだ

 「気持ちをこめて、楽しんで、大きな声でね!」満面の笑顔で6歳の長女が私の手をぎゅっと握る。「わかった!がんばってくるね!」とこれじゃあどちらが親かわからない……そんな会話を交わしたのは水曜日の夜。 仕事で大事な海外プレゼンが入って、時差の関係でどうしても夕食の時間にかかってしまうのでどうしようかと夫に相談したら、子供たちを連れて外で夕食を済ませてくるとナイスレスポンス。玄関先でエールを交換して子供たちは外食へ、私は自宅でパソコンに向かうそんなシーンだった。 ====

スキ
4

Masstery部のチームビルディング

本記事は以下のような方におすすめしたい記事です。 ・社内スタートアップで、新たに事業を始めようとされている方 ・チームビルディングに悩んでおられる方 ・Massteryのご導入を検討頂いている方 はじめにこんにちは。Masstery部の営業担当の六車です。 今、私はバケーションに来ており、長い間不在にしているのですが、(小さな組織にも関わらず)Massteryは滞りなく運営されており、改めてMasstery部っていい組織だなと感じています。 そんな私が感じた、Masster

スキ
6

「遠慮なく託す」

今年の僕はアイデアを形にし続けないといけません。 まぁなんといいますか、どえらい環境を 作ってしまったもんだと少し呆れるわけですが、 まぁ継続的に楽しそうなのでよしとしましょう。 今回は「遠慮なく託す」ということについて 書いてみます。 今年の僕のような動きは 常に何かしてないとダメです。 止まったりした時点で負けなわけです。 こういうときに陥りやすいのは 「抱え込んでパンクする」ってやつです。 抱え込むと本人としては動いているように 感じますが、意外と動けてないんです

スキ
5

「人手不足だ!」と言っている会社は、慢性的人手不足になる法則#4

前回、"助け合いサイクルの“初めの一歩”を踏み出せるかどうかがポイント"とお伝えしました。 そもそもどうして助け合いが必要なのか。特に中小企業での助け合いは必須です。 では、なぜ部署を超えた助け合いが必要なのか、今回はお伝えしたいと思います。 ちなみに、前回の記事はこちらです。↓↓↓ 信頼し合うチームをつくるチームとグループの違いは何でしょう? その違いは色々あると思いますが、そのうちの一つとして考えられるのは、 チームワークがないのがグループで、あるのがチーム そし

スキ
12

【仕事】自分の役割を決める

こんにちは、はなです。 今日は、仕事の中で「自分の役割を決める」ということについて。 これは、昔出会った人が、「チームを組んだ時には、自分で自分の役割を決めることで、よりチームとして良いパフォーマンスが出るようになるよ」というようなことを仰っていたことが最近やっと腑に落ちたので、自分の経験と照らし合わせながら書いてみたいと思います。 * * * 私は元々、「相手と同じにならなきゃ」と思いやすい性格です。 相手と同じように考えられない自分を「なんで同じ考え方ができないんだ

スキ
2

JACの組織力によって、顧客への価値提供を最大化する「アカウントマネジメント」の取り組みに迫る!

<プロフィール> ケミカルディビジョン 日系第3チーム マネージャー 見浪悠太さん 関西学院大学卒業後、JAC Recruitmentに2015年新卒入社。 入社から一貫して東京本社ケミカルディビジョンにて化学業界の採用支援に携わる。 2019年~2021年6月までリーダーを務め、 2021年7月からはマネージャーとして日系大手総合化学メーカー担当チームのマネジメントを行っている。 JAC Recruitmentでは、近年「One Team」としてJAC全体で顧客企業の

スキ
1

~準備編~【保存版】実録!夫婦で営むカレー屋さん「昼飯屋」が、クラウドファンディングで300人、300万円達成するまでの記録!

こんにちは、アッコです。 都内でスパイスカレー屋さん「昼飯屋」を夫と経営しており、 2021年9月、夫婦でクラウドファンディングに挑戦しました。 結果的に360名、3,262,555円支援していただき、 レトルトカレーの開発を進めることができています。 この実録は全4部作品で、お届けする予定です。 ・想い編 ・準備編 ・実行編 ・分析編 ▼前章はこちら ▼想い編はこちら 本日は~準備編~をお届けします。 何事もそうだと思いますが、やっぱり準備はとても大切です。

スキ
26

新卒1~3年目で上期優秀賞受賞!連続達成の若手チームの奮闘に迫る

2021年度上半期、114%という目標達成率を評価されて優秀アメーバー賞を受賞したヒューマングローバルタレント(HGT)株式会社 メディア営業部 直接採用担当2課の皆さん。 入社3年目の山本真帆さん率いる若手部隊の活躍は目覚ましく、社内でも注目される存在です。終始笑顔を絶やさず、明るく話をする中で垣間見えたのは、仕事に対する真摯な姿勢。互いに切磋琢磨しながら、さらなる高みを目指す彼女たちにお話を伺いました。 写真左から 石橋聖さん(2020年入社)、山本真帆さん(JM、2

スキ
18

楽しむこと。|卓巳コラム

一緒にプロジェクトを動かすことが、一番の学びになる。 頭使って、手を動かし、足を使ってカタチを少しずつ創っていくこと。 外から見るよりも、一緒に創り上げていく関係性が楽しい。 そして密度が濃くて、人間関係も密になる。 オンラインサロン内の新企画、運営リーダー・メンバー募集は 4/10までです。SENSE民のみなさん、要チェックです。

スキ
11