このコンテストは終了しました。

#スポーツがくれたもの

人との関わりかたやチームワーク、生活や仕事で活用できていることなど、スポーツによって得たものやことにまつわる投稿を募集します。 詳しくはこちら

新着の記事一覧

note 始めました!

読者の皆様初めまして。 順天堂大学スポーツ健康科学部2年伊藤凜聖と申します。 この度は私のnoteに目を通していただき、誠にありがとうございます。 簡単に私のプロフィールを紹介させていただきます。 プロフィール 氏名:伊藤凜聖 出身:東京都 学歴:宮前小学校→成城中学校→駒澤大学高等学校→順天堂大学 競技歴:FCボノス目黒→FC東京むさし→駒澤大学高等学校→市川SC 所属:一般社団法人ユニサカ・すずかんゼミ・スポーツ業界インターン・某プロスポーツチームインターン 私はつ

スキ
10

女子サッカーで学んだチーム方針

私は、女子サッカーチームの広報として活動している。 サッカーは中学校で部活を1年やっていた位で正直ほぼ無知に近い。 そんな中でプレイヤーの取材や撮影を通じて学ぶことがあった。 所属しているチームのメンバーは50人~60人ほど 園児から高校生まで幅広くやっている。 現在そこで私が密着しているのは、トップチームである。 トップチームは年齢が上になればトップチームに入れるわけではない。 高校生がメインではあるが上手い人間であれば中学生の子もいる。 完璧実力主義のチー

スキ
1

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」(3333文字)

こんにちは。Squad beyondでカスタマーサポートをしている人です。 趣味:バスケ観戦 (7年目)本題の前にちょっとだけ 今回のタイトルは、ズバリ某バスケアニメから拝借させてもらいました⛹️‍♂️ バスケとかスポーツのことをテーマにしようとふと考えたときに、 と気になって、せっかくならばと思ったので調べてみました。 参考までにリンク貼っておくので興味ある方は読んでみてください🏀゛ (ちなみに2位の23%に対し、1位は39%でダントツ1位でした🥳) ⛹️‍♂️  

スキ
2

「信頼」があれば「本音」を言える?

学生時代、国際交流サークルに所属していました。 そこで繰り返し唱えられたのが「信頼があれば何でも言い合える」理論です。本音を互いに遠慮なく吐き出せる関係を普段から築いておこう、馴れ合いに堕さない議論をしようと。 たしかに相手の人間性をわかっていれば、厳しい意見を言われても「嫌いとかそういうことじゃない」と納得でき、感情的にならずに済みます。しかし一方で「仲がいいからこそ本音を口に出せない」ケースもあります。「おまえ、俺のことをそういう目で見てたのか」と思われるのが不本意だ

スキ
7

「ならず者」に学ぶ「不運」対処法

「人間万事塞翁が馬」 多種多様な「人生」の真実を軽々しく定義づけるつもりはありません。でもたしかに運命の転機は多くの場合「不運」の形で現れる気がします。 たとえば私は失業中にnoteを始めました。コロナ禍で職場が決まらず、考える時間が十分にあったからこそ「新たな道」を見つけられたのです。 2019年5月、エル・デスペラード選手は「タカタイチマニア2」で葛西純選手と対戦し、パンチを食らってアゴを骨折しました。おかげで直後に控えていた「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」を

スキ
14

スポーツビジネスってなに?

こんにちはスポみらの赤堀です。 スポーツビジネスという用語をよく聞くかと思います。 これについてはまず皆さんが感じているのはどんなイメージでしょうか? 難しそうでしょうか? はたまた硬いでしょうか?笑 スポーツビジネスの話をする前に まず、ビジネスというものがどんなものなのか?と言うお話からすることになります。 ビジネスとは お金と言うツールとそれに伴う”価値”の交換をすることです。 マクドナルドに行って 390円を払うことで、その対価としてビッグマッグを

スキ
2

「本物」は常に「プライムタイム」

ロープワークを使わないプロレス、昔から好きなんですよね。 前にも書いたかもしれませんが、機材に頼らず、アコースティックな弾き語りだけで魅せる「MTVアンプラグド」のイメージです。 エンターテインメントは多種多様。ひとつのジャンルの中でもファンを楽しませる要素はいろいろあります。でも音楽ならアーティストの生歌&生演奏、プロレスなら選手のレスリングスキルが根っ子。極端な話、他は何もなくてもそれさえあればどうにかなる。どうにかできてしまう。その事実こそが一流の証かもしれません。

スキ
13

奈良出身の私が感じた北海道の良さベスト5〜人生のガス欠から回復する旅

こんにちは!OWL magazineアンバサダーの桝井かほです。 まずはじめに……、すたすたぐるぐるの第二弾、信州編の発売が決定しました!!!そして、先行販売が終了しました。ご購入頂いた皆さま、ありがとうございます!!!!! さて、OWL magazineは今月から「旅への回帰」をテーマに掲げています。 新型コロナウイルスの影響で、旅が気軽にできなくなりましたが……。3月末に出張したタイは、すでに世界各国から観光客が集まっていました。日本の空気も、蔓延防止が明けてからは

スキ
20

スポーツ業界に興味がある学生11人と話そう企画スタート!

こんにちは。運営の大崎です。 本日からスポーツ業界に興味がある学生11人とオンラインで会って話す企画をスタートします!! テーマは スポーツ業界に入ることができたら自分はどんなことをしたいのか? についての想いを 1時間ほどオンラインzoomで語りあえたらなと思っています。 なぜ始めようと思ったのか? それは、スポーツ業界で働くことを志す人はいるんだけど 同じ大学の友達とはスポーツの仕事については語ることができない。。 共感し合うことができない。。。 といった

スキ
4

なぜスポーツに”魅力”を感じるのか?

はじめまして。スポみら創設者の赤堀と申します。 簡単に自分がどんな人間なのかと申しますと 2018-2021年まではFC淡路島というJリーグ昇格を目指すサッカークラブ創業メンバーとして活動し、 2022年の現在はALL STARS CLUBにて スペインのサッカークラブのコンテンツ運営や新規事業立案といったことを行っています。 具体的に行っていることについては後日またお伝えさせていただけたらと思います。 2018年〜2022年まで スポーツ業界には新卒の代からいますの

スキ
3