このコンテストは終了しました。

#やさしさにふれて

あなたが考えるやさしさとは?Panasonic×noteで、投稿コンテスト「#やさしさにふれて」を開催します! 「やさしさにふれたとき」や「やさしさについて考えたこと」についての投稿をお寄せください。 詳しくはこちら

受賞作品

お庭がきれいの法則

私のnoteの師匠であるらんみか先生 実はいろいろ共通点があります。 元保育士だったことや、同じオンラインサロンに入っていたり、 同じ手帳を使っていたり。 最近noteのコメントでやりとりをしていた際に 私が昔飛び込み営業経験があると書いたら、 私も経験ありますよ~と返信があり、びっくり! 私は、一時期あるサービスの飛び込み営業をしていました。 個人のお宅を訪問して、そのサービスをお伝えするお仕事です。 ずっと人と関わる仕事をしていたので、 サービスをご案内するこ

スキ
21
+5

大丈夫なわたしはお休み中

ありがとう11月 よろしくね12月 この一年、明るい気持ちにしてくれたカレンダーも、12月。 ありがとう。 「よく頑張りましたね」 … 「きちんとご自身で、向き合って、  よく健康診断を受けましたね」 「鬱だと、動けないこともあったでしょう」  「次回は血液検査だけです。  検査だけだから、来れる時に来てください」 「結果は、その日には出ないので、  また、来れる日に来たらよいですからね」 「ま、次の日には分かってますが  来れる時に来たら、よいですからね」 健

スキ
3

桃 の 花 の よ う な 店 員 さ ん の こ と 。

ずっとお世話になっている、 スキンケア化粧品の美容部員さん。 私が棚を眺めて悩んでいると 「〇〇さん、こんにちは。 今日は何をお探しですか?」 いつもちゃんと名前を呼んで、 声をかけてくれる。 可愛らしく整った顔立ちに きめの細かい肌。 綺麗に結われた髪が 凛とした雰囲気を香らせている。 メイクはしっかりされているのに 無理のない、ナチュラルな印象。 花で表すと桃の花のような、 可憐で その場をポッと 明かるくしてくれる雰囲気の方。 昔から肌悩みを抱えている私の 細か

スキ
50
+1

日本語の「あお」、透明人間に実体を与える優しい視線。

めちゃくちゃ体調が悪い時、とてつもなく疲れた時、自分では自覚がないがなんらかの不調がある時、昔から周りの人に言われたのは「顔が白くなってる!!!」だった。「顔が真っ青だよ?」ではなかった。わたしが親しんだフィクションではそういう時「白くなってる」じゃなくて「真っ青」と表現されていた気がするのだが。実際指摘されて鏡を見ると血の気が引いて白っぽくなった自分の顔面があった。青じゃないんだよな。。信号機の青は実際は緑であるように、日本語における「あお」の幅が広いという話で片付くんだろ

スキ
2

やさしくて孤独なメディアについて

ラジオや本、映画などのメディアが好きだ。 ラジオを聴きながら晩御飯を作っているときにふと思った。 twitterやinstagram、youtubeなど最近は色々あるけど、ラジオや本、映画は私にとって至福の時間をくれる。 そもそもmedia(メディア)って何だったっけ?と思い、wikipediaで調べてみた。mediaはmediumの複数形。medium は「中間にあるもの、間に取り入って媒介するもの。」という意味らしい。最近は様々なソーシャルメディアやSNSなどのメディ

スキ
3

陽の光を誰しもに

この秋で27歳になった。 母が私を産んだ年齢だ。 18から働き始めた私の母は、職場で父と出会って、4年後には婚姻届を出した。そこから5年経って私を出産し、さらに5年後もうひとり女の子を授かった。 時代が移り変わる中で女性の生き方も変化してゆき、「家庭に入る」ということばばかりが当然の顔をしなくなった。社会とのつながり方は広がった。まだ20代の身でこんなことを言うのは妙だけれど、私のような人生のあり方はむしろ普遍になっている。 母が社会に出てから私の妹を産むまでの年数は1

スキ
9

good timing?

 私はいつも家事がすむお昼前に PCを開ける。  昨日も、yahooメールを開けて見ていたら、沢山のメールの中に「コメント更新」が表示されていたので開けてみた。 すると、なんと! 娘の記事に私がコメントしたのが表示されたのだ。 もう、何年も前のことだというのに…  今まで、何度か娘の記事を読みたくて、娘のペンネネームを打って検索しても出てこなかったので、もう削除されたのか?と思って諦めていたのに  どうしたきっかけで娘の記事への私のコメントが表示されたのか?  わからないま

スキ
25
+4

文フリの恥はかき捨て(たぶん)

文学フリマこと、文フリが終わりました。 「文フリ出るぞ〜!本作るぞ〜!」と表明した時から「やばい…チケットなくした…CACAOインストールできない(正しくはCOCOA)」と大汗をかいた文フリ前夜まで、見守っていただきまして本当にありがとうございました。 まずは御礼からお礼を言いたい方がたくさんいます。簡単にではありますが、ご紹介させてください。 まずTwitterに鶴の絵を再掲し、宣伝してくださった橘鶫さん。鶫さんのおかげで、鳥界隈にも『ビール日和』が行き渡りました。

スキ
79

お返しの法則。FTMがオナベバーで学んだ大切なこと

人に優しく。 よく聞くけども、なかなかできないこと。 僕はLGBT当事者。女から男に性別を変えて生きているFTMトランスジェンダー 鈴木優希 40歳。もうすぐ41歳 立派な中年(笑) 仕事は同じFTMの子を雇用して地元名古屋でBAR Venusを経営しています。 いわゆるオナベバー。そこにはたくさんの方が見えます。 優しいママそのママとは13年ほどのお付き合いになります。出会った時は小さなお店をお友達と一緒に経営されていたけど、今では大型店舗に移転して多くの従業員を

スキ
4

関係性 シグナルを見逃さないこと

覚えておきたい 今日のこと。 「NVCを生きるーNVCの意識の中で生きる意思」を探求し、シェアした時のこと。 その中で自分を振り返った一コマ。 表面的に合意はするけれども、自分の深い部分で納得していないことがあり、もやもやすることがある。 そこにどんな構造が広がっているかを考えた。 いろんな構造、年齢、特権、社会性、心理的ランク、文脈、痛み、ジェンダー、生活環境、社会的地位。 私は、そのモヤモヤを見逃すことをしたくない。 今は、「何がそうなのか」を明確にできない。 そして、「

スキ
2