お題

#ふるさとを語ろう

ふるさとへの思いやエピソード、ふるさとの魅力、ふるさとのためにできることなど、ふるさとにまつわる投稿を募集します。ふるさとのまちの名前のハッシュタグ「#●●●(自治体名など)」もつけてもらえるとうれしいです! 詳しくはこちら

新着の記事一覧

広島駅の北口から見える「二葉山」

 二葉山と呼ばれるこの山は、広島駅の新幹線口(北口)を出ると、正面前方の先にあるJRの建物の向こう側にドンとかまえている、海抜139メートル程の低山である。広島駅からもその山頂の先が尖った仏舎利塔が見える。  グーグルマップなどで見ればわかる通り、この二葉山は東へ行くと尾長山に続き、そのまま北側の牛田山へつながり、ちょうどコの字形に山が連なる山塊の一部で、今でこそ平和塔と呼ばれているが、私が幼少の頃は、お釈迦様のお骨の一部が収められている仏舎利、仏舎利と呼ばれる、呼び鈴のよう

【宝くじ当選祈願祭】 宮司さんの祝詞奏上で祈願されて、宝くじが当たるかも!? 17回目を迎える当選祈願祭、実際に宝くじが当たったという声もちらほらあるのだとか……。 日時 12月11日(日)10時~ 場所 宝作神社(山口県周南市鹿野渋川) 祈願後は、お接待もありますよ。

スキ
2

寒い朝

北海道の冬の寒い朝の話を描きました こどもの頃住んでいた家は、クリスマスケーキの上に乗ってる家のようでした。 隣にモミの木みたいのも生えてました。 あれは松の木だったのかな、オンコの木だったのかな。 自分の吐く息と太陽の光で地面が温まった湯気と川の霧でもわもわしてとても幻想的でした。 コミチさんからは他のまんがもお読みいただけます #ふるさとを語ろう #冬の思い出  まんがを気に入って下さいましたら、ご支援&サポートをどうぞよろしくお願いいたします✨ コーヒー代、資料

スキ
2

「収益を上げて地域に貢献したい」移住先の人吉市でくま川鉄道のYouTubeを運用

熊本への移住者の暮らしのリアルに迫る「熊本暮らしのリアルとホンネ」。今回は、地域資源を活かした魅力ある仕事を求めて、人吉市に移住した横山さんに、お話を伺いました。 人吉市の協力隊でより大きな仕事を。人吉市に移住するまでは、大阪での生活が長く、個人事業主として企業のSNSの運用や立ち上げの支援を行っていました。 個人で仕事を請ける分には順調な毎日でしたが、一方で大きな仕事に携わりたいという思いもありました。 それこそ将来的には、大きな会社を相手にした商品開発や、新規事業の

『中須八幡宮』と『浄宗寺』、歴史と自然、地域住民に愛される場所

 こんにちは、orenge です。12月初旬ともなると紅葉は終わり、冬の寒さが到来しています。  少し前の出来事になりますが、11月半ばの秋晴れの日に、山口県周南市中須地区にある『中須八幡宮』と『浄宗寺』に行って来ました。  名のある八幡宮でも、有名なお寺でもありませんが、地元に愛され、大事にされている場所です。そんな地域にはなくてはならない場所をご紹介致します。 鎌倉時代から紡いできた歴史『中須八幡宮』  一の鳥居、二の鳥居が美しく並んでいます。山の中に吸い込まれそう

スキ
3

富士山のふもと富士宮。ふるさと滞在中の休日の過ごし方

いまは地元の静岡に滞在している。静岡は横に長く、私の故郷への思い入れはまあまあ強いので、場所を細かくお伝えしたい。富士宮市というところ。富士山の大宮、富士宮。 今日は、そんな富士宮市でのんびり過ごす様子をたくさんの写真とともにお伝えしたいと思う。 10:40 富士山本宮浅間大社へ地元に帰ってまず訪れるのは、この浅間大社。帰るたびに必ずおみくじを引く。20年以上お参りをしているので神様も覚えてくださっているのか、やたらと当たるのです。 その時々で欲しかった背中を押すような

スキ
3

こんばんは🌙 つい先程、帯広市の隣町、音更町の十勝ヶ丘展望台に行ってました☺️ 夜景を撮影📸純正のHDRモードより明るく撮影出来ますね😳 アプリ:ProCamera モード:Low Light 色温度:3000K 焦点距離、シャッタースピード:自動 フィルター:クロス

スキ
12

#25【画像付き】Forget me Blue【再掲】

【会社員×両性具有の管理人】寂れた商店街の一角にある駐車場の管理人であるイチは、ある日訪れた時間貸しの客、佐村と出会いすぐに惹かれていく。しかしどこか陰のある彼には悲しい過去があって——。

おもてなしの心が詰まった琉球料理「中身汁」

はいたい。琉球ごはんの瑞樹です。 沖縄では「鳴き声以外は全て食べ尽くす」と言われるほど、豚肉が料理によく使われています。琉球王朝のお城では、客人を迎えるたびに、その都度豚を捌いて、いろいろな豚肉料理でおもてなしをしたそうです。 その中に「中身汁」という琉球料理があります。 中身汁は、中身は丁寧に下処理をし、上品な味に仕上げています。ここに「おもてなし」の心が詰まっているなぁと感じます。 自分で作るようになり(まだ数回しか作ったことがないのですが)、作ってくれたおばあちゃん

スキ
33