見出し画像

【完全版】コンサルのビヘイビアー面接・志望動機書の教科書

コンサルマン

本noteは、コンサルのビヘイビアー面接や志望動機書のポイント、受かるためのコツを徹底的に解説した"教科書"になります。

ケース面接の解答手法が流出している昨今いおいて、ビヘイビアー面接の重要度はますます上がっています。

また、これまで短期離職の多かったコンサルティングファームも、よりサステイナブルな企業繁栄を志向するようになり、候補者の地頭だけでなくパーソナリティをより深く見るような選考に変わってきています。

一方で、これまでの選考プロセスはケース面接偏重だったがゆえに対策方法などが確立されておらず、ピカピカの経歴×高い思考力を持つ候補者でも志望動機書やビヘイビアー面接でバンバン落とされるという事態も起きています。

実際、ビヘイビアー面接におけるポイントを解説した本やメディアの多くが一般論に終始しており、抽象的な内容がゆえに、実行・体現することが難しいという難点がありました。

本noteでは「コンサルファームでの面接官経験」「コンサル転職のサポート経験」「各コンサルファームの知人ネットワーク」をフル活用して、コンサルファームの面接官の思考をリアルに言語化しながら受かるためのポイントをかなり踏み込んで解説していきます。

特に第5章では、これまで転職サポートをしてきた方々に許可を得た上で、実際の志望動機を題材に、何が良いのか、何が悪いのかをレビューしています。

▼本noteの想定読者

・難関と言われるコンサルファームへの就職/転職を考えている方
・書類選考/ビヘイビアー面接の通過可能性を"1%でも"とにかく上げたい方

飲み会1-2回の価格で1万字以上の「複数の現役コンサルの知見を反映させた内容」、かつ「キャリアの発展可能性を上げられる」ため、非常にコスパの良いnoteだと自負しています。

▼以下は、コンサル転職をサポートさせてもらった方々にサンプル版を提供した時の感想です。

コンサルのビヘイビアー面接とは

そもそも「ビヘイビアー面接って何?」という方に向けて、ビヘイビアー面接について紹介します。

コンサルファームの面接は通常「ビヘイビアー面接」と「ケース面接」の2つが用意されています。

前者は候補者のパーソナリティや立ち振舞いなどを見るもの、後者は論理的思考力や思考過程を見るものとして位置づけられています。

ビヘイビアー面接では様々な質問をぶつける中で、コンサルに適性があるか?コンサルに必要な要素を持っているか?という点を評価されます。

これまではコンサルファームは後者の「ケース面接」をより重視していましたが、最近ではケース面接の解法がかなり流出したこともあり、「ビヘイビアー面接」の重要性が上がっている状況です。

一方で、これまでの選考プロセスは「ケース面接」偏重だったがゆえに、「ビヘイビアー面接」の対策方法などが確立されておらず、ピカピカの経歴×高い思考力を持つ候補者でも志望動機書やビヘイビアー面接でバンバン落とされるという事態も起きています。

この続きをみるには

この続き: 9,587文字 / 画像17枚 / ファイル1個

【完全版】コンサルのビヘイビアー面接・志望動機書の教科書

コンサルマン

4,980円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!