Nano-X Imaging Ltd. (NNOX) Q2 2022 決算カンファレンスコール

Confee.Callman

NNOXの2022年6月期の決算説明会。

ナノエックス・イメージング社(Nano-X Imaging Ltd. (NNOX 4.70%)
2022年第2四半期決算説明会
2022年8月16日午前8時30分(米国東部標準時

内容
準備された備考
質疑応答
コール参加者
プレパラート・リマーク

オペレーター

こんにちは、待機していただきありがとうございます。Nano-X Imaging 2022年第2四半期決算説明会にようこそ。現在、参加者の皆様はリスニングオンリーとなっております。講演者のプレゼンテーションの後、質疑応答があります。

[本日のカンファレンスは録音されていますので、ご了承ください。それでは、本日のスピーカー、マイク・カヴァナ(投資家向け広報担当マネージング・ディレクター)にお願いいたします。どうぞよろしくお願いします。

マイク・カヴァナー(インベスター・リレーションズ

おはようございます、本日はご参加ありがとうございます。本日早朝、Nano-X Imaging Limitedは、2022年6月30日に終了した四半期の決算を発表しました。このリリースは現在、同社ウェブサイトの投資家向けセクションに掲載されています。今朝の電話会議の司会は、最高経営責任者のエレツ・メルツァー、最高財務責任者のラン・ダニエルが務めます。

この電話会議では、当社の業績、研究開発、製造および商業化活動、規制プロセスの運用、その他の事項に関して、経営陣が将来の見通しを含む発言を行うことを、開始前に皆様にお伝えしておきたいと思います。これらの記述は、リスク、不確実性、および今日現在の経営陣の予測に基づく仮定を前提としたものであり、将来において更新されない可能性があります。したがって、これらの記述は、その後のいかなる時点においても、当社の見解を表すものとして依拠されるものではありません。このような差異を生じさせる要因としては、当社が米国証券取引委員会に提出した書類に記載されている事項が挙げられますが、これらに限定されるものではありません。

また、投資家に追加情報を提供するために、特定の非GAAP財務指標を参照します。非GAAP基準とGAAP基準の調整表はプレスリリースに添付しています。主な差異は、のれんの減損、合併に伴う義務の変更、買収、株式報酬、無形資産の償却、集団訴訟、SEC調査関連費用などです。それでは、電話をエレツ・メルツァーに切りたいと思います。

エレツ・メルツァー -- 最高経営責任者

マイク、皆さん、本日はありがとうございます。いつも通り、Nanoxへの継続的なサポートに感謝します。前回の電話会議と同様に、私が最近の業績の概要と今後数カ月の見通しを説明し、その後、最高財務責任者のラン・ダニエルに電話を回して財務実績を確認してもらい、その後、質問をお受けすることにします。私たちはこの四半期、Nanox.ARCシステムの商業化に向けて前進を続け、FDA認可プロセスを前進させるために全力を尽くし続けています。

本日の電話では、前回の決算説明会からの進展について、規制、商業化、そして最後にAIと遠隔画像診断の3つのセグメントに分けてお話します。それぞれのセグメントで何をしたのか、そして、大規模なシステム展開という目標にどのように近づいたのかをお話しします。その前に、高いレベルで業績に触れますが、詳細のほとんどは、コール後半のランの解説に任せます。ナノックスの2022年第2四半期のトップライン収益は220万ドルで、これに対し2022年第1四半期は180万ドルでした。

前四半期と同様、すべての収益はNanox teleradiologyサービス事業部門と、当社の深層学習機械分析会社Nanox AIによって生み出されたものです。ほとんどの方がご存知のように、これらのビジネスユニットは2021年11月の買収以来、収益を上げ始めています。そして、私たちのテレラジオロジーサービスが四半期ごとに成長しているのは喜ばしいことです。これらの収益は、現時点では比較的小さなものでしたが、2つの理由で重要です。

1つ目は、キャッシュフローとその管理を改善するのに役立つということです。そしてもうひとつは、お客様や病院、統合医療システムなどのステークホルダーがこれらのサービスを高く評価していることを示すものだと考えています。そして、これらのアプリケーションやサービスが当社独自の画像処理技術と統合されたとき、当社のマルチソースシステムにおける付加価値を高めるという信念をより強固なものにしています。2022年第2四半期に、テレラジオロジーサービスに関して14の新規顧客契約を締結したことをご報告します。

フィラデルフィア部門の顧客には、病院、外来画像診断センター、緊急医療、多職種医師グループ、研究施設、精神医療施設などがあります。新規顧客の追加と既存顧客からの有機的な成長により、テレラジオロジーサービスの売上は引き続き加速度的に増加しています。AIソリューションビジネスは、米国内外で引き続き人気を博しています。例えば、Nanoxは7月26日にNorthwell healthの5つの外来センターで最初のライブを行い、次いで8月8日にSouth Shore Hospitalでライブを行いました。

8月の終わりから9月にかけて、さらに多くの病院や外来患者センターが本稼働を開始する予定です。さらに、米国北西部の大手企業との間で、当社のAIポピュレーション・ヘルス・ソリューションを活用する大規模な戦略的合意が成立したことを、以前報告しました。このお客様はスペクトラムヘルスで、統合医療ネットワークはミシガン州に拠点を置き、16の病院と医療施設を有していることを今回お伝えすることができます。次に、規制面での進捗状況についてお話したいと思います。

先ほど述べた有益な収益源に加え、Nanox.ARC マルチソースシステムの FDA 承認を得るための取り組みがさらに進展しました。最近、FDAに提出したQ提出用補足文書に対するFDAからのフィードバックを受け取りました。いただいたフィードバックは非常に貴重で、510(k)申請書を最適化するのに役立っています。その後、現在、マルチソースのNanox.ARCのFDAへの510(k)申請書を準備しています。これは、Nanox.ARCの展開を成功させると考えられるフル出力レベルおよび適応症を持っているものと思われます。

これと並行して、現地の規制に従い、各市場で必要な承認を得た上で、マルチソースNanox.ARCの世界展開の準備を進めています。Nanox.ARCのCEマーク取得に向けた規制当局の取り組みについては、CEマーク取得のプロセスを開始するために必要なすべての書類を提出しました。このプロセスが進むにつれて、さらなる最新情報を提供することを期待しています。製品化については、マルチソースNanox.ARCの製品化に向けて、いくつかの領域で引き続き進展しています。

ナイジェリアでのマルチソースとNanox.ARCの展開を進めるためのステップを踏んだことをお知らせします。4月には、現地に予備展開チームを派遣し、デモとトレーニングの目的で最初の商用ユニットを送る準備を進めています。ナイジェリアへの出荷計画は、現地の規制プロセスと手を取り合って進んでいます。また、ガーナの販売代理店と締結した新たな契約についてもお知らせします。この契約では、現地の規制要件に従って350台を配備することに合意しており、これにより当社の契約台数は全世界で6,850台となります。

この契約は当社にとって大きな節目であり、当社はこれらの受注に応えるべく、開発と配備システムの開発を推進しています。ナイジェリアやその他の早期導入地域でマルチソースNanox.ARCの展開を開始すれば、医療システム、病院、販売業者がNanox.ARCのサービスを理解し、その後、当社が蓄積した受注残を履行し始めると確信しています。さらに、ナイジェリアでの医療画像トレーニングイニシアチブの開発と実施に関して、BVGHとして知られる非政府組織Bio Ventures for Global Healthと契約を締結しています。BVGHはシアトルに拠点を置く非営利団体で、貧困に起因する疾病の研究開発の加速、中低所得国における生物医学研究開発能力の構築、アフリカにおけるがん患者ケアの改善などを目的として、営利・非営利を問わず戦略的にプログラムを開発・運営しています。いくつかの新しい書籍やコラボレーション、開発についてもご紹介します。

最後に、商業化への道筋の中で、私たちが期待を寄せているもうひとつのマイルストーンについても、少し時間をとって発表させていただきたいと思います。私たちは、Nanox.ARCに必要なチップとチューブを開発するために、イスラエルに技術開発センターを設立しているところです。このセンターは、韓国と日本にある当社の施設を補完するものです。最後に、今期達成されたNanoxチームの努力と進歩に感謝したいと思います。

そして何よりも、イメージングを世界のどこでも手頃な価格で利用できるようにすることで、ヘルスケアの民主化を実現するという当社の使命に継続的な支援をいただいた投資家の皆様に感謝いたします。次回の決算説明会では、さらなる進捗をご報告できることを 楽しみにしています。それでは、ラン・ダニエル最高財務責任者(CFO)から決算のご説明をさせていただきます。

ラン・ダニエル -- 最高財務責任者

エレズ、ありがとうございます。まず、2022年のラッセル・インデックスの年次改定の一環として、6月27日の米国市場開場後、当社がラッセル2000およびラッセル3000インデックスに追加されたことをお知らせします。これは当社にとって大きな進展です。当社の業績については、2022年第2四半期のGAAPベースの純損失は1960万ドル、これに対して13. これは、2021年11月のNanoxマーケットプラットフォームの買収、2021年第4四半期以降のNanox AIとUS [Inaudible] の当社への統合に関する費用、当社の研究開発費の増加、のれんの減損、一般管理費の増加によるものですが、営業・マーケティング費用の減少、M&Aに関する義務の減少により緩和されました。

2022 年第 2 四半期の売上は 220 万ドル、伸びは 180 万ドルでした。この期間のテラジオロジーサービスの収益は210万ドルで、GAAPベースの粗利益は110万ドル、非GAAPベースの粗利益は0.9百万ドルでした。これは、非 GAAP ベースで約 43%の売上総利益率に相当します。当四半期のAIソリューションのライセンスによる収益は0.1百万ドル、GAAPベースの粗利益損失は2.1百万ドル、non-GAAPベースでは0.1百万ドルでした。

2022年第2四半期の研究開発費は650万ドルで、2021年同期間の430万ドルと比較しています。当社の研究開発費の増加は、主に2021年11月以降、Nanox AIを当社へ統合したことによるものです。当社の調査、報酬、およびマルチソースNanox.ARCシステムおよびNanox.CLOUDの開発による残高の増加です。2022年第2四半期の販売マーケティング費用は、2021年の比較レボリューション期間の180万ドルに対し、110万ドルでした。

この減少は主に、当社の株式報酬が 0.6 百万ドル減少したことによるものです。2022 年第 2 四半期の一般管理費は 1,110 万ドルで、2021 年前年同期の 740 万ドルから増加しました。370 万ドルの増加は、主に 2021 年 11 月のナノックスマーケットプラットフォームの買収によるものです。2021年第4四半期に提出した米国でのNanox AIの統合、同社の人員および組織全体のインフラの増加、2022年5月2日に提出した2021年12月期のForm 20-Fに記載の米国証券取引委員会の調査および集団訴訟による同社の弁護士費用の増加などです。

2022 年度第 2 四半期の M&A に関連する変更申し立てが、2021 年度第 2 四半期にはなかったのに対し、2.6 百万ドルでした。この増加は、主に同社の偶発債務及びアーンアウト債務の変更によるものです。2022 年 6 月 30 日に終了した第 3 四半期ののれん減損は、Nanox AI の買収に伴うのれん減損により、1430 万ドルでした。2022年第2四半期の非GAAPベースの純損失は820万ドルで、2021年同期の[Inaudible]および非GAAPベースの純損失は860万ドルでした。

2022年第2四半期と2021年第2四半期のGAAPベースの純損失と非GAAPベースの純損失の調整表は、今朝発表したプレスリリースの一部である決算短信に記載されています。GAAPベースの純損失とnon-GAAPベースの純損失の差異は、主に、のれんの減損、M&A関連債務の変動、無形資産の償却、株式報酬費用、集団訴訟に関連する弁護士費用、およびそれらの均等割と二次営業費用に起因しています。2022年6月30日現在のバランスシートに目を向けると、現金、現金同等物、有価証券が約1億2670万ドルで、2021年12月31日時点の3740万ドルに対し、当四半期は4290万ドルの固定資産純増となりました。'22年上半期に550万ドル純増したのは、主に韓国における同社の加工施設の建設が完了し、機械設備を購入したことによるものです。

2022年6月末の無形固定資産は、2021年12月末の160.1百万ドルに対し、140.5百万ドルとなりました。この減少は主に、無形固定資産の定期的な償却及びのれんの減損によるものです。2022 年6月 30 日現在の発行済株式数は、2021 年 12 月 31 日現在の 5180 万株に対し、約 5220 万株となりました。この増加は主に、122,927 個のワラントの行使及び 141,067 個のオプションの行使によるものです。

このようなオプション及びワラントの行使により、約0.5百万ドルの総収入を得ました。また、2022年上半期に、2021年8月9日付の契約および合併計画の条項に基づくマイルストーンの達成を利用し、Nanox AIの旧出資者に89,286株を発行しました。なお、本合併は、当社とナノックスAI株主代表のPerryllion LTDとの間で修正されたものです。それでは、Erezさんに電話を戻します。

Erez Meltzer -- 最高経営責任者

ランさん、財務の最新情報をありがとうございました。そして、改めて、本日ご参加いただいた皆様に感謝いたします。私は、第2四半期のNanoxの業績とCEOについて、非常に良い感触を得ています。しかし、私たち全員が、もっとやるべきことがあると認識しています。

今後、数週間から数ヶ月の間に、さらなるアップデートを提供したいと考えています。また、Nanox経営陣が9月下旬に投資家とのノンディールロードショーを開催することをお伝えしたいと思います。ミーティングを予定したい場合は、ICRの投資家向け広報パートナーにご連絡ください。これをもって、質問を受け付けたいと思います。

オペレーター、Q&Aセッションを開始してください。

質問と回答

オペレーター

ありがとうございます。[最初の質問はラデンバーグのジェフ・コーエンからです。お待たせいたしました。

ジェフ・コーエン -- ラデンブルグ・サルマン・アンド・カンパニー -- アナリスト

こんにちは、エレズ、そしてランです。お元気ですか?

エレツ・メルツァー -- 最高経営責任者

素晴らしい。あなたは?

Jeff Cohen -- Ladenburg Thalmann and Company -- アナリスト

ちょうどよかった。Erezにいくつか質問があります。イスラエルに開設予定のテクノロジー・センターと、そこで期待される能力について、韓国と日本の施設における現在の能力と期待される能力との比較でお話いただけますか?

エレツ・メルツァー -- 最高経営責任者

まず第一に、非常に似たようなものになると思いますが、私たちは、さらに進んだ技術に未来を託すという事実を強化するつもりです。今、日本にも韓国にもチップとチューブのセンターがあります。研究開発や製品設計、ロードマップ、将来の製品開発などを行う場所のごく近くで、中核となる技術や知識を開発することが適切だと考えたのです。そして、韓国は、チップの製造と供給、およびエンジニアリング面でのさらなる開発を行うことになるでしょう。

Jeff Cohen -- Ladenburg Thalmann and Company -- アナリスト

わかりました。了解しました。ARCの製造と製造済みARCの数、そして年末までに製造されると予想されるARCの数について教えてください。そして、今日の製品に関して、FDAで予想されるスケジュールと結びつけてください。

Erez Meltzer -- 最高経営責任者

わかりました。まず第一に、私たちは前述のように生産を加速しています。もちろん、サプライチェーンや組み立ての一部であるさまざまな部品に関して、市場で起こっている現実から切り離されているわけではありません。そのため、実際にはシステムの一部が2023年までずれ込むことになります。

また、生産に関しては、年末までに次のステップに進み、大量生産についてさらに検討する予定です。つまり、イスラエル以外の1、2カ所で1,000台を生産する以上のことをするつもりです。最初の1,000台はイスラエルで組み立てると申し上げましたが、第4四半期か来年の第1四半期には、最初の1,000台に続くすべてのシステムの組み立ての手配ができるようにしたいと考えています。FDAについてのご質問ですが、まず、先週行われた会議には非常に満足しています。この会議は、実は、この申請書の最終準備の前の最後の会議でした。

FDAからいただいたフィードバックは、私たちにとって非常に有益で有意義なものだったと言えるでしょう。現在、正式な申請に向けて最終準備中であり、今後、私たちの進むべき道と一致することになります。今言えることは、プレサブからQ申請へ移行し、FDAとの約8ヶ月に及ぶ継続的な対話を活用するというアイデアは、正しい判断であったということです。そして、私たちが得たすべてのフィードバックとFDAとの協力、そしてこれからもFDAとの協力が、私たちにとってそれをより容易にしてくれると考えています。

Jeff Cohen -- Ladenburg Thalmann and Company -- アナリスト

了解しました。最後に、ガーナでのARCの製造と納品についてお聞かせください。今後1~2四半期で何台の納入を見込んでいますか。

Erez Meltzer -- 最高経営責任者

今現在、私たちが取り組んでいるすべての国がFDAの規制を必要としているわけではないことは、過去に説明したとおりです。ナイジェリアはそのうちの1つで、ガーナもその1つです。また、FDAの正式な承認申請とはあまり関係のないものが2つあります。ガーナには特別なプロセスがあり、現在進行中です。

第4四半期には、システムを送るための認可を受けたいと考えています。そして、来年のガーナからは、おそらくもっと多くのシステムが送られることになると思います。全体としては、350台の契約です。

Jeff Cohen -- Ladenburg Thalmann and Company -- アナリスト

了解しました。それから、Ranに1つだけ簡単な質問をします。第3四半期または第4四半期の下半期に、のれんの減損が発生する可能性はありますか?

Ran Daniel -- 最高財務責任者

しかし、広報で言っているように、それは本当に市場のパラメータによります。そのため、再度減損テストを行う必要があるかもしれません。また、内部管理上の見積もりにもよります。

Jeff Cohen -- Ladenburg Thalmann and Company -- アナリスト

そうですか。完璧です。これで終わります。質問をお受けしてありがとうございました。

Erez Meltzer -- 最高経営責任者

ありがとう、ジェフ。

ラン・ダニエル(Ran Daniel) -- 最高財務責任者

ジェフ、ありがとうございます。

オペレーター

ありがとうございます。次の質問は、オッペンハイマー社のスラジュ・カリアさんからです。どうぞよろしくお願いいたします。

スーラジ・カリア -- オッペンハイマー・アンド・カンパニー -- アナリスト

おはようございます、エレズさん、ランさん。私の声が聞こえますか?

エレツ・メルツァー -- 最高経営責任者

はっきりと聞こえます。

Ran Daniel -- 最高財務責任者

完璧だ

Suraj Kalia -- Oppenheimer and Company -- アナリスト

完璧です。みなさんが無事で健康であることを祈っています。エレズ、Nanox.ARCのマルチソース申請についてなんですが。FDAからのフィードバックに関するあなたのコメントから、私が読み違えたのかもしれませんが、フルパワーレベルが疑われることはなかったのでしょうか?

私の記憶が正しければ、前四半期に、40~120KvPで全領域をカバーするとおっしゃいましたね。そこで、フルパワーレベルのフィードバックにおける具体的なコメントについて、もう少し詳しく教えていただけますか?

Erez Meltzer -- 最高経営責任者

まず第一に、彼らが質問を理解していることを望みますが、疑問の余地はなかったと思います。

Suraj Kalia -- Oppenheimer and Company -- アナリスト

わかりました。なるほど。では、Erezさん、マルチソース510(k)が実際に申請されるのはいつ頃になるのか、あるいはその時期を教えていただけますか?また、クリアランスはいつごろになりそうですか?

Erez Meltzer -- 最高経営責任者

すでにご存じのように、私は、100%確実なものだけを約束するつもりでいます。ですから、今現在は、タイムラインに関する背景や情報は十分に提供されたと思います。現在、提出書類の最終準備中で、間もなく完成する予定です。そして、FDAから得たフィードバックによって、今後数週間のうちに行われる申請で、システムに追加されるいくつかの事柄を追加する利点が得られたと、これはポジティブに言えると思います。

ですから、この申請書がまもなく提出されることを期待しています。そして、提出されたら、きっと皆さんに知っていただけると思います。

Suraj Kalia -- Oppenheimer and Company -- アナリスト

では、第4四半期に提出する可能性が高いということですね?

Erez Meltzer -- 最高経営責任者

そうおっしゃいましたね。

Suraj Kalia -- Oppenheimer and Company -- Analyst

そうですね。

Erez Meltzer -- CEO(最高経営責任者

私は......基本的に、すべてのレベル、すべてのフロントで、常に物事を早めに進めようと思っています。

Suraj Kalia -- Oppenheimer and Company -- Analyst

Erez CEマークについては、一般的に言って、企業からは多くの懸念の声が上がっています。MDRのプロセスが非常に面倒になっただけで、CEプロセスは全体的に非常に面倒になっています。また、Nanox.ARCマルチソースのCEマークに関する最新のスケジュールについて、あなたの準備した発言の中で聞き逃したかもしれません。

Erez Meltzer -- 最高経営責任者

まず第一に、私たちはすでに通知機関に登録に必要なすべての書類を提出しています。私たちは、通知機関を選択しました。私が若い頃、物事をコントロールできるときには、できることは何でもしなければならないことを学びました。できないときは我慢しなければならないが、それを区別する知恵が欲しいということですね。

これは、CEにとってもFDAにとっても基本的に正しいことです。私たちは、自分たちがやっていることをコントロールすることができます。私たちは、CEやFDAを管理していないことをコントロールすることはできませんでした。そして、彼らがシステムやプロセスに多くの過負荷をかけているという事実が、私たちを傷つけず、ここ数カ月に行った準備が遅かれ早かれ結果をもたらすという特権を私たちに与えてくれることを望んでいるのです。

Suraj Kalia -- Oppenheimer and Company -- アナリスト

了解しました。エレズ、最後に2つ質問して、私は列に並びます。ガーナでは、出荷を開始する前にどのようなバリデーションテストが行われていますか?2つ目は......私の方からの最後の質問ですが、契約金額で言及された6,850台についてです。私の記憶が正しければ、これらのかなりの部分、あるいは3年以上前の契約は、2019年に見た記憶があります。

多分、あなたはちょうど彼らがまだ有効であるかどうか、または任意の改正があった場合について私たちに話すことができますか?何か追加で色をつけていただけると大変ありがたいです。皆さん、私の質問に答えてくれてありがとうございました。

エレツ・メルツァー(Erez Meltzer) -- 最高経営責任者

わかりました。まず、最初の質問であるバリデーションについてよくわかりません。チェックするシステムに関して、具体的にどのようなものを指しているのでしょうか。答えは「イエス」ですので、ポジティブと言えるでしょう。2つ目の質問、地域内のクリアランスについてですが、ガーナの技術面、あるいは規制面において、どのような検証をされているのでしょうか?

Suraj Kalia -- Oppenheimer and Company -- アナリスト

いいえ、私が言いたかったのは、どんな製品であれ、発売する前には多くのテストや性能テストを受けなければならないということです。

Erez Meltzer -- 最高経営責任者

ええ、ええ、もちろんです。そうですね。答えは、基本的に「はい」です -- 基本的ではなく、答えは「はい」です。

Suraj Kalia -- Oppenheimer and Company -- アナリスト

わかりました。ありがとうございます。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問はLifeSci CapitalのRahul Rakhitからです。ラインは今開放されています。

Rahul Rakhit -- LifeSci Capital -- アナリスト

やあ、みんな。質問を受けてくださってありがとうございます。そうそう、展開に必ずしもFDAの許可が必要でない国が他に2カ国あるとおっしゃいましたね。これらの地域での会話はどの程度進んでいるのか、またそのタイミングについて教えてください。

Erez Meltzer -- 最高経営責任者

まだ公表していませんので、公表すればすぐに公開されるでしょう。私の希望としては、契約書にサインしたときだけ、サインしたことを市場に知らせたいと思っています。過去に20-Fで、必ずしもFDAを必要としない国もいくつかありました。

Rahul Rakhit -- LifeSci Capital -- アナリスト

そうですね。そうですね。そうですね。それは理にかなっています。

つまり、あなた方が発表したこれらのAI契約のいくつかを聞いて、本当にわくわくしています。多分 私達が考えるのを助けてくれるでしょう より広い収入の潜在性?明らかに大規模な医療システムがあります 統合はどのようなものですか?そこでの統合はどのようなものなのでしょうか?そして最終的に、より広い収益機会はどのようなものなのでしょうか?

Erez Meltzer -- CEO(最高経営責任者

まず統合についてですが、これは6-Kの原稿にも書いたと思いますが、私たちはすでにいくつかの医療機関に導入しており、向こうもシステムを導入しています。そして私たちは -- 今、今後数カ月のスケジュールがありますが、10月、あるいは11月が最後だと思います、この特にノースウェルが計画の一部としてくれたすべての病院に、システムをインストールする予定です。IDN全般に関して、私たちのビジネスモデルは基本的に、それが行くことができるということです -- ところで、これは過去や昔の、ゼブラメディカルにあったものとは異なります。今は、数十万ドルから数百万ドルの規模であれば、どこでも可能です。

Rahul Rakhit -- LifeSci Capital -- アナリスト

了解しました。OKです。ありがとうございます。それから、これまでのところ、多くのコミュニティに基づいて、FDAとの会話は非常に実り多いものだったようですね。

具体的な提出時期を確定したくないのはわかりますが、こうした会話とQ提出が実際の決定時期に与える影響を理解するのに役立ちますか?5-Kを提出したら、そこから実際にFDAの認可を得るまで、どれくらいの時間がかかるとお考えですか?

Erez Meltzer -- CEO(最高経営責任者

ですから基本的に、理想的には合理的で論理的な市場、そしてタイムラインで言えば、Q提出はプロセスを加速するのに非常に役立つので、私たちにとってはおそらく価値がないものだと言えると思います。しかし今現在、私たちはFDAとの対話に基づいて、彼らと協力しながら仕事をしているので、彼らが抱えている過負荷も知っていますし、そうならないことを願っています。全体として、このプロセスはポジティブな影響を与えたと思いますので、クリアランスのプロセスでも同じようになることを願っています。

Rahul Rakhit -- LifeSci Capital -- アナリスト

了解しました。なるほど。ありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。本日のご質問は以上とさせていただきます。それでは、最後にErez Meltzerからご挨拶をさせていただきます。

Erez Meltzer -- 最高経営責任者

それでは......すみません。では、改めて、本日の電話会議にご参加いただいた皆様に感謝申し上げます。では、また近いうちにお会いしましょう。米国にいらっしゃる方は、9月、9月の終わりに、私たちはいつもICRと一緒に、投資家の皆さんや、私たちがこれまでやってきたことに関連する質問を知っている聴衆から来るかもしれないどんな質問にも喜んで対応しますよ。

どうもありがとうございました。

オペレーター

[オペレーターのサインオフ]

時間です。0分

通話参加者
マイク・カバノー(Mike Cavanaugh):投資家向け広報担当

エレツ・メルツァー(Erez Meltzer):最高経営責任者

Ran Daniel -- 最高財務責任者

Jeff Cohen -- Ladenburg Thalmann and Company -- アナリスト

Suraj Kalia -- Oppenheimer and Company -- アナリスト

Rahul Rakhit -- ライフサイ・キャピタル -- アナリスト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Confee.Callman
【情報にこそ真実がある】祝!1周年!初めましてConfee.Calmanです。投資家の皆様にとって命の次に大切な情報。相場の情報を載せていきます。少しでも早くお届けできるよう頑張ります。是非フォローお願いします!2021.08〜